本当の「出版社」ってなんだろう?

 

私は本当に「本創り」が

できているんだろうか?

 

これから私はどういうふうに

きれい・ねっとを

「出版社」として育てていくんだろう?

 

昨夜、家に帰ってから

ちっちゃなきっかけがあって

そこから自動的にずーっと

考えさせられています。

 

ほとんど寝られず(苦笑)

 

したがって、今日は愚痴っぽいです。

ごめんなさい。

 

ただ、今起こっている問題とか

素直な想いとかを

こうしてちゃんと書いておくことで

流れができてくることもあるだろうから

書いちゃいます。

 

本を創る時

必ず先生方に

きれい・ねっとは直販中心で

書店にはほとんど並びませんと

お知らせしています。

 

まあ、それには理由があって

そこんとこは

サイトのご挨拶をぜひぜひ

ご一読いただきたいのですが

http://kilei.net/about_us/

 

先生方はそれを承知で

書いてくださるし

原稿を預けてくださる。

 

でも、それだとね。

先生方がそれぞれのご活動で

販売される分以外は

ほんとに1,000冊いったらいいほうなんです。

そうすると、印税が

ほっとんど出てこない。

 

これについては

最初にご説明してるから

私が気に病んでるだけとも言えるんだけどね。

 

でも、今のやり方だと

Amazonさんにも

ちょっとしか入らないから

『日月神示的な生き方』とかも

1か月ずっと在庫切れ状態。

たぶん『聖なる約束3 黙示を観る旅』も

同じことになると思う。

 

今回、中矢先生も赤塚さんも勝仁さんも

ほぼ同時に大手出版社さんから

新刊が出ているのだけれど

その売れ行きの良さから考えると

しっかり流通に流せれば

きっと、もっと多くの方のもとに届く。

 

Amazonさんのやり方って

決して賛同できない部分も

多くあるし

流通に流せば大量の返本が出て

廃棄しなくちゃならなくなる。

それより何より

現状で

いまの出版業界のやり方に乗ると

きれい・ねっとはたぶん

すぐに倒産してしまうと思う。

 

いや、その前に

確実に私がまた倒れる。

 

その両方を回避するには

なりふりかまわず売れそうなタイトルつけて

ろくな編集もせずに

どんどん本を量産する。

…それって

仮に生き残っても

生き残るどころか

会社として「成功」しても

もう、きれい・ねっとじゃないよね。

 

で、そんなことは

よく分かっていて

やっぱり聴こえてくると悲しいけど

そんなの出版社じゃないとか

あそこで出しても

売ってくれないからダメとか

言われたとしても

それはそのとおりだし。

 

でも、きれい・ねっとが

お手伝いするご本たちは

私が責任をもって編集するし

絶版しないし

断裁して捨てたりしないし

大切にお届けし続けるんだという

きれい・ねっとには

きれい・ねっとにしかできないこともある。

 

やり方に固執することなく

その輪を着実に広げていけばいい。

 

でも、それにはどうしたって

地味に時間がかかる。

 

ふう。

 

この問答は

もう、自分のなかで

何十回、何百回

イヤになるほどやってきたこと。

 

大きな資本があるわけでもなく

一人じゃ

そして、姫路にいるんじゃあ

できないことだらけ。

 

たつきはまだ高校1年生。

 

ちっちゃくても

優しくてあたたかな輪が広がれば

私自身はかまわない。

 

すべて分かってる、そのうえで。

 

それでも。

 

ここ最近

とみに強く

見える方からとか

何より私自身の中からも

ずーっと聴こえているのは

 

私の感情とか想いとは

関係のないところで

なるべく多くの方にというか

必要な方に

真実を本質を知っていただき

そして、トップダウンではない

たしかなつながりを広げていくことが

ものすごく大切だということ。

 

「やまと」っていうのは

日本という誰かが決めた

国境とかでできているのではなく

血肉の種類で決まっているのでもない。

「やまとこころ」っていう

意識がつながっていないと

「やまと」ではないのね。

 

新しい世の中の実現につながる

ことばの種を蒔くこと。

 

でも、そのために

私にできることといえば

いろんなアプローチから

先生方とご一緒に

とにかく本を創ることしかない。

 

たぶん、

これが必要なことならば

たとえ常識的には無理なことでも

何らかのサインがあるんだろうと思う。

 

でも、おもしろいことに

こんなに湿っぽいこと

書いてはいるけれど

絶対サインがあるはずだと

まあ、まったく根拠もないのに

確信している自分もいてね(アホです、ハイ)。

 

焦っちゃいけないけど

楽しみながらだけど

意図をしっかり明確に持ちながら

その「時」だと感じた時に

二の足を踏まないように

今を大切に過ごさなきゃいけないなと

思っています。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆最新刊『聖なる約束3 黙示を観る旅』

(赤塚高仁・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま好評予約受付中!!

 

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆10月29日(土)京都・MUMOKUTEKIホール

『聖なる約束3 黙示を観る旅』

出帆記念講演会開催します♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

おもしろいなあと思うのは
「新しいステージ」と書くと
新しいステージが始まるんだよね。
まだはっきりしたかたちには
なっていないんだけど
心の中にある種が
むくむくと動き出している感じがあります。

 

創造というのは

何にもないところから

突然なされることは決してなくて

すでに在るものが

まず出逢って

混ざり合って

化学反応を起こして

新しいものになるという過程

だろうと思うんですね。

 

この仕組みというのは

ミクロからマクロまで

すべておんなじようになっていて。

 

そして

それが最大限にすばらしい結果となる

その術のことを

おそらく「錬金術」というわけです。

 

で。

 

「いま在るもの」の原初は

それぞれのいのちがもつ固有の

「意識」「想い」

あるいは「エネルギー」です。

 

これが出逢う、ぶつかる、混ざり合うと

ものすごいインパクトがあります。

同質なら

共振共鳴が起こって

大きなインパクトとなり

涙が流れるほど感動します。

 

これが水のエネルギー。

 

ええっと、降りてくるのは

陰であり「吸引」というワードですね。

 

異質であれば

一時的な感情としては

緊張とか恐怖、怒りなんかが

湧いてくるかもしれません。

そこでパーンと離れると

それは創造までの過程の中にある

「破壊」ということになる。

 

でも、というか

だから

そこを超えていくと

より大きく深い、

そしてまったく新しい創造となる。

 

これが火のエネルギー。

 

こちらは陽であり「放出」。

 

宇宙の摂理に従う

火水(かみ)の創造というのは

そういう渦のような営みを

総じて指すということのようです。

 

 

このカバー

あと、日月神示の○にチョンも

それをあらわしてるんだよね。

 

……あれ?

 

なんだか話が壮大になりましたが

要するに

来年に向けて

スケジュールが

ビシバシ入ってきている

ということが言いたかったわけです。

 

これは自然にそうなってきたのだけれど

いろいろな出逢いをいただくときに

肩書きがどうのこうのとか

本を創るという話に

なるかどうかなんていうことは

ほんっとに関係なく

あと、ここがちょっと重要なんだけど

ワクワクとか「だけ」を

基準にしないようにしています。

 

魂的にはワクワクなんだけど

私的にはなんでやねん

というのが

結構あるからね。

 

魂の目標地点に向かう道のりって

そんなものだと思うから

だから

ワクワクをチョイスするというよりは

起こることは

ワクワクなんだと決めておいて

あとはお任せというのが

いいんじゃいなかなと思います。

 

必要なことしか起こらないから^^

 

うーむ。

 

ちょっとややこしいかな。

まあ、そんな日もあるよね。

 

29日の赤塚・舩井出版記念講演会

お客様がまたもや

豪華になりすぎつつある気がします。

特別な時間

まだお席ありますので

ぜひぜひお運びくださいますように。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆最新刊『聖なる約束3 黙示を観る旅』

(赤塚高仁・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま好評予約受付中!!

 

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆10月29日(土)京都・MUMOKUTEKIホール

『聖なる約束3 黙示を観る旅』

出帆記念講演会開催します♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

先週舩井フォーラムが終わって

昨日室戸での平和の祈りが終わって

ようやく一段落な感じがするのですが

 

実は私にとっては

昨日、もう一つ

大きな節目になる出来事がありました。

 

昨年9月に入院手術をした時の

診断書を受け取るために

聖マリア病院に行ってきたのです。

 

FBには少し

書いたことがあるかもしれませんが

救急搬送されたのが三連休だったために

受け容れ先がなかなか決まらず

ようやく入れてもらえたのが

姫路近郊からは少し離れた

聖マリア病院でした。

 

だから、退院後は

前を通ることも含めて

ほとんど訪れる機会がなかったのです。

 

診断書をいただくことが

一つのステージの終わりというか

卒業というか

そんなふうに思えて

いろんな想いがあふれてきます。

 

なんとも言えない気持ちで

門を通り抜けると

懐かしい…というのかな

イエスが初めて

奇蹟を起こした場所を冠した

「カナ館」の看板が見えました。

 

 

そして、そこを抜けると

 

あれ?

 

 

なんだか様子が違います。

車を止めて近付くと

 

 

えーっ!

お祭りやってるよー。

 

その名もなんと

 

「マリアフェア」

 

たこ焼きに焼きそば

ドーナツとか売ってて。

風船配ったり

輪投げとかスタンプラリーやってるの。

 

病院の職員さんや

入院してる人たちとか

マリア教会のシスターも一緒になって

みんなニコニコ。

 

……いや、別にね。

 

こんなの、ただの偶然なのよ。

 

誰一人

見ず知らずの私が

今日ここに

人生の節目だと感じながら

やってくるなんて知らない。

 

そんなことは分かってる。

 

分かってるけど

でも、こんなことがあるんだね。

 

ああ、良かったな。

 

そう思った瞬間

ふわっと空に

黄色の風船がのぼっていきました。

 

あれ?

 

私、この風景見たことある……。

 

エルサレムの街を見下ろす高台で

黄色の風船がのぼっていった風景。

 

その風景が重なったのでした。

 

命を助けていただいて

そして、温かく送り出してくださって

本当にほんとうに

ありがとうございます。

 

手を合わせ

頭を下げて

そして車に乗り込みました。

 

 

さあ、新しいステージが始まります。

奇しくも昨日は下弦の月

ここから新月までの一週間は

さらに次のステージへのそぎ落とし

準備の期間となりそうです。

 

新月直前にあたる29日(土)の

赤塚高仁さん、舩井勝仁さんの

出版記念講演会

新しいステージへの示唆に満ちた

お話になることと思います。

 

お席、まだ少しありますので

ぜひお運びいただけたら嬉しいです。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆最新刊『聖なる約束3 黙示を観る旅』

(赤塚高仁・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま好評予約受付中!!

 

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆10月29日(土)京都・MUMOKUTEKIホール

『聖なる約束3 黙示を観る旅』

出帆記念講演会開催します♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

今日はこれから

メルマガを書こうと思いつつ

登録してない方は、ぜひしてね

今日から3日間、室戸で行われる

平和の祈りに心を寄せています。

 

たぶん、ちょっと前の私なら

無理してでも行ったと思うんですね。

小川さん、勝仁さん、そして村中愛ちゃん

大好きなみんなが命がけで取り組まれてきた

144,000人の平和の祈り。

本を創るお手伝いをすることで

その想いは

よくよくよーく分かっています。

 

それに、高知は私にとって第二の故郷

室戸はきしおくんの担当エリアで

何度も足を運んだご縁もあるのです。

 

じゃあ、どうして今回、

室戸に行かないことにしたかというと

祈りには場所も形も関係ないということを

いま、まさに実感しているから。

 

どんな行為も

たとえば

こうしてキーボードをたたくことだって

愛の光を入れるつもりで向かえば

すばらしい祈り

「意乗り」なのです。

 

そこに居合わせることも

身体をもっている以上

とても大切で、すばらしい体験ですが

あれもこれも

いつもいつも現場にいたいというのは

エゴであり、わがままであって

決して「祈り」ではない。

 

昨年倒れてから

私の身体のメンテナンスをしてくださる

何人かの先生方から

私の身体は

もともと弱くできていると

教えていただきました。

 

ひとつは、

もともと生まれる予定ではなかったから

(詳しくは長くなるのでまたの機会に)

もうひとつは

そうでもしないと

あちこち走り回って

本質を、本当の魂のお約束を

見失ってしまうから。

こっちは自分でもよく納得しています。

 

みんな、

それぞれの持ち場があるからね。

 

だから、

ここから

いまから

そして、いつも祈ります。

 

何も感じなくても

何も見えなくても

どうぞ焦らないで

そうなってほしいと願う心で

そして、

あなたがいま

笑顔でいてくれるだけで十分なのです。

 

そこに愛の光が

ポワンと灯る。

 

エネルギーが生まれます。

 

それを

信じてほしいのです。

 

封印が拓かれたいま

その祈りのエネルギーが

これまで以上に大きな役割を果たします。

 

そんな時代の幕開けを

あなたとご一緒に楽しんでいけること

心から幸せに感じています。

 

さ、メルマガ書きます。

お役に立つ発信ができますように。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆最新刊『聖なる約束3 黙示を観る旅』

(赤塚高仁・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま好評予約受付中!!

 

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆10月29日(土)京都・MUMOKUTEKIホール

『聖なる約束3 黙示を観る旅』

出帆記念講演会開催します♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

さてさて、昨日に続いて

今日は舩井フォーラム

ライブ以外のときの様子をお伝え……

する前にいくつか別のお知らせを♪

 

その1.

本日より、「舩井幸雄.com」にて
連載をさせていただくことになりました
〜。

毎月20日、舩井勝仁さんの動向を
めちゃくちゃ偏った視点から
楽しくお知らせしちゃいます。
ぜひ、読んでみてくださいませ〜き

http://www.funaiyukio.com/f_doco/

 

その2.

10月29日(土)15:00〜

(開場14:00・サインしていただけます)

京都MUMOKUTEKIホールにて開催の

『聖なる約束3 黙示を観る旅』出版記念講演会

ご要望があったので

私は司会だけのつもりだったのですが

舩井フォーラムの最後にさせていただいた朗読を

させていただこうかなと思っています。

ぜひ、ご参加くださいませ。

詳細・お申込みはこちら ↓

http://kilei.net/event/2016-10-29/

 

では、舩井フォーラムの様子をズラリと♪

 

前日、搬入作業をしていたら

ナント中矢伸一先生が
わざわざブースまでお運びくださいました。

 

中矢先生の大大大ファンのロバくん、

中矢先生のあまりのカッコよさに

本を並べる手が

完全に止まってしまっていました(笑)。

 

でね。

 

中矢先生はもう

基本、外部でのご講演はされないと

公言していらっしゃるのですが

出版記念であればということで

本当に特別になのですが

ご講演をしてくださることになりそうです!

都内でやります。

日程が決まり次第お知らせしますので、

お楽しみになさってくださいね!

 

では、写真の続き。

名物ダブルロバ

(船井本社家田さんと

 きれい・ねっとスタッフ中山くん)と

大好きなクリスタルボウルの和泉貴子さん

 

 

そういえば、ライブ会場だけど

右脳を開いてくださる

山岡尚樹さんとも会えました。

ご飯食べに行く約束

そろそろ実行しましょうね〜♪

 

 

ライブ会場といえば

準備中に声かけてくれた

てるちゃん、あきこさん、もう一人の尚子ちゃん

 

 

それから、天眞如教苑、畑田天眞如さま

保江邦夫先生のご著書でも紹介されている

まさに聖(ひじり)のお方です。

何度もお見えくださり、

もったいないことでした。

私のような小さな者にも

「学ばせてください」と頭を下げられるお姿には

涙が出そうになりました。

 

 

大好きなにんげんクラブの仲間、

小杉さん、川上真司さん

(真司さん、お誕生日おめでとうございます♪)

 

 

そして、川上由紀さ〜ん

 

 

カレンダー完売しちゃった

アーティストの川上由理子ちゃん

(川上率高し!)

 

 

そして、二日目の朝

『光の国からのメッセージ』の著者

福山から来られた杉原早織さん

バッタリ赤塚さんと出逢ったそうで

二人で登場!

こっちもバッタリ逢った

舩井勝仁さんと

最終4人でバッタリ

来月11月は福山で何かが起こりそうな予感(笑)。

 

 

その後すぐに

お見えになった安倍昭恵さんと

はせくらみゆきさん

そして、大ホールでご講演の

旺季志ずかさんもご一緒に

しばし楽しくおしゃべり。

 

 

嬉しかったのは昭恵さんが

赤塚さんと勝仁さんと三人でプレゼントした

うさとをお召しになって来てくださったこと。

着る方がすばらしいのはもちろん

赤塚さんの奥様

寛子さんのお見立てがよくて

本当にお似合いで、とっても嬉しかった♪

 

その後、ブースに遊びに出かけて

小川雅弘さんや舟越さん!

それから大好きな楽しいみんなと

 

 

みんな「あほ」なので

遊ぶあそぶ

 

 

で、前にあげたけどもう一回

ブースの前で記念撮影♪

 

 

この後、ナビゲーターということで

川田薫先生のご紹介を

プログラムの最後には

封印を拓くための朗読を

国立大ホールにてさせていただきました。

 

朗読の言葉は

2日間の会場全体のエネルギーを感じながら

直前に書きあげたものです。

(われながら、よく10分の尺に

 ちゃんとおさまったものだと感心中)

 

また、別の機会に

書いてみようと思いますが

聖書の創世記の言葉たちは

陰謀とか歴史とか、そういうのを取り払って

魂を澄ませると

やまとの神話と同じこと

御魂が分かたれた瞬間が

あらわされていることが感じられます。

 

その言葉たちからはじまり

人、もの、こと、

過去、現在、未来

境界が取り払われていく時空を

皆さまと共有できたこと

とても嬉しく幸せでした。

 

この時の写真は

私は舞台の上だし、撮影禁止なので

プロの方が撮ってくださったものを

またあらためて

ご紹介できるのかなと思います。

 

私って、

写真撮ろうというのを忘れて

つい話しこんじゃうので

今回はよく撮れた(撮ってもらった)

ほうだと思います。

 

そんなわけで

写真の有無はともかく

ご講演の方、お客様、ブースの皆さま

本当にたくさんの方と

お会いすることができました。

 

何度もしつこいですが

ほんっとうにありがとうございました。

 

みんな大好き、心から愛しています♡

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

 

尚子 拝

 

追伸

「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪

****************************************

☆最新刊『聖なる約束3 黙示を観る旅』

(赤塚高仁・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま好評予約受付中!!

 

☆新刊『日月神示的な生き方

     大調和の「ミロクの世」を創る』

(中矢伸一・舩井勝仁 著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

☆10月29日(土)京都・MUMOKUTEKIホール

『聖なる約束3 黙示を観る旅』

出帆記念講演会開催します♪


※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM