18日土曜日に

鳴門大橋の見える砂浜に

朝7時から8時間、埋まってきました。

 

自然療法、民間療法の大家

東城百合子先生のご本に出てきて

一部の人々の間で一躍有名になった

「砂浴」というやつですね。

 

私とみけちゃん(母)にとっては

昨年9月に続き2度目

そして、きれい・ねっとの

お手伝いをしてくれてる

ろばくんにとっては初めての

チャレンジでした。

 

この日しか行けなかったので

予約をしてはみたものの

梅雨の真っただ中

雨の場合は中止ですから

行く必要があるのなら

晴れるだろうと思っていたら。

 

見事にこの日だけ

晴れましたね〜。

 

雲一つない青空には

ちょっと笑えました。

(日曜日は豪雨だったので

 やっぱり必要だったのでしょうね)

 

で、その「砂浴」

 

特に子宮等の女性疾患に

良い作用があるということなのですが

特にそれに限ったことではなくて

どういう理屈かは分かりませんが

全裸で砂に埋まることによって

身体中の毒素が穴という穴から

ガス体になって排出されるといいます。

 

たとえば末期ガンの方なんかが

埋まっていると

大変な臭気がたちこめるそうで

お世話している人たちが

頭痛がしたり気持ち悪くなったりで

大変なことになるとか。

 

でもそのあたり、

お世話歴12年の

ナマステゲストハウス西村さんは

坊主頭にひげ面、タイパンツ

見た目はかなーり怪しいおじさんなのですが

上手にお世話してくださるので

とっても安心です。

 

西村さんが教えてくださったことで

とても印象的だったのは

可愛い女性、

でもノーメイクだし

香水などもつけていない方が

砂浴されたあと

自然ではない「良い」香りが

立ち込めたのだそうです。

おそらくシャンプーだろうと。

 

まさに経皮毒、ですね。

 

薬を長く飲んでいれば

やはりそんな臭いがするそうで

実際にのべ3000人ほどの方の

お世話をされてきた西村さんの言葉は

理屈理論を超えた

重みを感じさせられます。

(ちなみに昨年の私も

 相当にひどい臭気だったそうです)


さらに、砂浴っていうのは

穴という穴を開くことになるので

その後、長ければ2週間ほどは

ボウボウと臭気が立ち上る感じで

拝毒が続くんだそうです。

(臭いとしては感じないけどね)

 

だから、帰りの車から

とにかく換気して

自分の毒素を

自分や周りの人が吸わないように

気をつけないといけません。

 

かくいう私。

昨年の9月のこの砂浴の後に

出血が止まらなくなり

何度か大きな塊が出てきて

死にかけたわけなので

かなりの荒行にはなりましたが

やっぱりあれは

必要な排毒だったのだろうと思っています。

 

で、ここからは

今回埋まってみて感じたことを

想いのままに書き綴ってみますね。

 

まず、ひとつは

「浴」っていう字がついてるから
癒される感じがするかもしれませんが

砂浴は完全な苦行です。

(まったく楽しく平気な方も

 いらっしゃるようです。

 もったいない気もするけど、

 おしゃべり三昧の人もいるみたい)

 

アーシング、グラウンディングを

感情そっちのけで

無理やり強烈にやるという感じ。

 

動けないという苦痛

 

実は腕なんてちょっとしか

砂かかってないんだけど

ものすっごく重いんです、砂って。

 

痛かったり痒いときに

もぞっと動くのも一苦労

そういう苦痛って

体感したことがないと

ほんとに想像できないものです。

 

それと、閉そく感ね。

ろばくんは、

日焼け防止のために

帽子のうえにタオルかぶせてもらったとき

視界まで失われたと感じて

怖すぎて死ぬかと思ったらしい。

 

8時間、何もできないと

瞑想したりできるよねと思うんだけど

実際やってみると

まったくそんな余裕はありません。

 

2時間に一回くらいかな

西村さんが来てくださるんだけど

帽子を整えてくださったり

お水を含ませてくださったり

もう、天使のように感じられます。

(実際、ほんとに優しいのです)

 

だからまあ、

よほど何か疾患でもなければ

好んでやる必要はないのかな

とも思うんだけれど。

 

はっきりとした場所は

憶えていないのだけれど

ある古い部族には

男子の成人の証として

特殊なハーブを使い

一晩岩になるという儀式があったんだそうです。

 

まったく動けない状態

その恐怖に耐えられたら

一人前として認められるということ。

それにすこし似ているかもしれませんね。

 

でも、実は私はね。

2回目だったからか

倒れた時に

指1ミリも動かせないような

経験を経たからなのか

真ん中の数時間ほどは

かゆみとか痛み、重みが

なくなるわけではないんだけれど

そこからすうっと離れて

至福の中にいました。

 

空が青くて

海の向こうには鳴門大橋と淡路島

満ちて来る波の音、鳥の声

風がほっぺをなでて

時々トラックが通ると

地面が揺れたりするのも感じて。

 

私って地球なんだなあと思いました。

 

なんというのかな。

 

そのとき私の前に

不思議なスクリーンが出てきて

映画『もののけ姫』のシシガミさまの湖を

思い出していました。

 

ストーリーをご存じない方は

ぜひ一度DVDをご覧くださいね。

 

シシガミさまは

自然そのものの象徴であり

シシガミさまの夜の姿デイダラボッチは

人間社会が寝静まった夜には

自然界が優位になり

世界すべてを覆いつくすような

そんなイメージなのかなと思います。

 

神社に夜に行ってはダメなのも

でも、本当に大切なご神事が

夜に執り行われるのも

きっと夜が神さまの時間だから。

 

あの湖は、そして鳴門の砂浜は

循環する地球のエネルギー

宇宙の摂理そのものなんですよね。

 

人間もいよいよ知恵の限界を感じた時には

動物として生き物として

そこに一族の安寧や、生きる望みをかける。

 

生きる力があれば

生きるエネルギーが呼応しあって

拝毒が進んで

あるいは清浄さが流れ込んで

元気になるんだけど

もうそのエネルギーがないというか

毒のほうが優勢になっていると

イノシシ族の長、乙事主さまみたいに

いのちが吸い取られるようにして

旅立ってしまうことになる。

 

そこに感情はないのです。

 

砂浴もね。

本当にすごく状態の悪いところには

砂がくっつかないんだそうです。

 

きっとこれは菌の世界の話でもあるのですが

ほら、ソマチッドもそうですよね。

 

それが天意(あい)というものの本質。

 

慈悲や正義というのは

感情のある

人に近い神さまが

持ち合せるものなのかもしれません。

 

映画の中では

同じように思考や感情を

豊かに持ち合わせた獣たちを

神として畏れ敬いながら

共生してきたアシタカの蝦夷一族は

縮小していく流れにあり

獣たちも人間との争いに負け

エネルギーを失い

食べられるための肉へと変わっていきます。

 

そうして、そんな風景を感じていた

最後にあらわれたのは

なんと聖書の世界でした。

 

私たちは知恵の樹の実をいただいて

地球上の生物の中で唯一

宇宙の摂理の中に在るいのちでありながら

自分たちの思考による判断をし

進化発展するという道を辿ってきた。

 

けれど、最後には

この摂理にまた戻る時が来る。

 

このとき、思考だけに

それによる知恵だけにしがみついていたら

私たちは宇宙の摂理に従って

元の元の無空へと

戻って行くのかもしれません。

 

でも、摂理に生きることを学び

その両輪をかみ合わせることができれば

未来は変わる。

 

それが

生命の樹の実を手にして

運命の輪を自らまわすということの

意味なのでしょう。

 

おりしも

太陽のエネルギーがもっとも強い夏至と

月のエネルギーがもっとも強い満月が

ほぼ同時に起こるこの数日は

天と地、太陽と月、神と人

火と水、男性性と女性性、陰と陽……。

二極が統合するエネルギーが

流れるのかもしれません。

 

きっとこのエネルギーは

喧噪のなかでは感じ取れない。

誰かが教えてくれるものでも

大きなはっきりとした合図があるものでもない。

 

いえ、

ほんとうはものすごく

大きな鐘の音が鳴っているのだけれど

私たちには聞こえにくい

周波数なのかもしれない。

 

だからいま、

できることなら

なるべく静かに

日常の中の小さな機微の中から

地球上で始まっている

変容のエネルギーを感じて

すこしずつ

自分の中にも在る二極の統合を

始めていくことが

とてもとても大切なことのような

そんなことを感じた

国生みの地での一日だったのでした。

 

写真は帰り道、淡路島から見た海と空。

この真反対には、ほぼまん丸の

お月さまが顔を見せてくださっていました。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。
愛と感謝をこめて。
尚子 拝

☆ナマステゲストハウス☆
・場所:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦大谷66-1
・砂浴期間:5月末〜10月初旬
・電話:088-687-0322

※完全予約制、16:00以降くらいがつながりかな。

 詳細は直接お問合せくださいね。

 

追伸
「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪
(今日も紹介できなくて残念)

****************************************

☆7月23日(土)舩井フォーラム2016大阪大会
大阪リバーサイドホテル6F大ホール
山内尚子登壇、きれい・ねっとブース出展いたします♪


☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
    〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

思い立って6月に入ってから
やらなくちゃと思いつつ
面倒だなあと思って
やれていなかったこと
途中になっちゃっていたことを
家のことでも仕事のことでもいいから
必ずひとつふたつ
えいやっと済ませるように心がけています。

それから、ちょっとすっきりして
お仕事を始めるという感じ。

これも断捨離の一環だよね。
ちょっとずつだけど
さっと動けるようになってきていて
確実に身軽になっている感もあります。

宇宙さんもそれを
推奨してくれているようで
今度は海王星が逆行をはじめたとのこと。
これは5カ月間も続くので
この間にスーッキリするんだぞ!と
意図しています。

思いがけず宇宙さんの話題も出たので
ついでに話を進めると
もうすぐ21日、夏至ですよね。
陽から陰に転じる日
外向きから内向きへということになるので
瞑想の時間を大切にして
内面の断捨離も進めるのがいいのかなと思います。

で、今日はその本丸ともいえる
お仕事上の超めんどくさい作業をしました。

何が面倒って
ここ数年がかりで進めてきた
流通関連のとある作業が
詰めの段階で停滞してたんですけれどね。
まず先方に
してもらわないといけない作業があるんだけど
担当者さんに何度もお願いしてるのに
ぜーんぜんやってもらえない。

もうラチがあかないから
資料をつくりこんでファックスして
社長同士で話すっていうそんな感じ。

はあ、もう、
社長って呼ばれるだけでイヤな私。
先方を責めてるみたいになるのもイヤだし。

でも。

いま、受話器を置いて思うんだけど
ああでもないこうでもないと
考えていた
想定していたよりは
全然、拍子抜けするくらいラクチンだった。

先方からもすぐに動いてくれると
お約束していただけたし。

人間の考えることって
9割くらいマイナスのことだって
よく言われるけれど
それってほんとにそのとおりで
幸せに過ごせるかどうかって
それをどれだけ払しょくできるかに
かかっているんじゃないかなと思います。

結局やらない時間が長くなればなるほど
妄想?はふくらむし
忘れているようでいて
忘れてないというか
もしほんとに忘れてても
脳は忘れてないんだしね。
ずーっと引っかかり続けてるわけで。

それだと
物理的にも心理的にも
せっかく断捨離しても
必要ないものマイナスなもので
またすぐにあふれちゃう。

良いことも悪いことも
やりたいこともやりたくないことも
内側も外側も
起こりくるものごとには
「即時実行」が気持ちいいよねと思います。

これから始まる新しい時代というのは
見せかけとか隠しごとが
通用しない世界
そういうのがあればあるほど
露呈しちゃうし
(巷でもしまくってますよね〜)
もし露呈しなくても
ばれないようにするのが
本当に苦しくて大変になるといいます。

これってだふん
良い悪いは関係なくて
(だって良い悪いって価値観の問題だからね)
内と外にかい離があること
本音と建前があることなんだと思います。

宇宙さんが準備してくれた
この断捨離期間というのは
きっと新しい時代を
幸せに快適に過ごしていくために
その作業を強制的ではなくて
自分自身のペースで振り返り見直すことのできる
大きな恵みの時間なんだろうなと感じます。


天の恵みというのを
生まれて初めて感じたのは
母校にたたずむこのマリアさまに出逢った時でした。

私は私といういのちの今この時を
責任もって覚悟を決めて
しっかり楽しんでますか?
そして、
新しい時代をどう生きますか?

そんな質問を投げかけながら
ひとつずつ迅速に、でも丁寧に
振り返り、見直しの作業を
進めていけたらいいですね。

天の神さまが見てくださる私も
あなたが見てくださる私も
そして、誰でもない自分自身が見つめる私も
ほんとうに同じ姿になることが
いちばん素敵な目標地点だなと思います。

今日もお読みくださってありがとうございます。
愛と感謝をこめて。
尚子 拝

追伸
「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪
(今日は紹介できなくて残念)

****************************************

☆7月23日(土)舩井フォーラム2016大阪大会
大阪リバーサイドホテル6F大ホール
山内尚子登壇、きれい・ねっとブース出展いたします♪


☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
    〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

今日はちょっと気になったので
星のお話から。
火星が逆行していて
(6月終盤までだったかな)
しかも地球に近づいて赤々と輝いている
そんな今日この頃。

事故多いですね。
あと、決して建設的とは言えない
社会的責任の追及みたいなの
ほら、毎日攻撃的にやっていますよね。

個人としては
イライラ、モヤモヤしやすいみたい。
そのままいくとケンカになっちゃうから
ちょっと気をつけてね。

個人的には
そういうのって
感情に結びつけないで
お仕事をサクサク片づけるエネルギーに
振り向けたらいいよねと思います。

これまでの仕事って
基本、競争とか戦いとかだったから
投げかけられるものを
攻撃として受け止めがちなのよね。
で、それを
自分個人への攻撃だと
捉えてしまうと
傷つくし辛くなっちゃう。

でも、そこで
すーっと視点を上げてみる。

この仕事の目的は何なのかな。
私だったら
良い言葉を皆さまにお届けするということ。

そこに向うために
いろんな方とやりとりをして
いろんなことをやっているわけだから
もしも議論になるとしても
自分にはチクッと痛く感じることでも
それはすべてそのための素敵な
プロセスなのです。

自分のつくってる常識、枠に
囚われることなく
素直に耳を傾けていくこと。
(当たり前だけど、言いなりになる
 という意味ではないのでご注意を)

ひょーっとすると
ほんとに個人への攻撃ということも
あるかもしれないけれど
そんなときはそれこそ、
その感情を受け取らなければいい。

先月の講演会の時にご紹介した
「カッときたら幽体離脱」
忘れないようにしたいですね。

まず一拍置いて
自分の感情に結びつけるのを待って
深い呼吸に合わせて
自分という枠から外に出てみる。
そうして、相手があることなら
相手の気持ちを感じてみる。

イメージが得意なら
たとえばメールで何かあったら
目を閉じて
その相手のところに
飛んでいってみるのもいいかもしれません。

たいていのことは
なるほど〜って寄りそえます。

そして、それができると
ほとんどのことは
問題でもなんでもなくなって
やりとりそのものも
そのうち楽しくなってきて
(楽しめるようになってきて)
すーっとうまくいくようになっているのです。

そんなことを思っていたら
舩井フォーラム2016大阪大会の
素敵なチラシが届きました。



宇宙から見た美しい地球。

いやあ、
メッセージって
ちゃんとやってくるものです。

もしかするとこの時期って
宇宙が与えてくれたギフト。
こういう問題への対処方法の
レッスン期間なのかもしれませんね。

それに
舩井フォーラム大阪大会も
宇宙からのギフトに満ちた
時間になるということなんだろうなあ。
(お申込みサイト等
 発表され次第お知らせしますね)

……と、ここまで書いて
気づいたんだけれど
その問題が「がん」という
「死を意識させる病気」だったというのが
『ゼロ・フィールド・システム
  がん研究者が自ら体験したガン克服法』

なのかもしれません。

いろんな気づきを経て
松野先生は「がん」を
自分の本質を生きられるようになるための
「ギフト」だと感じるようになったと
書かれています。

本当にそのとおりだなあと感じます。

以下、本日朝一番の私のお仕事
ご本の紹介文です。
ぜひ、たくさんの方に
お読みいただけますように。

*************************************

潜在意識を超えて宇宙とつながることで、
ガンを治していく道が拓ける!


生化学者として
「ガンを治す夢の新薬」を開発すべく
日本、そしてアメリカで
長年研究を続けてきた著者が
自身のS字結腸ガンを
現代医療の対症療法的な治療に頼ることなく、
治癒に至る方法を模索し、
ついに完治にいたった道のりを
あますところなく開示する一冊。

ガンや難病を治す宝物のような魔法の力は、
本来、宇宙あるいは
「ゼロ・フィールド」の産物である
私たちの身体の奥深くに封印されて
静かに眠っています。

歓び、感動し、感謝することにより、
生活やものの考え方を一変させた結果、
その魔法の力が呼びさまされ
ガンも自然に治っていくのです。

「今この一瞬しかない。
   かけがえのない今がすべて」

病気のことなど脇に置き、
この生を思う存分楽しむとともに、
なすべきことをなすことによって、
精一杯この生を生きられますように!

*************************************

今日もお読みくださってありがとうございます。
愛と感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆7月23日(土)舩井フォーラム2016大阪大会
大阪リバーサイドホテル6F大ホール
山内尚子登壇、きれい・ねっとブース出展いたします♪

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

朝、事務所に来てみると
ちょっとした騒ぎが起こっていました。

松野哲也先生にお届けした
『ゼロ・フィールド・システム
  がん研究者が自ら体験したガン克服法』
 ↓ 絶賛ご予約受付中!!(ご予約の方は送料無料)
http://kilei.ocnk.net/product/282

の最終原稿が届いていないみたいなのです。

発送したのは一昨日。

お住まいのアメリカにお届けするならともかく
今は帰国されていて
東京にいらっしゃるのです。
翌日には届いているはずが届いてない。

ネットでクロ○コさんの追跡を確認したら
なんと姫路営業所受付のままになってる。

うっそでしょーーー?!

でも、念のため松野先生にちゃんと
発送のご連絡を入れていたことで
すぐに不着が分かったわけだし
いま、クロ○コさんが
行方不明になった原稿を探してくださっています。

もし見つからなかったときのために
原稿をもう一度準備して
あとは落ち着いて待つとしましょう。

そしてもちろん
感謝祭の日にはご披露しますので
どうぞお楽しみに!!

それにしても、すごいな水星逆行。

しばらくご無沙汰だった方から
ご連絡があったりということも
けっこうありますけれど
イベントの告知がうまくいってなかったり
日程の確認ミスがあったり
通信、交通、コミュニケーション
自分も周りもチョコチョコ乱れてる感じがします。

どっちかというと
そっちの作用の方が強い気がするので
皆さま、時間には余裕を持って動き
確認事項はメールだけで済ませず
なるべく声を聞くかできれば顔を見て
データのバックアップなどにも
くれぐれもお気をつけくださいね。

さてここで
4月の終わりのFBの投稿を、ちょっと引用しますね。

***************************

4月29日から水星が逆行しま〜す。(5月22日まで)
ゴールデンウィークは
いろいろ人やものの通信や交流、交通が
うまくいかなかったり遅れたりで
プンプンしないように
大らかに楽しみたいですね^^

そんでね。
FB友達にたくさんプロの方がいらっしゃるので
あまり詳しくは書きません(書けません)が
今って水星だけじゃなく
いくつもの星が絶賛逆行中なんだとか。

逆行って
「ほんとはちゃんと進んでるけど
 地球からの見かけ上、止まったり、
 後退しているように見える」星の運行状態。

人間は宇宙の欠片だから
まさにこんな状態に陥るんだと思っておけば
受け留め方も対処も活かし方も、
おのずと見えてくると思います。

水星の逆行だけなら
もともと年の数回はあることだし
ちょっぴり過去、ちょっぴり混乱くらいだけど
もっと深かったり
もっとずっと、それこそ
ひょっとしたら生まれる前だったり
そこまで内観と浄化が進められるかもしれません。

でもそういうのって
そういう心づもりであたらないと
なんか思う通りにいかないな、
で終わっちゃうからね。

3月からここまでの私は
公私ともにかなり大揺れだったのだけれど
ちょっと落ち着いて
時系列にこだわることなく
自分とつながる世界を眺めることを
意識して過ごしてみたいなと思っています。

***************************

揺り戻しがあったなら
それがほんとに大切なことなら
より土台をしっかりさせればいいんだし
あれ?と思ったら
方向転換するのもありなのでしょう。

これでホントにいい?という確認を
念入りにすることとか
できなかったことへの再チャレンジとかって
分かっていても自分ではなかなかできないこと。

星たちの逆行を
宇宙の欠片である私たちの幸せを
応援してくれるエネルギーだと捉えたら
すべてがかけがえのない恵みですよね。

考えてみればこのブログも
体調を崩したせいでストップしていたことのリスタート。

定期的にこんなチャンスをくださる
宇宙の叡智に感謝しつつ
それに依存したり振り回されないように
楽しんでいきたいものですね♪

最後にここ最近でいちばん
宇宙の「逆行」を感じたものをご紹介。

スターウォーズ

宇宙観が突き抜けてるよね
近所のショッピングモール。

今日もお読みくださってありがとうございます。
感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆5月21日(土)きれい・ねっと感謝祭2016
神戸市産業振興センター レセプションルーム
Guest 赤塚高仁・小川雅弘・Sora・Keiko・舩井勝仁
 

☆5月15日(日)山内尚子出版記念講演会
大阪舩井セミナールーム


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************
 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM