魂のお兄ちゃん、赤塚高仁さんが

『日月神示的な生き方 大調和のミロクの世を創る』

 

 

を読んでくださいました。

 

このお仕事をしてきたことが

間違いではなかったこと。

大切な人の言葉を通じて
神さまはちゃんとお知らせくださるものですね。

すばらしいご褒美

赤塚高仁さんの

ブログを転載させていただきます。

 

********************************************

 

よきことは 人にゆずりて人をほめ

    人たてるこそ  人の人なる

 

この世で一番大切なことは、

信義なのではないかと最近よく感じます。

相手を信じ、信じられる己となる。

嘘はつかない。

約束は守る。

決して欲張らず、手柄を自分だけのものとしない。

引き受けた仕事はキチンとこなす。


なんだか当たり前のことばかりのようですが、

人生は、結局、

そういう小さな信義の積み重ねだと思います。

そういうことを教えてくれたのが、

日月神示の何気ない一節でした。

 

中矢伸一・舩井勝仁著

「日月神示的な生き方」きれい・ねっと

読みました。

 

これまで読んだ対談本の中で、

ダントツの一番と言ってよいでしょう。

大抵、対談ものは想いが薄らいだり、

趣旨がボヤけたりしがちなのですが、

単独の著作よりも深みに降りてゆく

希有な一冊です。

私にとって、少し敬遠していた日月神示が

一気にそばに迫ってきています。

 

この本を1年半以上かけて

作ってこられた過程を

少しばかり知っていたからかも知れません。

 

日月神示を明かすのは、

命懸けのことなのだと中矢氏は言います。

中矢氏は、舩井幸雄先生の晩年、

最も信頼を得ていた友でした。

勝仁さんとも旧知の仲です。

 

その二人だからこその会話が渦となって、

生き生きとうねっています。

それにしても、舩井勝仁という人は、

相手が言わんとすることをすくい上げる天才ですね。

これは、いわゆる「傾聴」という次元ではありません。

まさに、天賦のものであり、

対話の相手自身もそれによって

自分の中にあるものに気付かされてゆきます。

対話の中から本質をすくい取ることにおいて、

勝仁さんの右に出る人はいないでしょうね。

 

私は、こんな人と対談したり、

鼎談したり、共著させてもらったりしていたのかと、

今更ながらに驚愕しています。

本当にありがたい縁に恵まれたものです。

まさにいきさつを超えた、

目に見えぬ巨きな力のはたらきに違いありません。

 

もちろん、天皇のこととか、

同意できかねる内容もあります、

普段なら、そこで本を閉じるところです。

しかし、それをも謙虚に

読まし得る力があるのです、この本には。

改めて、自分自身を見つめ直してみよう、

そう思わされる、圧倒的なエネルギーです。

数え切れないほどの本が送られてくる

安倍昭恵さんが、読んでおられたのもびっくりでした。

 

そして、この本が世にでることができたのは、

対談した二人以上に命をかけて言葉を編んだ、

きれい・ねっとの山内尚子さんがいたからだと思えます。

 

この二人の対談は、時として読者を置き去りにします。

自分勝手に空を飛びます。

わからないものは付いて来なくてよい、

というほどのスピードで駆け上ってゆくときもあります。

かと思えば、突然深みに潜ってゆきます。

それを、読む者にわかる文章として届ける作業は

もはや編集の域を超えています。

 

尚子さんの念が読者である私に語りかけます。

「伝えたい……

 このふたりの想いは、

 こういうことなんですと伝えたいの!

 だから、わたしが媒介となって言葉に変える」と。

 

本を生み出す使命をもたされた人間としての

「愛」が溢れるこの本は、

縁ある人すべてに読んでほしいです。

これから始まる大転換期、

ミロクの世のサキガケとなるための

ガイドブックといってもよいでしょうか。

 

彼女が死にかけたとき……

いや、実際 死んでもおかしくない状況を通らされたとき、

勝仁さんも私も姫路に走りました。

予断を許さない状況の中、

病院に行くこともできず、

きれい・ねっと本社ビルでご両親に挨拶して帰りましたが、

この本を世に出すということは、

そういうことだったのかと今更ながらわかった気がします。

 

私がここしばらく、誰よりも多くの回数、

長い時間会っていたのは舩井勝仁さんです。

明らかに彼は変わりました。

この本の前後でびっくりするほどの変容をされました。

この本が世にでるということは、

そういうことなのかと思わされています。

 

すごい本が出たものです。

 

……時代は今、急速に変わりつつあります。

それは、100年に一度という変革の波ではなく、

少なくとも800年に一度、

あるいは、ひょっとすると

6000年に一度というくらいの、

超巨大な大波かもしれないのです。

 

私たちは今、まさに

その大変革が進行中という、真っ只中にいます。

表に現れる事象ばかりを見ていても、

なかなか実感しにくいですが、

裏で起きている様々なことを少しでも窺い知れば、

大変な事態が水面下で始まっているということが

察せられるはずです。

 

そして、皆様がもし何かを知って、

これは本当にその通りだと思ったのなら、

明日といわず、今すぐにでも実践することです。

つまり、そいういう人でないと、

これからさらに増してゆくであろう

変革の大津波を乗り切ることは

できないであろうと思うのです……

(あとがきより)

 

ここから申し込んで、いますぐお読みください。

 

この本を手に取ることが出来ることを

「縁」といいます。

 

今夜は、京都ヒューマンフォーラム

本社のスタジオでバンドの練習です。

残すところあと2回のリハで

15日の横浜ライブに臨みます。

私たちが、ライブで伝えたいのも、

もしかしたら「日月神示的な生き方」なのかも知れません。

 

********************************************

 

高仁さん、

想いを汲んでくださりありがとう。

 

 

さあ、私も京都に行ってきます♪

舩井フォーラム

皆さま、絶対いらしてくださいね!

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・好評発売中!!

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

何から書けばいいのか

焦ってしまうくらい、

いろいなことがある今日この頃。

 

さっき学校に行ったはずの

たつきさんから電話。

「警報出たから帰ってきたよ〜。

 英検模試やる時間できてラッキー♪」
げ、英検って9日だったよね。
カレンダー見てもう10月5日だと気づく私。
そういえば、たつきさん
月曜日に
吹奏楽部の副部長になったと言ってたなあ。
ああ、めまぐるしい。

 

水星が逆行していた時には

何もかもが膠着して

それはそれで焦っていて……。

人というのは

なんとも「ないものねだり」な生き物ですね。

 

ともあれ

姫路はまだ雨風ともに穏やかですが

皆さまの地域はいかがでしょうか。

どうぞ被害なく浄化の渦となりますように。

 

で、前置き長くなりましたが

弾丸で東京に行って何してたかというと

 

 

安倍昭恵さんを訪ねて

赤坂の首相公邸に伺いました。

(お澄まし顔ですね……笑)

 

赤塚さん勝仁さんの共著

『聖なる約束3 黙示を観る旅』

最初の読者が昭恵さんなんて
本当に幸せなことです。

 

個人的には

ある箇所でしっかりウケてくださって

目論見通りだったので

編集者としてはガッツポーズでした。

 

でも、お話はここで終わらず

今回、昭恵さんがかなり無理やり

時間をつくってくださって

1時間だけお話しできる予定が

昭恵さんご自身が驚いていらしたのだけれど

その日の夜のスケジュールが

なぜか空いたとのことで

みんなで昭恵さんのお店「UZU」へ。

 

日本酒「やまとのこころ」

そして、国産や無化調にこだわった
心づくしのお料理をいただきながら
楽しいお話が花咲く
ひとときを過ごさせていただいたのです。

 

勝仁さん、日本酒美味しいからって

真っ赤になってますね〜。

 

おしゃべりしているときにふと

勝仁さんが感慨深げに

「日本のファースト・レディを

 5時間以上も独占させていただけるなんて

 本当に貴重なことですね。

 私たちが応援するなんてとんでもないことで

 応援していただいているのだから

 がんばらないといけませんね」

とおっしゃいました。

 

あ、ほんとだなあって

しみじみ思いました。

 

人のご縁は不思議なものだけれど

決して偶然の産物ではないのです。

 

想いがあるからこそつながるの。

 

でもね。

 

人はとかく

その想いの起点を

自分において考えてしまうけれど

それはちょっと違うんだよね。

 

受け容れてくださる器

「懐」と言ってもいいかもしれません。

それがあって初めて

届けたい想いは

かたちになることができるのです。

 

キュートで瑞々しい感性と

子供のような素直な好奇心。

それでいて気さくで、何より本当に謙虚。

 

ファースト・レディとしてのお役目を

その広やかな器でもって

しっかりと果たされながら

ご自身の想いの発信にも力を注ぎ

いつも輝いていらっしゃる昭恵さん。

 

その昭恵さんに

またご一緒しましょうねって

ハグしていただける

その昭恵さんの想いを

私は私らしい器を

広げ深め、創っていくことで

ほんの少しでも受け容れられる

自分になれたらと

 

そうして、そのつながりが

どんどん広がりつながって

いつか、やまとの国を

世界を、地球を、宇宙を大きく包み込む、

優しくて温かい渦となればと

そんなふうに願わずにはいられません。

 

さあ、今日はご本の装丁や

挿入する写真の選定です。

 

イスラエル旅行の時

33人の仲間の中に

とってもすばらしいカメラをお持ちの方と

プロのグラフィックデザイナーさんがいるという

信じられないラッキーに恵まれて

美しい写真が入る予定です。

 

 

『聖なる約束3 黙示を観る旅』

10月15・16日の舩井フォーラムにて先行販売

来週には、ネットショップにて

ご予約いただけるようにする予定です。

(発送は22日以降ご予約順となります)

 

どうぞお楽しみになさってくださいね♪

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・好評発売中!!

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

今朝は、姫路で大切な友人に

心身の調整をしていただいてから

そのまま新幹線に飛び乗って

東京に向かいます。

 

バタバタするので、

ブログアップを

予約してみることにしました。

 

まず、

京都MUMOKUTEKIホールにて開催の

(D、こと出路さんの会社の3Fです)

10月29日(土)15:00〜(開場14:00サイン会します♪)

『聖なる約束3 黙示を観る旅』出版記念講演会

 ↓以下サイトよりお申込み受付開始しました。

http://kilei.net/event/2016-10-29/

 

まだ、本が仕上がってないのに

すごいプレッシャーですが

赤塚高仁さん・舩井勝仁さんによる講演会は
赤塚さんが年内で講演活動を終えられるため
とても貴重な機会になります。

 

イスラエル旅行を終えて
お二人が受けた「黙示」
立ち上がるエネルギーを
皆様とご一緒に共有できればと思っています。

 

お席に限りがありますので
どうぞお早めにお申し込みくださいますように
よろしくお願いいたします。

http://kilei.net/event/2016-10-29/

 

ちなみに昨日の日曜日

 

 

みけちゃんはご本の最終原稿を受け取って

レイアウト作業。

 

あと、お留守番組だったろばくんが

最初の校正をしてくれました。

 

 

お土産はこれ

 

 

デーツとあんずを

お弁当風にしたんだけど

「虫っていうかもう、Gみたいだ……」と

絶句されました。

 

 

こんな感じで売っててね。

味も抜群に美味しいんだけどねえ。

 

「あ、あ、ありがとう」と

喜んでもらえて、うれしかったです。

 

すべてが着々と進んでいきます。

流されるのではなく

軽やかに風に乗ってね。

 

それでは、ひとっぱしり東京まで

弾丸で行ってきまーす(^^♪

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・好評発売中!!

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

さて皆さま
ステキな新月タイムを過ごされていますか?

 

私の感覚だと
まだ新月タイムのエネルギー
強く感じられるので
いま一番始めたいなと思うことについて
ちっちゃくていいから
アクションを起こしてみると
いいんじゃないかな。

 

私はまず、1日でもあったので
家の4隅と玄関の盛り塩の交換をして
玄関のお掃除。
新月のお願いごとを書いて
ゲットしていた来年の手帳を眺めて
(私はずっとほぼ日手帳カズンを愛用
カバーは宇宙にちょうちょ柄♪)
ソウルメイト研究家Keikoさんの
新月のおまじないを
たつきと一緒に楽しみました。

 

あと、ずーっと捨てられなかった
ボロボロの靴
イスラエルの旅を頑張ってもらって
ついに捨てました!

 

で、そんなことを楽しくやってて
ふと思ったことをシェアしますね。

 

 

 

写真はゲッセマネで祈っている
……らしい私。

 

おまじないとかって
なんでそれをするのか
頭で考えたら
まったく分からないわけだけど
やるかやらないかの基準って
結局、楽しいな、やってみよ♪と
素直に思えるかどうかだけだと思います。

 

よく時期を逃したりして
えーーーっ!!とか
他の人がやってるのを見たりして
私もーーーーっ!!とか
なりがちだけど
そこの基準は絶対自分軸にもっていく。

 

究極は
やったってやらなくったって
一緒なんですよね。

 

お祈りのポーズっていろいろあるけど
(神道の「型」もそうかな)
何をしているのかっていったら
それは
宇宙(根源神)とつながろうという
想いの表現なわけです。

 

で、高次の存在
(名前のついてる神様や天使全般)が
その手助けをしてくれていて
その高次の存在とつながる方法が
おまじないだったり、
祈りのやり方だったりするのね。

 

いまっていうのは
人がその高次の存在に
近づきつつあるようです。
(これを次元上昇という)

 

で、そうなってくると
もう行動のすべてに
祈りが混みこみになってくるわけです。

 

でも、高次の存在とも仲良くしたいし
なんていうか
得意不得意ってあるから
だから、良いタイミングで出逢ったら
先輩たち(神様や天使たち)と
仲良しさんになって
助けてもらっちゃおう
私はそういうイメージで楽しんでいます。

 

新月ははじまりのエネルギーだから
落ちているたくさんの情報に
振り回されちゃったりすると
どうしてもそんな感じの
先行きになっちゃうと思うんですね。

 

だから、
「いま」の自分との親和性を見極めて
振り回されないように
何より自分という存在にフォーカスして
(これを覚悟、自覚、自信をもつという)
素直に行動、表現をしてみると
いいんじゃないかなと思います♪

 

とにかく目の前に在る
こと、人、ものが私の宇宙だから。

 

それらを愛する
(意識する、眺めてみるだけで十分)
エネルギーが広がっていきます。

一人ひとりがそれをしたら
地球は愛でいっぱいになるからね。

 

という
長いひとり言でした。

 

さあ、今日から川田薫先生との
対談本の原稿に着手するわよー。
(この内容も実はそれに関連しています)

私も著者なので
がんばらなくては♪

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸
「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

 

****************************************

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・好評発売中!!

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

 

うおー。

 

月末だぜ。

 

そして新月だぜ、ベイビー。

 

写真はエン・カレムの訪問教会の

不思議な壁画。

イスラエルで見た満月から

過去を少しずつ消化して昇華して

そして、新たないのちとなるような

そんなイメージです。

 

 

このタイミングで

黙示録を校了するというのもまた

その流れのひとつなのかなと

そんなことも感じています。

 

誕生数秘術によると

来月からは来年のエネルギーが

流れ込んでくるそうです。

 

来年の手帳も出てくるしね。

 

昨日ちょっと書きましたが

直線で機械的に続くのではなくて

らせんで上昇していくようなイメージで

時間を捉えるというのが

これからの生き方というか

本来の、宇宙の法則にしたがった

生き方なのかなと思います。

 

そういう意味でも

どんな流れをどう生きたかなって

今年を総括しながら

どんな流れをどう生きるのかなって

来年を描くという感覚は

とても大切なように感じます。

 

10月15・16日の舩井フォーラムは

(お申込みはこのブログの最後のリンクから)

ここ最近は毎年この時期にあって

そのときには

きれい・ねっとのご本たちが

一同にずらりと並びます。

 

いま、気づいたんだけど

それを眺めることは

私にとっては

まさに今年の総括と

これからの展望みたいなもの

そのまんまなんだよね。

 

今年もすごいことになりそうなので

ぜひお立ち寄りいただければ嬉しいです。

 

あと、10月29日(土)午後に

京都のMUMOKUTEKIホールで

『聖なる約束3 黙示を観る旅』の

出版記念講演会を開催することが決まりました。

AKDN全員がそろいますので

横浜に来られない方は

ぜひこちらにお越しくださいませ。

(詳細は来週あたりに

 お知らせできると思います)

 

しゃべるし、

もしかすると歌うかも?!しれません。

 

さて。

 

実は今月中と言われている原稿が

まだ3つあるのよね。

 

ただ今からちょっと集中して

やりきってしまいたいと思います。

 

皆さまも、どうぞ有意義な月末

宇宙とつながる新月を

お楽しみくださいね〜♪

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆新刊『時は今 封印が拓かれるとき』

(小川雅弘・舩井勝仁・村中愛 著)

税込定価700円・好評発売中!!

 

☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM