お昼から新幹線に乗るので

ちょっと焦ってます。

だーいたい、出かける前って

予想よりも忙しくなるよね。

 

きれい・ねっとの本って

ご縁で創られていくことが

ほとんどなのですが

なんかこう、雰囲気みたいなものが

あるなあと思います。

 

で、最近は

医療・健康関連の原稿が多い気がするんだよね。

 

田中先生は、下記の舩井フォーラム大阪大会で

ご講演くださいます!!楽しみ〜♪

 

 

(ごめんなさい、リンク貼る時間ない!)

 

死んだら終わりではないけど

死んだら地球での

私としての活動はできなくなるので

肉体という容れ物を

あと、もうちょっと大きく言うと

地球というみんなの乗り物を

まずは大切にしなくちゃという

めちゃくちゃ当たり前のところに

私たちはようやく

辿りつけたのかもしれないですね。

 

今回の出張も

そういう取材が多いです。

どうぞ皆さま、お楽しみに〜♪

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸
「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆7月23日(土)舩井フォーラム2016大阪大会
大阪リバーサイドホテル6F大ホール
山内尚子登壇、きれい・ねっとブース出展いたします♪


☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

うへへ。

近所でのーんびり

大切なお友達とランチをしてきました。

 

ああ、至福。

 

さて、なんで

のーんびりランチができたかというと

先週ようやく

小川雅弘・舩井勝仁・村中愛(敬称略)の

文心Booksの原稿を校了したからです。

 

名前も決まったよ。

 

『時は今

  封印が拓かれるとき』

 

巻頭カラーとして

パッチワーク・マンダラを

配することになりました。

 

 

ブータンの僧侶たちによって

つくられたこのマンダラを原画として

9×9、81パーツに分けて

12カ国1万人以上の人々が一斉に縫って

それを集めて

50メートル×70メートルの

一枚のマンダラに仕上げたのが

パッチワーク・マンダラです。

 

マンダラは宇宙そのものをあらわし

真ん中の大日如来は真言密教における

「無限宇宙の全一」を差します。

 

このご本、

三人の著者さまが

鼎談される中で三様に

変わられていくのが感じられるんですね。

 

なんだか不思議な話なんですけれど

それにつられて

読む私たちも変化していくのが

たぶん感じられると思うんです。

 

そういうイメージが

編集している間、ずっとあったんだよね。

 

来週からネットショップでのご予約開始

23日の舩井フォーラム大阪大会

29日の四ツ谷舩井セミナールーム講演会て

販売をスタートさせていただきますので

どうぞお楽しみになさってくださいね♪

 

さて、「文心」というのはなんですか?と

よく聞かれるのですが

「文化文芸に心を」という意味です。

「きれい・ねっと」と同じで

ある朝、突然降ってきて

それなのに、自分の中に違和感がなかった

そんな名前です。

 

文心BooksはA5でカバーのない体裁です。

価格も500円〜800円程度。

そして、書籍(ISBN)コードがないので

一部例外を除いて

書店での販売はされません。

だから、くくりとしては

小冊子ということになります。

 

でも、文心Booksは、

著者様のどうしても伝えたい想いを

私が魂をこめて編集させていただき

文字量も通常の書籍と変わらない。

 

たかが小冊子、ではないのです。

 

そもそも書籍っていうのは

出版というのは

なんなんだろうなと最近思います。

 

私はなんのために

なにを創っているんだろうって。

 

うーん、そうだな。

 

「本」です。

 

もととなるもの。

主となるもの。根本。また、本分。

 

著者さまの

宇宙とつながる「もとのもと」を

言葉にして皆さまにお届けすること。

 

それが皆さまの「もとのもと」とつながって

それが宇宙を創っていく。

 

まさに、マンダラだよね。

 

さ、お仕事に戻ります。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸
「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆7月23日(土)舩井フォーラム2016大阪大会
大阪リバーサイドホテル6F大ホール
山内尚子登壇、きれい・ねっとブース出展いたします♪


☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

 

写真は自宅のパソコンから見た

ホーリーバジルちゃん♪

ホーリーバジル協会の稲元美智子さんから

苗を送ってもらったのです。

事務所と自宅ですくすく育っています。

 

さて、いつも書いてる通り

私の編集は頭で考えている間は

まったくダメで

ある瞬間、原稿の流れが見えるんだよね。

 

パソコンの前で正座すると

(体操座りのときもある)

あ、ここでこのエピソードを入れればいい

この話は後からって

考えてもいなかった展開や言葉が

すらすらと出てくる。

 

でも、それは私の創作ではなくて

たしかに著者さまが書いてることなの。

それがすごく不思議。

 

まず著者さまの元の原稿や

それまでの発信を

吸収して感じて消化して。

 

で、あとは

自分の思考を捨てて

本当に流れに任せきること。

 

時には、これは最近では

田中佳先生のご本がそうなんだけれど

いただいた原稿ほぼそのままという

そんな決断をすることもあります。

(不思議と時間は短くなるけれど

 労力は同じ感覚なんだよね)

 

そんな中、昨年から取り組んできて

今年発刊したものを除くと

今年前半は

松野先生のご本だけしかできなかった。

 

 

 

大作だったというのもあるけれど

たぶん、心身を整える

準備期間だったんだと思います。

 

それが、ようやく体力が戻ってきて

今は何冊分かの原稿が

早く出して―って待ってくれている感じ。

 

まだ出会っていない著者さま

それに読者さま

言葉たちが

潜在意識下かもしれないけど

待ってくれているのも感じる。

 

ただし、こうなってくると

私ってばすぐに暴走するので

あくまでも体調に気をつけながら!

 

来月からドンドン出していくので

皆さま楽しみになさってくださいね〜。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸
「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆7月23日(土)舩井フォーラム2016大阪大会
大阪リバーサイドホテル6F大ホール
山内尚子登壇、きれい・ねっとブース出展いたします♪


☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

原稿を編集していると

いろんな気づきがあります。

 

最先端で学び

そして、その言葉たちを

ある意味統合していく作業です。

 

決して明晰とは言えない

私の頭脳で

どうにかなる話ではないということは

私自身がいちばんよく分かっているので

そこに頼ることは

やりたくてもできず

思いたくても思えません。

 

言葉が出てこない、つながらない時は

まったく進まない。

 

でもそれは同時に

進まない時には

新刊が出ないということ。

 

さらに。

 

つながって

どんなに深く大切なことだとしても

深すぎたり

時を超えてしまっていて

みんなにすぐに分かってもらえるような

内容じゃないこともある。

 

それは同時に

たくさん売れる見込みが

立たないということ。

 

ただでさえ、

大不況の出版業界で

利益主体じゃないこんなやり方は

経営としては

きっと無謀なんだろうと思う。

 

実際、紆余曲折

いろいろあったし

今もあります。

 

でもね。

それでいいと思うというか

そうでなくちゃできないと思うの。

 

あと、こんなこと書いてるけど

歯を食いしばってるわけじゃなくて

不思議ととっても楽しいのです。

 

いまは

言葉、特に日本語のもつエネルギーが

大きくなってきている気がします。

 

それは、きっと新しい時代が

始まろうとしているから。

 

「外側の汚れは水で清めよ

 内側の汚れは言葉で清めよ」

 

幸せの国、ブータンのことわざです。

 

言葉は「おわり」を告げ

美しく清め

そして「はじまり」となる。

 

そのエネルギーは清らかで

人を変え、時代をつくり、

整えていくものなのです。

 

そんな言葉を扱う私たちが

発信する意図を

「売らんがため」にしてしまったら

書いてある言葉が

「愛」でもなんでも

その新しい時代が

愛あふれる豊かな調和の時代に

なるはずがない。

 

でもでも。

 

私はきっとみんなで

愛あふれる豊かな調和の時代が

始められると信じています。

 

なぜって

特になんの心配も

しなくなってからだと思うんだけど

愛と調和に生きる先生方と

なぜか不思議なご縁で出会い

そんな時代を感じさせてくれる原稿ばかりが

私のところにはやってくるから。

 

そしてね。

 

そのひとつずつの原稿は

それぞれの先生方が

それぞれの場所で

それぞれの時に必要なメッセージを

それこそいのちを削って発信されたもの。

 

それなのに

特に志向しているわけでもないのに

それらの原稿

きれい・ねっとのご本たちは

ひとつの方向性をもっているように

感じられるのです。

 

医療、経済、政治、農業、生活

芸術、精神世界……。

私の中では

この地球の上で起こることとして

なんの抵抗もなく

つながって感じられます。

 

今日偶然

絵本のモモちゃんのFBの投稿を見たら

お手伝いさせていただいた絵本

「お金のひみつ」のことを

夏至の日の講演会でお話しされたら

みんなが「分かる!」って言ってくれたと

喜ばれていました。

 

『銀行がナイショにしてる お金のひみつ』

(絵本のモモ 税込定価500円)

 

つくった当時は

なっかなか伝わらなかった。

お金の話をしようなんて言ったら

特に女性からは

誤解ばっかり受けちゃっていたのに。

 

いのちを預かる母親として

勇気をもってモモちゃんと一緒につくった

100円の絵本

 

『ちょっとまって!

  子宮頸がん予防ワクチンうける前に』

 

7月23日の舩井フォーラム大阪大会でご講演くださる

(私も登壇しますので

 皆さま、ぜひぜひお越しくださいね!!)

 

『健康の原点は食と腸にある』の

田中佳先生ほか、たくさんの皆さまが

配り広めてくださって

多くの方が

今の医療について疑問を持ち

自分ごととして考える

きっかけづくりの一助となってくれています。

 

ちなみに田中先生は『天使の着ぐるみ』

よくご紹介くださいます。

脳外科医である田中先生が

この物語を心に留めてくださったことが

私はとてもとても嬉しかった。

 

何年も前から

著者様も私も同じ想いで

利益度外視でつくってきた本たちが

しっかりと根を張り

今も広がり続けている。


コツコツと

続けてきて良かった。

 

そして、これからは

心を整えて

言葉を変えて

そして決して大げさでなくてもいいけれど

自分の生活を、生き方を変えていく

行動を起こしていく

ちゃんと「自分として生きる」時期に

差しかかっているのだと感じます。

 

だから、

私は、きれい・ねっとは

怖がらないで

安心して

今の創り方を続けていきます。

 

そして着実に

新しい時代を

ともに生きる人たちと

時を超え、場所を超え

本物の言葉でつながっていきたい。

 

ともに生きる人の

心を身体を魂を

新しい時代にふさわしく

より自分らしく輝かせる

糧としての言葉を編み続けていきたい。

 

ここまで読んでくださった、あなたへ。

 

どうぞつながってください。

きれい・ねっとの言葉たちと出逢い

ぜひ味わって活かしてほしい。

 

そして

共鳴共振してくださる

すべての皆さまとつながりあい

大きな和となって

楽しく遊び、つくっていきましょう。

 

愛あふれる豊かな調和の時代を。

 

夏至の日を超え

深いところから

ふつふつとあふれてくる想いを

言葉にしてみました。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。
愛と感謝をこめて。
尚子 拝

 

追伸
「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆7月23日(土)舩井フォーラム2016大阪大会
大阪リバーサイドホテル6F大ホール
山内尚子登壇、きれい・ねっとブース出展いたします♪


☆10月15(土)16日(日)舩井フォーラム2016
〜 封印が拓かれるとき 〜
パシフィコ横浜国立大ホール・アネックスホールほか
きれい・ねっとブース出展、山内尚子歌います♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

今日はナントですね。

松野哲也先生と
舩井勝仁さんが
姫路の事務所に
遊びに来てくださいました♪(わ〜い)



お二人ともお忙しくて
日帰りだったのですけれど
(っていうか松野先生は
 明日早朝アメリカに戻られるという
 超ハードスケジュール)
とっても楽しい時間を
ご一緒くださいました♪

S字結腸ガンが
ご自身がつくられたイオス液と
瞑想や呼吸法による意識の変化によって
なくなっちやったという先生。


詳しくは
『ゼロ・フィールド・システム
  がん研究者が自ら体験したガン克服法』

をお読みくださいね。

ご本の中に一番の秘訣として
「歓ぶ」というのが出てくるのだけれど
ほんとにどんなことでも楽しんでらして
それをまた
失礼ながら
おちゃめな笑顔で
楽しそうに話してくださるんですよね。

ちょっと前に
走りまわってやろうと思って
スポーツカー買ったんだけど
車幅が広いし
公道じゃスピート出せないし
ばかやっちゃったなあと思うんだけど
でも楽しいとかね。
(先生たぶん74歳のはず……)

いやあ、やっぱり
人生は本気で遊んでナンボだなと
あらためて実感しました。

あと、大好きなアーティストのAikaさん
メッセンジャーの杉浦貴之さん
最近ご縁をいただいた
三浦直樹先生などなど
みんなつながってるのにも
かなりびっくりしました。

秋にまた帰国されるそうで
11月23日に松野先生とのご縁をいただいた
神戸六甲サラ・シャンティさんで
ご講演が決まっているとのこと。
せっかくなので、
東京でも企画したいと思います。

ぜひ、たくさんの皆さまに
楽しく生きるエネルギーが伝わりますように。

今日もお読みくださってありがとうございます。
愛と感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆7月23日(土)舩井フォーラム2016大阪大会
大阪リバーサイドホテル6F大ホール
山内尚子登壇、きれい・ねっとブース出展いたします♪

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

舩井フォーラム2016福岡大会
とても嬉しく幸せな時間となりました。
ご縁いただいたすべての方に
心よりありがとうございます。


写真は田村重義さんと♪

驚いたのが、2年前同じ場所で
東北大震災の時
福島の漁師さんたちの実話
『命のつぎに大事なもの』
朗読させていただいたのですが
その時ご一緒くださった方が
何人もお声がけくださいました。



熊本の方が
「あの時の尚子さんのメッセージを
 思い出しながら、
 大切なものを見失わないように
 がんばってます」
とおっしゃってくださいました。

また、同じ時に『いのちの革命』
お求めくださった方が
看取り士さんになってくださって
お名刺をもってご挨拶に来てくださいました。



メルマガ等を読んで
私の体調のことを
ご心配くださっていた皆さまにも
よく来てくれたと喜んでいただきました。

そして、神戸のきれい・ねっと感謝祭で
ご参加の皆さまからお預かりした
愛のこもったお志も
福岡の大切な仲間
田村重義さんに託すことができました。
熊本のピュアサポートグループ
大浦敬子先生にお届けいただきます。

敬子先生からは
子供たちが元気になるような形で
しっかり役立てたいと
おっしゃっていただいています。

本を創っている途上では見えにくい
たしかなつながりや広がりを
こうして読者様と
お話しできる機会をいただけることで
感じさせていただけるのは
本当にありがたく幸せなことだなあと
しみじみ感じています。

これからも
皆さまの宝物にしていただけるような
ご本たちを創り、携えて
いろんなところに出没しますので
ぜひ皆さま会いにいらしてくださいね。

そのようなわけで、感謝祭の前から
お休みなく走り回っていたので
昨日はちょっと一息
お休みをいただきました。

一区切りとなると
必ず次のステップが見えてくるもので
今日からはまた
新しい原稿に向き合うことになります。

2冊同時並行の編集になるのですが
そのうちの1冊が
小川雅弘さん、メッセンジャー村中愛さん、
そして舩井勝仁さんの共著です。

私が小川さん、愛さんと
出逢ったのは2012年7月のこと。
うわー、あれからもう4年にもなるのか……。

その時のことも書きたいけど
それはまた次の機会にまわすとして
福岡大会の懇親会で愛さんが
みんなにお知らせしてくださいました。

「あのね。なおちゃんのとこからね。
 本を出してもらうことになったのよ。
 なおちゃんの出版社
 えーっと、えーっと……」

一同大注目。

「ほっと・もっと!」

一同シーーーーーン

「愛さん、それね……
 お弁当屋さん。

 私ども、
 きれい・ねっとでございます」

一同、大爆笑!

まあ、なんか、
ゴロとしては
近いような気もしないでもないけど。

ひょっとして
私、お弁当屋さんも始めるっていう
そういうメッセージなの?

ナイナイナーイ!!

とにもかくにも
私はそんな愛さんが、
好きすぎるのです。

平和の祈りのご本。
すばらしいご本になりますので
どうぞお楽しみになさってくださいね♪

今日もお読みくださってありがとうございます。
愛と感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆7月23日(土)舩井フォーラム2016大阪大会
大阪リバーサイドホテル6F大ホール
山内尚子登壇、きれい・ねっとブース出展いたします♪

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************


写真は今年1月に
高千穂神社の駐車場で出会ったくまもん♪

先ほど感謝祭の集計が終わりました。

何せ感謝をあらわす催しですから
毎年ほぼプラスマイナスゼロ
時々マイナスかなあという感じの収支で
開催させていただいている感謝祭。

いろいろ工夫したんだけど
ちょっぴりにしかならないなあと
思っていたのですが
著者先生方の思いがけないご厚意もあり

138,260円を
熊本の被災地へと
お届けできることになりました。

本当にほんとうに
心からありがとうございます。

ここに私、
それとたつきからの気持ちも
ちょっぴり加算させていただき
今週末28日(土)開催の
舩井フォーラム福岡大会にて
九州福岡の大切な仲間、
田村重義さんを通じて
最善の場所へとお届けいただくことになりました。

どこでどのようにお使いいただくかは
あらためてお知らせさせていただきますが
まずは、感謝祭にご参加くださいました皆さま
ご講演くださった著者先生方
応援くださった皆さまに
心からの感謝をお伝えいたしますとともに
このことお約束、ご報告申し上げます。

今日、舩井勝仁さんがブログ
感謝祭の後に訪れた
三陸の様子をお知らせくださっています。

瓦礫はきれいに取り除かれても
生き残られたものの
大きな傷を心に抱えたままの方
辛く苦しい想いの中で亡くなられて
天への道を見失いさまよう方
とても多くいらっしゃるのだと思います。

日々の暮らしの中で
そこに直接何かをすることはできない。
やろうとしたって
やり方を間違えたら迷惑かもしれません。

でも、見返りを求めない
本物の愛は
意図せずとも時空を超えるのです。

愛をこめた「もの」は
近くても遠くても
必要な人へ、必要な場所へと届くのです。
それが熊本なら熊本へ
東北なら東北へ。

そして、それは減ることなく循環する。

差し上げるんじゃないのです。
いつだって「お互いさま」だし
「おかげさま」なんだもの。

お届けするお金は
皆さまからお預かりした
愛のエネルギーです。

来られる方はぜひ
九州へご一緒しませんか。
そして、
ご一緒に愛をお届けできたら嬉しいです。

今日もお読みくださってありがとうございます。
愛と感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆5月28日(土)舩井フォーラム2016福岡大会
パピヨン24 ガスホール
きれい・ねっとブース出展いたします♪
 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

21日、きれい・ねっと感謝祭
信じられないようなハプニングがありつつも
なんだろう
説明できないような時空間が
形成されたように思います。



翌日、というか昨日は
「普通に」疲れた身体を心地よく感じつつ
満月を眺めて
脳の処理能力では
まったく消化できていない
あの時空をすこし遠くから眺めて過ごしました。

フェイスブックやブログ等々で
参加してくださった皆さまが
ドンドンお写真やご感想をアップしてくださり
メッセージも山のようにいただき
まだご返信もしきれていない状態です。

本当に、感謝しかありません。
ありがとうございます。

私も出来事のひとつずつを振り返って
ブログでお伝えしたいところだけれど
それはちょっと無理だなと思います。

あの時空で出てきた言葉たちは
あの時、お話しした内容のとおりに
すでに、それぞれのいのちの「今この時」に
変化しているから。

この愛は、ありがとうの気持ちは
見えるもの見えないもの
社会的な肩書きや魂のレベル
そんなちっぽけな境界線を
やわらかく溶かしていってくれるものなのですね。

収益を全額熊本にお届けすると申し上げたら
講師先生方、御礼やCD売上
みんな置いて帰られちゃった。
なんやねん、もう。

熊本に届けるのは
お金にこめた愛、そのエネルギーなんだよね。
責任をもってお届けしますね。

あの空間は
きれい・ねっとが9周年だとか
山内尚子がどうだとか
そんなことはまったく関係なく
愛のエネルギーが
そこここに湧きあがり、あふれていて
みんな楽しくて嬉しくて、喜んでいて
まさに「良い世の中」そのものでした。

帰り道、カーナビちゃんに従ったら
なぜか、震災の被害の一番大きかった
長田の街を通るかたちの帰路となりました。

そういえば、21年前なんですね。
燃えて崩れるこの街を、
泣きながら歩いたこと
それすらも必要な道のりだったということなのでしょう。

素直にそう思える自分がいました。

そして、また今を見つめ
過去と未来をすべて含んだ
今この時に生きていく。

謝りましょう。

許しましょう。

感謝しましょう。

そして、愛しましょう。


みんなで、喜んで。


今日もお読みくださってありがとうございます。
感謝をこめて。
尚子 拝


****************************************

☆5月28日(土)舩井フォーラム2016福岡大会
パピヨン24 ガスホール
きれい・ねっとブース出展いたします♪
 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************
 

いよいよ明日
感謝祭の準備をしています。

後ろでみけちゃん(実母)がポツリ。

「なんか8人とかで
 朗読会してたのが嘘みたいやなあ」

懐かしいなあ、と思う。

いろーんなことがあったけど
人数が増えることで
つながりが薄くなってしまうんじゃないか
そんなことを考えて
ずいぶん悩んだりもしたけれど

でも、懐かしいけど
やっぱり今がいちばんいいな。

ここ数週間で何通も
お手紙やお葉書をいただきました。

嬉しいお葉書
15日にもいただいたし
今日も届いた。

感謝祭行けないけど
心からおめでとうございますって書いてある。

ありがとうございますって
何をおっしゃるのでしょう
感謝するのはこちらのほうなんですってば。

もう、泣いちゃうじゃん。

さあ、プログラムもできました。

ご参加の方全員に
プレゼントもご用意しています。

今まで50回以上も朗読会ができたこと
9回目の感謝祭ができること

ありがとうございます、しかないんです。

ほんとうに本当にありがとうございます。

ご縁をいただいたすべてのいのちに
心からの感謝をお伝えする日
あともうちょっと準備を楽しみたいと思います。

当日のご参加も大歓迎ですので
どうぞ、きれい・ねっと感謝祭2016に
皆さまご参加くださいますように。

今日もお読みくださってありがとうございます。
感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆5月21日(土)きれい・ねっと感謝祭2016
神戸市産業振興センター レセプションルーム
Guest 赤塚高仁・小川雅弘・Sora・Keiko・舩井勝仁
 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************
 

なんとか、間に合いました。

松野哲也先生の
『ゼロ・フィールド・システム
  がん研究者が自ら体験したガン克服法』
(ネットショップからご予約いただけます)


5月21日のきれい・ねっと感謝祭での
先行販売分が、今日仕上がったのです。



間に合って、ほんとに良かったよ。

当日説明するけど
なんだろう、難しいところもあるんだけど
愛のエネルギーがハンパないのです。

私はそんなに頭が良いわけではないので
編集している間は
自分の頭脳は極力使わないんですね。
使っちゃってる間は
もう固まっちゃって全然進まない。

感覚としては、宇宙に預ける感じかな。

それができると
タイピングが間に合わないくらいのスピードで
文章が動き始めるんです。

松野先生の原稿を編集させていただくことで
本格的に編集に復帰できたと
ようやく実感することができました。
アメリカご在住で、
顔を見たこともない私を信頼してくださり
原稿を預けてくださった松野先生に
心から感謝したいと思います。

一方で、間に合わなかったものもあります。

感謝祭の日に発刊予定だった
小川雅弘さんのご本は
残念ながら間に合いませんでした。

コツコツ編集していたのですが
大幅な内容変更が必要になり
どうしても納得いく編集ができませんでした。

これでいいかなと思ったんだけど
小川さんにメールできなかったというか
なんだか「間に合わせてるな」という感覚があって
自分が納得できないんですよね。

これまでは、イベントがあったら
ムリヤリ徹夜してでも仕上げていたし
それも悪かったわけではないんだけれど
これからの生き方は
そういうことじゃないんだろうなと思います。

そのことを受容できたこともまた
新しい自分へと向かう
一歩なのかもしれませんね。

小川さんのご本は来月中にはかたちにします。
感謝祭での小川さんのご講演で
また必要なエッセンスが
降りて来るのかもしれないなと思うと
とても楽しみです。

間に合うもの
間に合わないもの
いろいろありつつも
さあ、明日は書籍も含めて
最終の準備を楽しみます。

感謝祭って「なんでもあり」って
主催者が決めているせいか
いつも楽しいハプニングや感動がいっぱいです。

今からのお申込み
また、当日のご参加も大歓迎ですので
どうぞ、きれい・ねっと感謝祭2016に
皆さまご参加くださいますように。

今日もお読みくださってありがとうございます。
感謝をこめて。
尚子 拝

****************************************

☆5月21日(土)きれい・ねっと感謝祭2016
神戸市産業振興センター レセプションルーム
Guest 赤塚高仁・小川雅弘・Sora・Keiko・舩井勝仁
 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************
 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM