前回のブログで
イタイイタイと連呼した
親知らず抜歯騒動
早いもので3週間以上もたってしまいました。

 

数日で落ち着くと思ったら
そんなに甘くはなくてですね。

 


10日後くらいに
上京する予定だったのですが


腫れがおさまらないどころか
抜いた親知らずの傷口が
ぱっくり開いて
中の組織や骨があらわになるという
非常事態に陥ってしまい
(ドライソケットというそうで
 空気が触れても激痛が走ります)

 

さらに追い打ちをかけるように

 

これまで
なんとなーく感じていた
かみ合わせの悪さによる顎関節症が
どーんと表面化してしまい

 

何日たっても
口が指一本分くらいしか開かないという
恐ろしい事態にも見舞われて

 

あまりの痛さと
物理的に食べられない状況に
上京をあきらめざるを得ないという
もう本当にほんとうに
辛い日々を過ごしておりました(涙)。

 

 

それにしても
ずーっと痛い状態では
(痛み止めなど焼け石に水でした)
気の利いた文章なんて
書けるもんではないですね。

 

他にできることもないので
パソコンを前にしては
編集しようとするのですが
もう、てんでダメでした。

 

 

そういうわけで
しょうがなかったとはいえ
ドタキャンしてしまったり
編集等お待たせしてしまったりした
関係者皆さまにおかれましては
本当に申し訳なく
心よりお詫び申し上げます。

 

ほんとにごめんなさい。

 

 

とまあ、そんな状態ではあったのですが
人間って
待ってればすこーしずつ回復するもので

 

まだ親知らずのあったところの空間が
ぶよぶよとしているために
片側で噛みがちなこともあり

おそろしく首と肩のこりが激しかったり
時折ズキューンとこめかみ痛がきたり
顎の違和感が気持ち悪かったり
(このあたりはきちんと調べて
 対処をしていきたい)
といったことはあるものの

 

こうして文章をつくることはできるようになり

 

ようやく昨日
すごく久しぶりに
打ち合わせのために
神戸までお出かけすることもできました。

 

 

今週からは
ブログも復活

 

遅れに遅れてしまっている
たくさんのお仕事も
サクサク進めていきたいと思います。

 

 

来年早い時期に
ご本を創れたら嬉しいなと思っている
とある先生から

 

「歯をととのえる時
 無意識下で人は人生の土台をととのえています。
 普通なら見えない組織までも
 見えてしまったということは
 尚子さんはいま
 人生の土台を根本から見直し
 ととのえているということですね」
と教えていただきました。

 

 

そういわれてみれば
七転八倒しながらも
事務所の環境(特に水と電気)を整えたり
きれい・ねっとのコンセプトや
今後の方針を考え抜いたり
という時間を過ごして

 

それがすっきり
一本の道筋になったなあと
いまはそんな状態です。

 

 

皆さまにそれを
実際に感じていただけるのは

その根本、根っこから
芽が出て育って
花開いてくる段階になってからですが

 

この根っこが
わたしという魂の願いに
純度高く沿うものであり

宇宙と深く広やかに
つながったものであればあるほど

美しいかたちになるに違いないと思います。


ここから
グングン育てていきますので
どうぞお楽しみになさっていてくださいね♡

 

 

というわけで

なにはともあれ

 


さ、お仕事に戻ります。

 


今日もお読みくださり
心よりありがとうございます♪

愛と感謝をこめて。
山内 尚子 拝


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Recommend

電子書籍 kindle

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM