朝事務所に入ろうとしたところで

 

あ。

 

 

分かりますか?

写真の真ん中あたり。

 

 

可愛い……。

 

さて。

 

手帳を見ると

スケジュールがですね。

 

ゆったりしているはずが

まったくしていないことに

気づきました。

 

明日は高知だし。

 

でも、

倒れた時のような

焦りみたいなものはなくて

心はゆったりしています。

 

まとまったお休みはなくても

 

朝、東の窓を開けて

ストレッチ

それから太陽礼拝をして

 

食事は腹八分目を心がけ

 

夜はお風呂につかって

身体をいたわる。

 

大切なのは

そんな日常を

丁寧に扱うことなんだろうなと感じます。

 

それでね。

 

ここ数日

同じ日のお誘いがくるということが

何件か連続であったのです。

 

あれって不思議で

えてして

後からのお誘いのほうが

とっても魅力的に感じられたりする。

 

原稿もイベントも

先着順と決めてから

迷いはほとんどなくなったのだけれど。

 

この時にコツがあってね。

 

頼まれごとは

「はいかイエスしかない」というのは

頼まれたその事柄に対してではなくて

私の魂に対してだということを

しっかり心に留めておくということ。

 

私の魂が

誘われたり頼まれたりしたことは

好き嫌いとか感情抜きで

すべてに対して先着順で

「はいかイエス」だと

決めているならそれでいいけど

 

そうじゃなくて

その物事とか人に軸を置いていると

比べちゃうし

揺れちゃうわけです。

 

私の場合は

イベント等のお誘いがきたら

手帳を見て

もし空いていたとしても

そこで決めないで

ゆーっくり

自分の中の奥の方に尋ねてみて

決めるようにしています。

 

そうすれば

次のお誘いがどんなに魅力的でも

迷いが生じることはない。

 

もちろん

軌道修正等が必要な時には

臨機応変に柔軟にということも

忘れないことが大切だけれどね。

 

でも、たとえば

頼んできてくれたり

誘ってきてくれたりした人が
存外ヘンテコリンだったり

自分の意に沿わないことがあったりしても

自分の魂が決めたわけだから

どこを責めるのも

おかしいとなるわけです。

 

お買い物でもなんでもそう。

 

あ、明日は七夕だけど

短冊に書く

お願いごとにしたってそうなんだよね。

 

いまは選択肢が多いから

そのあたり

クリアにしておいたほうがいいよねと

なんだか思ったので

シェアしてみました♪

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます。

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

****************************************

☆きれい・ねっと最新刊

 

『超空海伝 宇宙の真理が変わるとき』

      (川田薫・山内尚子共著)

『聖なる約束4 ヤマト人への福音 教育勅語という祈り』

           (赤塚高仁著)

『Dr.三浦直樹 新次元の「ガンの学校」』

           (三浦直樹著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
  http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

 

台風と前線の影響で

被害の出ているところもあるようですね。

 

必要な浄化となることを信じ

そして、被害が

少しでも穏やかであるようにと祈ります。

 

昨夕、雲間にぽっかり青空が。

 

さて

今日はちょっと小難しい独り言。

 

原稿に向かっている時に

 

ふとわれにかえって

私はこの原稿にかかわれるほどの

霊性をもっているのだろうかと

 

不安になることがあります。

 

えーっと。

 

言葉って

完全じゃないですよね。

 

だけど、完璧なんです。

 

あかん、

これじゃ意味分からないですね。

 

捉える人の

感性に委ねられるんです。

 

スピリチュアルな感じでいうと

 

その人の霊性に

委ねられるんです。

 

もっと端的に言うと

言葉の中に

臨在を感じられるかどうかは

その人の霊性に委ねられます。

 

言葉が

それだけで完全ではないのは

そこに入る

エネルギー、光の余地が

あるからなんだろうと思う。

 

それが入って

はじめて言葉は本当の意味を持つ。

 

そこは言葉に触れる人に

委ねられるものなのです。

 

そういう意味では

言葉って完璧なのです。

 

無力さを嘆くとしたら

そのエネルギーの

振幅を広げられない

自分を嘆くというのが

むしろ正解なのかもしれません。

 

高次の存在から

智慧を得たに違いない

原稿に触れていると

心というか

魂が

打ちふるえるのですけれど

 

それ、私の内側の

どのレベルで

何に打ちふるえているんだろうと。

 

高いから偉いとかじゃなく

 

すぐ傍に

釈迦大師がいらっしゃるような

そんな気がする時に

 

背伸びして届くはずもないことは

分かりきったことなので

せめて

いまこの瞬間

私が自分の魂のとおりで在ることが

できているのかどうか。

 

だって

外側の何かに光を求めたって

外側の誰かに

認められようとしたところで

なーんにもならないんだもの。

 

ふう。

 

そういうことを

自問自答せずにはいられない

今日この頃なのでした。

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます。

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

****************************************

☆きれい・ねっと最新刊

 

『超空海伝 宇宙の真理が変わるとき』

      (川田薫・山内尚子共著)

『聖なる約束4 ヤマト人への福音 教育勅語という祈り』

           (赤塚高仁著)

『Dr.三浦直樹 新次元の「ガンの学校」』

           (三浦直樹著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
  http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

 

今朝の瞑想もどきで

ふわりと思い出したこと。

以前、何かの本で

 

人というのは

 

意識して生きている人と

無意識で生きている人の

二種類に分かれる

 

ということが書いてあって

すごーく納得したことがあります。

 

いろんな意味で捉えることが

できると思うので

あえて意味づけはしませんが

 

本当の意味で「生きる」ということ

あるいは

「悟る」ということは

すなわち

「意識して生きる」

ということなのかもしれません。

 

さらには

「いのる」という行為

「意乗る」と書いたりもしますが

まさに

「意識して生きる」ということ

そのものなのかもしれないなあと

思うのです。

 

何をするかということよりも

 

存在すべての隅々までを

「意識して生きる」ことをしなさいと

 

そんな言葉が降りてきた

朝だったのでした。

 


さて、昨日書ききれなかった

夏越の大祓

 

皇居の

鬼門を守る神田明神と

裏鬼門を守り

かつ政治の世界に所縁深い

日枝神社にお参りさせていただいて

 

日枝神社の山王門

ちょっと一言で表現できない

威容でした。

 

姫路に戻ってから

ふと思い立って

廣峯神社にもお参り

 

天祖社(天照さま・イザナギさま・イザナミさま)

 

そして、牛頭天王(スサノヲ)さま

 

八坂神社とどっちが総本宮なのかって

(一部で)よく話題になるけど

創られた吉備真備さまも

いろいろ逸話の多い方ですし

なぜ「牛頭天王」が

スサノヲさまなのかというのには

なんと「インド」や「ユダヤ」に

ルーツがあるという説もあるとのことで。

 

そんなことが

関係あるのかないのかは

意識して分かることではないですが

 

とにかく

バタバタが続くなかでも

一年の半分の

良い区切りになったように

感じています。

 

それでですね。

 

創るのに一生懸命で
まったくお知らせしていなかったのですが
(よりにもよって関係者全員が
 ほとんどお知らせしてなかったという

 暴挙らしい…滝汗)

 

7月7日(金)の午後13:30から
土佐高知の加尾の庭にて
村中愛さんの出版記念講演会があります。
(小川雅弘さんと山内尚子も、
 ちょっこし(土佐弁)しゃべります)

 

出版記念と言っても、現時点ようやく
校正が終わったという段階なので
当日はワンセットを
お見せできるのがやっとの情況だし
平日の午後、しかも高知なのだけれど
シリウスのメシアメジャーさんからの
メッセージによるものだし
Pちゃんもいるし
七夕だし
かつ、すっごい少人数なので
ある意味ものすごく

特別な時間なのかもしれません。

 

個人的には4年ほど過ごした
第二の故郷に行けるというだけで
単純にテンション高いんだけどね^^

 

というわけで、
ピンときた!という方は
詳細お申込みは以下、
愛さんのお店のサイトにありますので、
よろしければ、ぜひご一緒しましょうね☆
http://ilovestone.p-kit.com/

 

追伸
書籍自体のお届けは
箱の製作が本が仕上がってからになるので
たぶん7月末くらいになると思います。
(箱だけは自前ではつくれないのです…)
ご予約の皆さまにおかれましては
恐れ入りますが今しばらくお待ちくださいませ〜。

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます。

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

****************************************

☆きれい・ねっと最新刊

 

『超空海伝 宇宙の真理が変わるとき』

      (川田薫・山内尚子共著)

『聖なる約束4 ヤマト人への福音 教育勅語という祈り』

           (赤塚高仁著)

『Dr.三浦直樹 新次元の「ガンの学校」』

           (三浦直樹著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
  http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

東京から帰ってみたら

週末でして(当たり前)

出張中にたまっていた

事務仕事をやりつつ

たつきさんの学校のあれこれや

家の中のあれこれをしていたら

月曜日になってしまっていました。

 

そして、カレンダーを見ると……

 

7月!

 

し、しかも

 

もう3日!!

 

ああ、信じられない。

 

それでも、東京では

神田明神と日枝神社の二社

帰ってきてからは廣峯神社の

夏越の大祓のお参りに

ダッシュで行ってくることはできました。

 

この時のことは

また後日書くとして

前回のブログで書いた

ドキドキの正体ね。

 

私、とにかく苦手で苦手で

もう何年も逃げ回っていたのですが

 

さすがに観念して

 

プロの写真家さんに

写真を撮ってもらったのです!

 

えーっ?!

 

でしょ?

 

こんなに写真アップしてるのに

こんなに写真撮られてるのに。

 

変な話なのですが

舞台に立つこと自体は

人数関係なくまったく平気で

全然緊張しないんです。

 

でも、写真を撮られるのは

とにっかく苦手。

 

撮ってもらえば

緊張で笑顔はひきつり

半分くらいが目をつぶっている。

 

しかし、きれい・ねっとを始めて10年。

年を追うごとに

舞台にあがる機会が増え

それにともなって撮られる回数は増え

チラシに私の写真を

載せなくちゃならなくなり……。

 

それでも

何人かの方から撮りますよと

ありがたいお申し出までいただいても

なお

なんとなーくお茶を濁すこと数年。

 

さすがにもう逃げられないなと

思い始めた頃に出会ったのが

撮ってくださった

まーしーゆかりさん

https://www.saikai-s.com/

でした。

 

イヤーコーニングの

近藤真澄ちゃんのサロンに遊びに行った時に

ちょうどサロン撮影に来られていて

美味しいお寿司を一緒に食べたご縁なのです。

 

真澄ちゃんとまーしーさん♪

 

前々からサイトやフェイスブックの

真澄ちゃんのプロフィール写真は

加工したりはもちろんなしで

スタジオでのお澄まし顔だったり

モデルさんのように

バッチリお化粧したりでもなくて

 

もちろん

もともと美人さんなのもあるけれど

本当に自然で

つくられたものじゃない動きがあって

背景とも調和が取れていて

素敵だなあと思っていたのです。


だからもう

ご縁ができたのが嬉しくて

「私もぜひ近いうちに撮ってくださ〜い」と

お願いしたんだけど

調べてみたら、それ昨年の7月の話!!

 

1年もたってしまっていたなんて

即時実行が聞いてあきれますな……トホホ。

 

で、ドキドキしながら

千葉県のまーしーさんのところへ

出かけていったわけですが。

 

そんな苦手意識全開の私の心を

まーしーさんと

ヘアメイクしてくださったさえこさんが

https://marrygarden.amebaownd.com/

 

じゃあ、その苦手意識の解消を

目標にしましょうね〜と

心をホワホワに

ほぐしてくださって

たくさん魅力を見つけてくださって。

 

時々「あごをひいてくださーい」

なんていう指示があるけれど

基本まーしーさんと

楽しくおしゃべりしている

という感覚のまま

 

まずは屋内。

 

出版の打合せのイメージかな

 

お外に出て

 

(実はこの時、手のひらに蚊が……

   かなりがまんしていた、笑)

 

このあたりになると

苦手意識が消えてきて

なんだか撮ってもらえるのが

嬉しくなってきました。

 

全身ショットも♪

 

芝生で朗読みたいな感じ。

 

こんな感じも

 

そんなこんなで

あっという間の3時間ほど

ほんとに楽しい時間を

過ごさせていただいたのでした。

 

まーしーさん、さえこさん

本当にありがとうございました。

 

そして、なんだか

なんだか

ひとつ成長できた気がした

私なのでした^^

 

さ、お仕事に戻ります♪

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます。

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

****************************************

☆きれい・ねっと最新刊

 

『超空海伝 宇宙の真理が変わるとき』

      (川田薫・山内尚子共著)

『聖なる約束4 ヤマト人への福音 教育勅語という祈り』

           (赤塚高仁著)

『Dr.三浦直樹 新次元の「ガンの学校」』

           (三浦直樹著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
  http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

おはようございます♪

東京(の前に千葉)に行くための

新幹線に乗っています。


さっき大井川を渡ったんだけど

川沿いに北を見ると

一瞬ネスレの藤枝工場が見えます。

きしおくんが入社した時に

1ヶ月ほど研修していたところ。


あ、見えたから書いただけなのだけどね。


あの頃は外国ほど遠いと思っていたのに

こんなにちょくちょく

見るようになるんだから

人生って分からないものですね。


分からないものと言えば


昨夜はメシアメジャーさんの

メッセージ全集の最終巻までの編集を終えて

索引をつくるためのデータ整理のために

久しぶりに家じゃなくて事務所で残業。


900を超えるメッセージを

属性ごとに並べ替えるんだけど

こういうことやる時に

昔とったなんとやらが役立つんだよね。

エクセル使えば

チョイチョイってできるんだけど

でも、私くらいの年齢の

しかも女性となると

知らなかったらもう魔法の世界だよね。


でも、エンジニアとして働いていた頃は

本を創ったり

たくさんの人前でお話しするなんて

考えたこともなかった。


未来をいくら心配しても

不安からいくら備えても

なんの役にも立たないということ。


じゃあ、何やっても意味ないかと言うと

決してそうではなくて

本当に前を向いて

私は私の人生を生きようと

そう覚悟を決めた時

何ひとつ無駄はなくなって

すべてが

私の人生のためにあるものに変わる。


実は今日は

私にとっては

ものすごーく

勇気のいる一歩を踏み出す日


明日かな?

理由を書いたら

まさか

嘘でしょって

笑われるかもしれないけど


昨日までバタバタしてて

気づかなかったんだけど

かなりドキドキしているんだよね。


あ、そっか。


ずっと自信がなかった

自分のことが好きになれなかった

私のことを

そのまんままるごと

愛してくれてきたきしおくんが

きっと応援してくれてるんだね。


というわけで

なんのこっちゃ分からんと思いますが

答え合わせは明日ということで

行ってまいりま〜す(^^)


今日もお読みくださって

ありがとうございます。


愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM