とーってもインパクトの強い(らしい)
双子座新月の時間、
いかがお過ごしでしょうか。

昨日は、盛り塩の取り換えをする時に
玄関のお外
マンションの共有スペースまで
お掃除の範囲を広げることができました。
気になりつつ
年末の大掃除の時なんて
もう、まったくできなかったから
ほんとに嬉しかった。

体力の回復っていうのは
思うようにいかないもので
逆に考えると
「わがまま」の矯正訓練になるなあと思います。
自分の身体の様子を
しっかり観察して
これは良きチャレンジなのか
ただのムチャクチャか
見極めながら進んでいきたいものです。

いや、もう
あんな想いは二度とイヤっていうか
たぶんもう一回あんなことになったら
今度こそ光の世界へ一直線でしょうからね。

さてさて。
月星座のことを教えてくれる
Keikoさんのブログ
によると
今回の新月は
「矛盾を受け容れる」ことが
大切なポイントなんだそうです。

最近しみじみ思うのですけれど
小さなことから大きなことまで
そして、誰かや社会に対しても
自分自身に対しても
自分の判断ほど
あいまいなで偏っていて
適当なものはないんじゃないかなあ。

それなのに、
いろんな理論武装をして
思い込みをつくって
相手を攻撃したり
矛盾を突きつけたりする
その「正しさ」って
いったいなんのためにあるんだろう。

胸襟を開いて
会ってみれば
感じてみれば
細かな違いはあっても
みんないのちとして温かいものです。

そりゃあ中には
いまの期間だったり
長ければその人の一生が
冷たくて変わらない
そんな人も確かにいるけれど
(そしてそんないのちは
 往々にして強かったりするから困りもの!)
そこに照準をあわせて
仕方がないんだと言い訳しながら
他でもない自分が
いのちとして
冷たくなりかけているとしたら
それはちょっと違うんじゃない?

どうしようもない
矛盾に気を取られ
せっかくの
一度きりの私としての人生の
大切な時間
批判批評の虜になり続けるのは
もう、そろそろ
やめどきなんじゃない?と
それが新月というか
いまの宇宙からのメッセージなのかなと
そんなことを感じています。

そして今思ったんだけど
これってヤマトの人の
「包み込み」
そして
「言向け和す(ことむけやわす)」
の精神そのものですよね。

双子座新月、いまこの時から
本当の意味で
認め合ういのち、そして社会
小さくとも
まずはできるところから
それこそ、まずは私の心の中から
「言向け和す」
始めていきたいですね。

とまあ、そんなこんなで
今日はたつきのお誕生日です。
2000年に生まれてはや16年
よくもこんなお母ちゃんと
一緒にやってきてくれたものです。





台湾の姉妹校からの
留学生さんたちとの交流があったり
知の総合類型のプロジェクトの一環として
地元企業さんとの研究開発の
資料策定も始まっているし
今週は、永遠のライバル校との対抗戦
「東西戦」での演奏練習&本番があって
終わったら金曜日は
復帰した少林寺拳法
で、週末は英検だったと思う。


写真はいまのたつきさん
台湾のお友達からのお土産の掛け軸なんだけど
「自在」ってしぶいね〜。

一緒にいられる期間は
ほんとにあとちょっぴりしかない。
そう思うと
毎日の報告大会も
はまっている歌の歌唱大会も
聴いてないともったいない気がします。

で、何年か前のブログで
一度ご紹介したことあると思うのだけれど
それこそ、新月は「はじまり」だし
今日のテーマにピッタリだなと思ったので
たつきが生まれてきた時のお話を
再掲したいと思います。

たつき、広いひろいこの宇宙の中で

私を母と選び、
生まれてきてくれてありがとう

たくさんのしあわせを、本当にありがとう
 

「しあわせのはじまり」 

薄曇りの春の日の午後、
産み月を前にした検診の結果に 
私は反発していました。 

いろいろと検査をして、
ずいぶん待たされたあとの先生からの言葉は 
「骨盤が小さすぎて、
 赤ちゃんが出てくることができません。 
 帝王切開での出産をなさってください。」 

耳を疑いました。 

自然に産んで、
母親のおなかに
生まれたばかりの赤ん坊を乗せると 
赤ん坊は、本能で初乳を口に含むといいます。 
これが赤ん坊の免疫機能を格段に高め、 
情緒面では、
母子ともに深い愛情と安らぎを与え、
絆を深めます。 

夢見てきた 
人間本来の優しい出産の姿。 

順調だったはずの経過は
なんだったんだろう。 
私は、どうしても自然分娩をと、
先生に訴えました。 

すると穏やかだった先生の口調が、
急に厳しく変わりました。 

「出産は、赤ちゃんとお母さんが
 いっしょにするものです。 
 お母さんの場合、
 自然分娩は赤ちゃんを危険にさらすことになる。 
 どんなにすばらしい出産方法だったとしても 
 そのお産は、
 優しい出産とは言えないのではないですか?」 

はっとしました。 

出産という初めての経験に戸惑い、
たくさんの情報に流されて、 
忘れかけていた大切なことがありました。 

私ののぞみはひとつ。 

この、きらめくような新しい生命とともに 
しあわせに生きること。 

漠然とした不安が
すこし溶けた気がしました。 

これからも
思い通りにならないことは続くでしょう。 
信じた道に裏切られたり、
つまずいたりする日もあるでしょう。 

それでもしあわせに生きる道は、
いつもそばにある。 

私たちの、かけがえのない
生命をつないでいくかぎり。 

辛いときには手をあげて、
助けを求めればいい。 
それが自然の叡智だとしても、
文明の利器だとしても 
しあわせに向かうこころに、
変わりはないのだから……。 

私たちは、しあわせな出産をしよう。 

初夏の晴れた日の午後、
元気な産声とともに、 
私たちのしあわせが、はじまりました。 

  文心創刊号「はじまり」
    (2006年9月15日発行)より
 

今日もお読みくださってありがとうございます。
愛と感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆7月23日(土)舩井フォーラム2016大阪大会
大阪リバーサイドホテル6F大ホール
山内尚子登壇、きれい・ねっとブース出展いたします♪

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

昨日書きかけた
村中愛さんとの出逢いね。
2012年のことだったんだけれど
にんげんクラブの取材に
同行させてもらったのでした。

場所は高知。
きしおくんと暮らした、
そしてきしおくんが亡くなった街ですから
当然だけれど
懐かしくもしんどい旅でした。

アースキーパークリスタルPちゃんのいる
小川さんのご自宅や
(現在はレストラン「加尾の庭」
愛さんのパワーストーンショップは
私たちが毎週のように通っていた
テニスコートからほど近い場所で
まさかこんな近くで
そんなこと(どんなこと?)が
進行していたなんて
当時の私は知る由もなかったのでした。


写真は初めてPちゃんと逢った時♪

そのときに愛さんが
こだまゆうこちゃんや重冨嘉代子さん
そしておまけで私のお話もちょっと
聞いてくださったんですね。

一応、年ごとの運気が書いてある
分厚い本があったのですけれど
私が生年月日を言う前に
愛さんがぱっと開いたら
そのページが私が生まれた昭和49年。

ひょえーって思ったんだけど
愛さん、結局その本
まったく見てなくて
なのに
「あのね、◎◎を心がけなさい」
って的確なアドバイスをくださって
なんだかとにかく
びーっくりしたのでした。

…いま思うと
その頃は
そんなアドバイスの真意ではなくて
表面的なことに
振り回されていたような気がします。

今なら分かる(と思う)
メシアメジャーさんの
宇宙銀行の暗証番号の真意も
あのときは、
ぜんっぜん分からなかったなあ。

福岡で愛さんとゆっくり
別にアドバイスを求めるわけでもなく
おしゃべりしたのだけれど
「尚ちゃんの波動が変わった」と
愛さんがおっしゃった。
でも、だからといって
舞い上がるでもない自分がいて
きっとそれが
「変わった」と
そういうことなんだろうなと感じました。

まだ未熟ではあるけれど
それも含めて
何ものかになりたかったり
何ものかに選ばれたかったり
そんなことではない
何ものでもない私に
ようやくなれたのかなと。

今朝事務所に来たら
たまたま宇宙銀行の暗証番号があったから
(詳しくは村中愛さんの
 『プレアデス『メシアメジャー』
 からの黙示メッセージ』(ヒカルランド)

   ご一読くださいね♪)
ちょっとこころを静めてみたら
あっという間に
ふたつ、ご本にも載っていない
素敵で壮大なメッセージが浮かびました。

愛さんとメシアメジャーさんたちの
ニコニコ顔が浮かんだように思いました。

先に愛さんにお知らせしてからだけど
機会があったら
皆さまにもお知らせしますね。

さ、明日も編集楽しくがんばろう♪

今日もお読みくださってありがとうございます。
愛と感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆7月23日(土)舩井フォーラム2016大阪大会
大阪リバーサイドホテル6F大ホール
山内尚子登壇、きれい・ねっとブース出展いたします♪

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

目の前に在る
ものやことや人をどう見るかって
自分の尺度による。
だから、外に見えるものは
良くも悪くも、実は自分自身なんだよね。

どんな人も大好き
本当に本気でそう思える人は
実はありのままの自分を
愛することができる人でもある。

目の前の相手も
自分自身のことも
信頼していて
だから束縛がなくどこまでも自由で
それでいて決して揺るぐことのない
愛でつながっているのです。

21日の感謝祭の様子を
赤塚高仁さん
SORA・KEIKOさん
それぞれのブログにてご紹介くださいました。

著者さまなのですから当たり前なのですが
様子がとっても伝わります、素直に嬉しい♪
本当にありがとうございます。



そして、それを読んでニヤニヤしながら
懇親会スペシャルサプライズゲスト
村中愛さんからいただいた
高知に住まいしていた私にとっては
懐かしの銘菓「土佐日記」をいただきました。

愛さんっていうと
メシアメジャーさんからメッセージ受け取る人
っていう感じだと思うんだけれど
私にとっては「高知の普通のおばちゃん」なの。

高知の普通のおばちゃんは
とってもあったかくて
飛びこんでいくと
両手を広げて抱きしめてくれる。

愛さん、本当にありがとうございます。

それにしても、土佐日記うんまい。

話はまだ続いて
しかも、その夜は
SORA・KEIKOさんと
姫路の仲良しさんたちで
たんのしーいお食事会♪



お料理美味しいし
話、弾みすぎるし
たくさんすぎるくらい笑いました。

で、さらに
今朝もちょっとした要件があって
KEIKOさんと朝デート
そして、お見送り♪

感謝祭での販売書籍の整理や
精算もようやく終えて
さあ、週末の福岡大会の準備を始めます。

無条件の愛のつながりは
果てしなく広く深く
けれど、とても微細で軽やかなもの。

めまぐるしい毎日の中にあっても
うまく心に静かな場所をつくって
自分の中に在る
相手の中に在る
その微細な輝きを感じ取り
その奇蹟を感謝をもって味わい喜べる
私でいたいと願います。

今日もお読みくださってありがとうございます。
愛と感謝をこめて。
尚子 拝


****************************************

☆5月28日(土)舩井フォーラム2016福岡大会
パピヨン24 ガスホール
きれい・ねっとブース出展いたします♪
 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

今日はブログに書きたいことが
なんだかまとまらないなあと
少し書いては別の仕事をしていたら
案の定……

PCフリーズしてしまいました。

泣きながら
写真だけでもアップしてみる。


15日、講演会の前に
サラ・シャンティさんで今日まで開催されていた
アーティスト川上由理子さんの個展に
サプライズ突撃しました。
由理子ちゃんがビックリしてくれて嬉しかった♪


講演会の翌日、樟葉(くずは)のゆにわさんで
心身にやさしいお食事をいただきながら
羽賀ヒカルさんとお話しさせていただきました。
隣はにんげんクラブの家田さん。

羽賀さん、クールな感じなんですけれど
とっても可愛い笑顔でおさまってくださいました。
共通のお知り合いに強烈な人がいっぱいいて
いろんな意味でびっくりしました。
様々なことを教えていただき
心よりありがとうございました。

なんかもっといろいろ書いたのですが
きっと必要なかったのでしょう。

そう言えば、16日姫路への帰り道は
ギリギリ巻き込まれなくて済みましたが
とんでもない大雨と
電車の遅延で大変だったのです。

水星の逆行が終盤に
差し掛かっている今日この頃。

思うようにいかないこともまた
楽しみたいものですね♪

さてさて、舩井勝仁さんが
ブログにてご紹介くださいました。
ありがとうございます♪
あのAKDが、AKDNになったことが
公になりました。
「N」はもちろん「なおこ」です☆

この日の水星は
逆行から順行への変わり目で
完全に止まっているような状態なんだそうです。
そこに満月のエネルギーが降り注ぐわけで
なんというか
予想の範疇を超えた
時空が形成されそうで
ちょっと、いやかなりワクワクしています。

お席、あとすこしあります。
どうぞあなたもご一緒に
楽しい時空を共有できますように。

今日もお読みくださってありがとうございます。
感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆5月21日(土)きれい・ねっと感謝祭2016
神戸市産業振興センター レセプションルーム
Guest 赤塚高仁・小川雅弘・Sora・Keiko・舩井勝仁
 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************
 

大阪講演会を無事に終えて 今朝から出張で 樟葉(くずは)に来ています。 初めてiPhoneから ブログアップするんだけど うまくいくかなあ……。 美味しいポトフをいただいてから お話の続きを伺います。 ゆにわのポトフ どこか、誰か 分かるかなあ? 15日の大阪講演会のことや 今日のことは 明日あらためてご報告しますね。 今日もお読みくださって、 ありがとうございます。 感謝をこめて。 尚子 拝

ステキな新月、
そして母の日をお過ごしになられましたか?

私はというとですねえ。

ひたすら壁の穴埋めをしておりました。

壁の穴埋め

昨年の夏に引越した今のお家の壁。
なぜか押しピンの穴がものすごくたくさんあいていて
ずっと気になりつつ体調優先で
そこまで手がまわらなかったのですが
GWの最終日
午前中にお洗濯を終わらせてから
課題や予習に追われるたつきの周りで
せっせと穴埋めをしていました。

それにしても、前にここに住んでた方は
いったいなんでこんなに押しピンさしてたのかしら?

まあまあ、そんなことはともかく
とにかくひたすら
同じ色の穴埋め剤をチュッと入れては
ヘラで平らにしていきます。

作業に集中してくると雑念が消えてきて
感じていたモヤモヤのこたえが
ふいに降りてきたりするから不思議です。
(草むしりとかもいいよね)
新月のときのお願いごとを叶えるヒントとか
新しいご本のタイトルとかのときもありますね。

さて、新月の日に発行したメルマガに
新月のお願いごとと一緒に
どうしても許せないことをひとつ許してみませんかと
そんなことを書きました。

毎回何通かご感想をいただくのですが
今回その中に
「あなたは恵まれているからそんなことが言えるのでしょう。
 命や健康が奪われた人が
 そんなことを思える日が来ると思いますか?」
 絶対に来ないです」
というようなものがありました。

でね。

いろいろ思うじゃないですか。

数年前の私なら
ものすごい勢いで
あなたがどれほど大変なのか知らないけど
私だって大変なんです!
辛いことも苦しいこともたくさんあったし
今もあります!なんて書いてね。
全力で反撃してたかもしれません。

最近の私だったら
何かお辛いことがあるのでしょうか。
分からないなりに
いつかお心に光が射しますようにお祈りします
なんて優しい言葉で無難にお返事したでしょうか。

でも、新月の日の私は
今回でメルマガ購読を止めるというその方に
「お心に添えない内容で申し訳ありませんでした。
 これまでのご縁に感謝いたします」とだけ
お返事をさし上げたのです。

どれが正解とかではないけれど
最初の二つは、その方のためではなくて
私のためにその言葉が出てきているんですよね。

だけど今回このメールをいただいた時
かあっと身体が熱くなって(感情ですね)
寄りそわなくちゃと思って(思考ですね)
そして最後に、
ただ、そうなんだなあと思いました。

ひたすら穴埋めをしながら
そうか、これを受容というんだな
相手が気づく気づかないじゃなく
今その苦しみにあることの邪魔をすることもなく
その存在のそのままを受け容れること。

落ち着いて考えたら
いま、その方に私がどんな言葉をかけても
良い意味で響くことはないでしょう。
まずもって、過去はどうあれ
私はその方のおっしゃるとおり

今はとても恵まれているから。

おそらく私の発した言葉に
その方に必要な何かが含まれていたのでしょう。
知らない誰かである私に向かって
わざわざこんな言葉を
発しなければならない状況にあるその方が
その必要な苦しみを自らの力で乗り越えられますように

自分がどう思われるかなんて関係なく
関わりをもってくださったことに素直に感謝して
本当に深く思いやるのであれば
このメールを攻撃として意識しないということが
私にできる最善だと思いました。

…と、文章にすればこんな長い内容になっちゃうのですが
それが一瞬で腑に落ちてスッキリしたというわけです。

多くの方に発信すれば
すべての方が私が書いた当初の想いとは違う
それぞれにとって必要な受け留め方をされるのです。

それを本当に本気で委ねることが
「自己表現を楽しむ」ということの本質なんだなと
そんなことにあらためて気づいた
新月の時間だったのでした。

お読みくださってありがとうございます。
感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆5月21日(土)きれい・ねっと感謝祭2016
神戸市産業振興センター レセプションルーム
Guest 赤塚高仁・小川雅弘・Sora・Keiko・舩井勝仁
 

☆5月15日(日)山内尚子出版記念講演会
大阪舩井セミナールーム


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

星のお話に興味のない方は
知らないお名前かもしれないのだけれど
ジョナサン・ケイナーさんが
亡くなられたと知ってびっくりしています。

独特な、なんだか文学の香りのする
毎日の占いがとても好きでした。

うまくいくいかないじゃなく、良い悪いじゃなく
俯瞰してみてどう捉えるかなんだなということ
宇宙の仕組みみたいなことを
言外に教えていただいた気がします。

心からの感謝とともに
宇宙の源への旅を楽しまれますように
お祈りいたします。

ところで、自分ってふたつのいのちで
成り立っていると思うのです。

私たちのいのちは
記憶の塊によって
自分だということが認識できるようになっています。

記憶って言うと、まるで自分のことのようだけれど
実は自分の五感、もしかするとそれ以上の感覚で感じた
他のいのちや物事のことなんですよね。

だから、ずっとあったいのちや物がなくなると
もとい、なくなったと感じると
そこが抜け落ちて
自分という存在が変化する。

心に穴があくというのは
本当に穴があくことなんですね。

そうして幾層もの瞬間の記憶が重なってできたのが
じぶんといういのちなのです。

逆に言うと
自分の中に在るいのちや物事の記憶を
良きものとして輝かせてあげると
(クリーニングですね)
ただ自分が輝くだけではなくて
自分の記憶の中に在る
すべてのいのちや物事も輝くということ。

記憶というのは刻印のこと。
宇宙そのものの記憶は
すべてのいのちの記憶を壮大な点描画として
一瞬一瞬残していくものなのです。
その刻印、アカシック・レコードが打ち込まれる場所を
宇宙の根源、ゼロ・フィールドといいます。

時空を超えた何ものかの声を聞くということは
何らかのいのちの揺れ動きが起こることで
このゼロ・フィールドとつながり
異次元の記憶と
つまり、別の時空を生きるいのちと
遭遇したということに他なりません。

時として、ゼロ・フィールドから立ちあがる
いのちのエネルギー
霊の息吹に触れ
死の淵から舞い戻るといった
常識では考えられない
「奇跡」と呼ばれるようなことが
目前に起こることもあるのでしょう。

あなたはわたし
わたしはあなた

この言葉の真実を
思わずにはいられません。

ほんの小さな部分だけれど
ジョナサンの示唆に富んだすばらしい言葉たちは
私の中であたたかないのちとして
たしかに輝いています。

そんなふうに
わたしの人生の深さ広さは
「あなた」をどこまで多くのいのちに
どこまでの時空に広げるか
そして、どれほど輝かせるかにかかっているのです。

そして、このことをしっかりと感じながら生きることが
すなわち新しい時代を
スタートさせることなのだろうと感じます。

あらら……。
思うままに書き進めたら
すっかりややこしいことになってしまいましたね。

感謝祭ではこのことを、
楽しく分かりやすく
お話しさせていただきたいと思っています。
ぜひご一緒いただけましたら幸いです。

お読みくださってありがとうございます。
感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆5月21日(土)きれい・ねっと感謝祭2016
神戸市産業振興センター レセプションルーム
Guest 赤塚高仁・小川雅弘・Sora・Keiko・舩井勝仁
 

☆5月15日(日)山内尚子出版記念講演会
大阪舩井セミナールーム


****************************************



きれい・ねっとの山内尚子です。
突然ですが今日から
新しくブログを始めることにしました。

最初だから
かっこいい所信表明みたいなのを
いろいろ考えて書いてみたんですが
どうもしっくりこないので止めました。

制約を設けずに
自由に楽しく
まさに「在るがまま」に
想うところを発信していきたいと想います。

そして、それがやがて
ゆるーい、だけどあったかい
言葉のつながりとなって
アクセスしてくださる皆さまの
内側に外側に
安心できる時空が広がっていくような
そんなイメージをもっています。

そのイメージがありありと見えたので
ブログを始めることにした
というのが、本当のところなのかもしれませんね。

どうぞ末永く気楽にお付き合いいただけましたら幸いです。

お読みくださってありがとうございます。
感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆5月21日(土)きれい・ねっと感謝祭2016
神戸市産業振興センター レセプションルーム
Guest 赤塚高仁・小川雅弘・Sora・Keiko・舩井勝仁
 

☆5月15日(日)山内尚子出版記念講演会
大阪舩井セミナールーム


****************************************


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM