何ごともなければ

 

いや、予定通りに進めていたら

 

今日は「きれい・ねっと感謝祭2020」を

開催していたはずでした。

 

 

しかし

これでよかったんだなあと

しみじみ思う理由が

激烈にショボくてですね。

 

 

数日前

ほんとにほんとに

ちょっとだけ後ろ向きに

立ち上がろうとした瞬間

 

ぐにっ

 

というイヤーな感覚が

腰に走りまして

 

 

ええ、もう

 

 

痛いなんてもんではございません。

 

 

幸いギックリ腰ではなかったようで

なんとか歩くことはできたので

腕利きの先生のところに駆け込み

 

痛みはあるものの

ゆーっくり動く分には問題ない

くらいのところまでにはなったのですが

 

 

とにかく数日は安静に過ごしてくださいと

 

 

あーーーー、ほんとによかった。

 

 

 

……それはともかく

 

 

 

最近、瞑想時間を

いつも以上に大切にしているのですけれど

 

 

今朝ふわっと降りてきたのは

 

 

「問題は知った後」

 

 

というフレーズでした。

 

 

赤塚高仁さんがよくおっしゃる

 

「知ることは愛のはじまり」

 

というのは

まさにそのとおりなのです。

 

 

はじまり、なのです。

 

 

そのあとどうするかが

問題なのですね。

 

 

いまは

完全に情報過多の状態が続いていて

 

知ることが

何の解決にも結びついていない

 

求めれば求めるほど

より混乱し、より不安になり

 

まず、これは

そもそも「知る」ということの

定義が間違っている

 

という問題もあるかもしれません。

 

 

……いかん

 

掘っていったら

大変なことになりそうですね。

 

 

内側との対話を

ずっとされている方には

分かるかなあと思うのですが

 

何度も問いを投げかけていると

あるとき

その問いに応じた真理、神理が

ぶわっと塊みたいに

やってくる……ように思うのですけれど

 

それ、言語化を試みると

一冊どころじゃ終わらないし

終えたところで

そのものにはなりえないんですよね。

 

 

感謝祭を大がかりにはじめるとき

 

「うずのはじまり」というテーマを掲げました。

 

「うず」には

中心が必要なのですよね。

 

 

それがないと

うずにはならないし

響きあったりもしない。

 

それはただの混沌でしかない。

 

 

その中心を外に求めず

(中空構造にも通じるのかな)

それぞれの内に創ることができていれば

 

状況に左右されることなく

幸せに生きることはできる。

 

 

この状態にあってはじめて

 

きちんと「知る」こと

 

そして

さらに高度なんだけれども

「伝える」ことが

 

できるんじゃないかなと思います。

 

 

いや、そう言っちゃうと

すごい人じゃなきゃダメなのかなと

思うかもしれませんが

 

 

まずその

「すごい人」ってなんだよ、ということです。

 

 

……ああ、腰がちょっと

辛くなってきましたので

タイムアップです(カッコワル、涙)。

 

 

 

そういうことを

総合的に発信する手段として

 

じっくりの書籍と

さっと手に取れる電子書籍

そして、スピード感のあるメルマガで

 

 

さらには

時が来れば

必ずやリアルの集いでも

 

 

今年の感謝祭、というよりも

これからのきれい・ねっとのテーマ

 

「コトバのチカラ」

 

をあらわしていけたらと

思っています。

 

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます。

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆きれい・ねっと新刊

 

◇『新臨床家のためのホメオパシー マテリアメディカ』
  上下巻セット50,000円  森井 啓二(編著)
https://kilei.ocnk.net/product/413
(きれい・ねっとショップ特別価格)

 

 

◇『神理の扉 聖なる変容と霊性進化の道』
  1,760円 光田 秀・森井 啓二(共著)
https://kilei.ocnk.net/product/414

 

 

・自分の宇宙で豊かに生きる

  遊んで笑って運は自分で開くもの

       (みやがわ みちこ)

 

・聖なる約束 日本よ永遠なれ

           (赤塚 高仁)

 

『はじまりの時

   光を観じ愛に生きる時代へ』

      (長典男・長谷川章子)

 

・光の魂たち 植物編

   人の霊性進化を見守る植物たち

             (森井啓二)

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
               https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM