わが愛するアホなお兄ちゃんの

 

もとい

愛する日本のために

人生をかけて語り続ける

聖書漫談師 赤塚高仁の

 

新刊

『お父さん、日本のことを教えて!』

(自由国民社)

 

 

本日正午現在

Amazon売れ筋ランキング

総合 第24位

古代日本史ジャンル 第1位!!!!!

 

 

ご予約くださった皆さま

本当にありがとうございます♪

 

 

それにしても

 

 

このブログに

まさか

Amazonランキングのことを

嬉々としてつづる日が来るなんて

思いもしませんでした。

 

 

たしかに

いまの出版業界の問題点は

挙げはじめたらキリがなく

 

そのことを

たとえば赤塚さんだって

よく知ってはいるのですよ。

 

 

いや

 

ひょっとすると

本当に実際に身を投じてみて

いままさに

感じていらっしゃることも

多くあるかもしれません。

 

 

じゃあ

 

目的のためには

ある程度の犠牲はやむなし

 

ということなのかというと

 

 

それもちょっと違うと

最近は思うのです。

 

 

まあ

 

誰とは言いませんが

 

きれい・ねっとから

何冊も本を出されている

Kさまにしたって

 

Amazonの順位

実に楽しそうに

ブログに載せまくってましたからね(笑)。

 

 

でも考えてみたら

大切に書いたご本

たくさんの方に届くんだから

嬉しいに決まっているんです。

 

 

それに

ちょっと余談になりますが

 

もちろん

本当に大切なことが

書かれているからではありますが

 

ご本のことを

本当に愛してくださっていて

折に触れて

その時々に必要なことを引用する形で

ブログでご紹介し続けてくださっています。

 

これは

編集者として

本当に嬉しく幸せなことです。

 

Kさま、ありがとうございます♡

 

 

話を戻して

 

どんなことでも

子どものような心で

楽しく遊んでしまうこと。

 

それはふざけているとか

そういうことじゃないんです。

 

 

言うなれば

どんなものでも

良き側面をとらえ活用すること

 

しかも

「ねばならない」ではなく

 

あるがままの状態で、です。

 

 

その本質というのは

 

 

いまここに存在するすべてを

良きものに変容させることができる

 

 

この星の生命の中で

わたしたち人だけに与えられた

大いなる「力」

ある意味「魔法」なのです。

 

 

もちろん

今後こんな

作為のある順位付けであったり

出版業界の悪癖としかいいようのない

仕組みについては

 

続くべきではないというか

 

たぶんもう

限界なのは自明であり

 

 

また

 

続いていようがいまいが

 

それとは関係なく

 

すばらしいご本たちは

必然性をもって

世に出され続けていくに違いなく

 

 

きれい・ねっとは

 

そこから

ポーンとはなれたところで

 

愛をもってご本を創り

皆さまにお届けしていきます。

 

 

でも

それにしたって

きれい・ねっとにも

不足はまだまだあって

何より

 

新しい時代に必要な

愛による真実の言葉たちが

そのまま紙にうつしとられたご本たちを

 

もっと

しっかりと創っていける

 

そして

きっと

まだまだたくさんいらっしゃる

 

きれい・ねっとを知らない

 

そんなご本との出逢いを

待ち望んでいる皆さまに

ちゃんと見つけていただける

 

そんな

きれい・ねっとを創っていきたい。

 

 

もちろん

「ねばならない」ではなく

 

あるがままの状態で、ね。

 

 

今回の赤塚さんのご本の

キャンペーンの応援をしながら

 

実は

 

そう

意を強くしている

 

わたしだったりするのでした。

 

 

 

さ、お仕事に戻ります。

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪


 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

 

 

16:11
アホな兄妹 naoblog.kilei.net/?eid=954 #jugem_blog

朝、事務所に着いて

 

 

うぉっしゃー!

今日もお仕事がんばったるでえ〜

 

(……こんなテンションに

 なったことはないけどね、笑)

 

 

と意気込んでいたら

スマホがピロリン

 

 

「なおこりん

 ランチしよ、姫路で」

 

 

ん?

 

 

ランチ?

 

 

ってか姫路にいるの?

 

 

なに? どゆこと?

 

 

というわけで

 

 

AKDNの長兄

赤塚高仁さんとランチしました。

 

 

姫路城をちょっと眺めたりしつつ

美味しい中華のお店までドライブ♪

 

 

アホなお兄ちゃんと妹ですから

あいかわらず

アホな話ばっかりするんですが

 

 

外側の景色が

大きく変わる時

内側に変わらない静けさが

(イコール、アホさ)

あるかないかが

はっきりあらわれてくるんだなあと

しみじみ思いました。

 

 

 

で、なにを

頼まれたわけでもないのですが

 

(まあ、そりゃ頼まんよね、笑)

 

 

 

そんな愛するお兄ちゃんが

人生のすべてをかけて

 

新しいご本を世に出されます。

 

赤塚高仁さんの待望の新刊

『お父さん、日本のことを教えて!』

(自由国民社)

が、いよいよ8月21日

全国書店にて販売開始になります。

 

 

そして、それに先駆けて

明日8月1日〜3日の3日間

本書をAmazonで予約くださると

特典がいただけるキャンペーンがあります。

(ものすごく豪華な動画プレゼントなのです)

 

詳しくはこちら ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/kokushi-c

 

 

赤塚さんがブログにも書かれているとおり

この3日間の

Amazonでのご予約の数によって

 

書店の引受け部数が変わってくるそうです。

 

 

この仕組み

出版業界についての色々は

ちょっといまは置いておいて

 

 

っていうかね

 

内容は絶対すばらしい

 

それが

たくさん刷られるわけだから

とにかく何が何でも

必要な方のところに

届いてほしいのです。

 


これまでお兄ちゃんが

わたしたちに伝えてくれてきた

大切なことを

より広くより多くの皆さまに

知っていただくために

 

お兄ちゃんが

人生のすべてをかけていること

その一点において

 

とにかく多くの皆さまのところに

このご本が届きますように

 

きれい・ねっと読者の皆さまにも

お読みいただけますようにと

心からお願いする次第です。

 

 

あ、今から予約しちゃだめよ!

 

明日ね、明日

忘れずにご予約くださいますよう

どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

11:34
焦らない焦らない naoblog.kilei.net/?eid=952 #jugem_blog

ものごとの実現する

スピードが速くなっている

 

 

という話がよくされますが

 

 

それは

 

それぞれにとって

必要な手順を経て

 

 

なのですよね。

 

 

きれい・ねっとを始めてから

 

 

ここまで

「打って出ない」期間が長いのは

 

たぶん初めてのこと。

 

 

痛いイタイだったのだから仕方ない

なんていうことは

実はまったくないのです。

 

だって

急性の貧血で

階段2段登ったら

もうしゃがみこむくらいの時でも

それが極限までひどくなって

死にかけた時でも

新刊出してきたんだもん。

 

 

あ、それから

コロナのことも

ある意味関係ないです。

 

 

ていうか

スピリチュアル系の(つもりはないが)

発信をしている人なり会社なりの

普通のセオリーでいけば

みんなが不安になっている

こんな時にこそ

外に向かって動くものなのですよ。

 

 

 

じゃあ、なんでかというと

 

これが

ものすごい必要な時間、期間だから


 

何するために必要かというと

 

 

内側に向かうため

 

 

その一言に尽きます。

 

 

 

たとえば

 

 

滝沢泰平さんの新刊の編集

今年初旬に進めていたものについては

全捨てして

(もったいないところもあるので

 それは何かのかたちで

 ご覧いただけるようにしますね)

編集のやり直しをしています。

 

 

なんていうのか

 

 

当時と比べると

個人というよりも

この星が未来へと進んでいく

スピードが速くなっているので

 

 

これまでのような内容では

出せなくなっちゃった

ということなのかなと思うのです。

 

 

 

ほいで

(ほいで……って、オイ)

 

 

これはたぶん

どの分野においても進んでいく

 

価値観におけるパラダイムシフト

なんじゃないかなと

 

 

 

へ?

 

なにそれ?

 

ですよね。

 

 

これまでの

 

えーっと具体的には

今年の3月くらいまでの

 

仕組みが

全部通用しなくなる感じ、かな。

 

 

で、その後の仕組みを

いま創っていこうとしていて

 

 

そのために

まず最初にしないといけないのが

それを創る軸となる価値観を

はっきりさせることなんですね。

 

 

つまり

なにがどうあれば

わたしたちは幸せなのか

なにがどうなれば

この星は

良き未来に向かっていけるのか

 

個人レベルでも

地球レベルでも

 

そういうものを

模索というよりは

 

新たに

策定していく時なんだろうと

 

 

 

で、そういうのって

すごい長い時間をかけて

 

しかも集合無意識的に

やっていく

 

というか

できていく話だった

 

のだけれど

 

 

それが

ものすごいスピードで進んでいるのですよ。

 

しかも

内側に向かうことによって

意識的に、です

 

 

えーっと

 

きれい・ねっとが

これから創っていくものは

 

その助けになっていくものになると

 

そう思う、というか

そう意図しているんです。

 

 

で、どなたにとっても

 

これまで

 

これまでの延長上の

仕事とかスケジュールから

いったん分断された時間が

 

 

で、いまはギリギリかな

 

その時間で

完全にポーンと

 

そんな価値観のパラダイムシフトが起こって

 

 

これは見た目では

まだわからないのだけれど

 

でも

たぶん

意識はできるはずで

 

というか

意識できないなら

それは

意識しないということを

意識をしているということで

 

それはそれでよい

(禅問答)

 

 

 

おそらく

9月くらいになると

 

なんだろう

構造とか

やってること言ってることに

兆しのようなものが

見えてきているんじゃないかと思います。

 

 

必要なことは

すべて起こってくるから

 

 

焦らない焦らない

 

怖がらない不安にならない

 

 

でも

注意深くはあったほうがいい

 

 

何にかというと

 

この時間を

心から楽しめばいいんだけど

 

その根っこが

焦りとか不安とかからじゃないか

 

いや

もっと単純に

それほんとに楽しいのか

 

 

 

だから結局

内側に向かっていって

 

その表れとして

外側があるという

 

その状態になることなんですね。

 

 

 

 

……何言ってるか

分かんないですが

 

30分たっちゃったので

タイムアップですね。

 

 

お仕事に戻ります。

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます。

 

 

感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Recommend

電子書籍 kindle

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM