フェイスブックって

何年か前のその日の自分の投稿を

お知らせしてくれる機能があるのですけれど

 

昨日、その機能で出てきたのが

4年前の出来事でした。

 

その日の私は

東京から帰る新幹線に乗るのに

いつもなら徒歩5分で行ける距離を

40分もかかって

冷や汗をかきながら

なんとか乗りこんでいます。

 

その後、予約した席まで歩けずに

車掌さんに

近くの席に予約を変更してもらい

荷物を運んでもらって

なんとか姫路まで帰ったというね。

 

 

これ、死にかける

ちょうど1年前の話です。

 

この時点ですでに

私のヘモグロビン値は6をきっていました。

(普通なら輸血しないといけないレベル)

 

 

われながら

よく普通に生活していたもんだ。

 

 

で、その1年後

 

 

救急搬送されたものの

不正出血が止まらず

私のヘモグロビン値はついに2をきりました。

(心停止しないのが不思議なレベル)

 

 

えーっと

 

 

家族も聞いていたし

よくなってから先生にも確認したので

聞き間違いではありません(笑)。

 

看護師さんには

「こんな数値は初めて見ました」

と言われました。

 

 

結局、観念して

輸血をしてもらうわけですが

その輸血のやり方は

半端なものではありませんでした。

 

出血の原因となっている

子宮筋腫を取り出す手術をするためには

ある程度のヘモグロビン値が必要なので

(そういう決まりがあるようでした。

 少なくともここ数年の平均値よりは

 高いヘモグロビン値が必要だったはず)

 

出血と輸血の追いかけっこということになり

すごく細い血管に

(まあ、細いんじゃ入らないので

 結局そけい部に穴をあける軽い手術をして)

すごく大量の輸血(4リットル超)を

すごいペースでしないといけないわけですね。

 

 

当然、

急激に

自分以外のものが身体の中に入ってくること

血液が濃くなってしまうことなどによる

副作用やショック状態のようなものが

心配されるのですが

 

その時には覚悟も決まり

心がとても静かだったせいもあるのか

そういったことは

まったくありませんでした。

 

ほんとうに

ありがたいとしか言いようのない

時間だったと思います。

 

 

念のため

この経験は

その時々に最善だと思う対策をしても

起こってしまったことであり

あの時の私にとっては

どうしても必要なことだったのですが

 

だからといって

決して褒められたことだとは

思っていません。

 

それから当たり前ですが

病気自慢したいわけでもありません。

 

あ、これは

きしおくんのことも

神戸の震災での経験も同じですね。

 

様々な経験の中で感じたことを

お役に立つかなと

そんなふうに思ったら

時に応じてお話をさせていただくのです。

 

そもそも

私は何かの専門家ではないので

いつも同じことを

お話しするということはありません。

 

自分の持っている引き出しの中から

その場に必要だと思うことを

お話ししています。

 

場によっては

同じ話題のはずなのに

まったく反対(に聞こえる)のことを

お話しする可能性もあり

時には口調が違っている場合もあります。

 

……あれ?

 

話題があちこち

とびまわってしまいましたね。

 

話を戻して

あれから3年。

 

 

まあ、輸血も手術も

対症療法なので

その後は自然なアプローチをかさね

(ひまし油湿布は超おすすめ)

 

(みうらクリニックで販売されている温パッド

 肩にあてるとホッとします♪)

 

すぐに元気いっぱいとはいきませんし

行きつ戻りつしながらですが

 

それにしたって

「信じられない!!」と

色んな人に言っていただけるような

快復っぷりで

 

ありがたいことに

できやすいと言われていた

子宮筋腫は一度もあらわれることなく

 

今日まで過ごしてこられています。

 

 

で、何が言いたかったのかというと

 

不幸自慢をする気はないんです。

 

ただ、講演会などでは

そんなふうには

まったく見えないだろうと思うのですが

 

ほんとに休み休み

子育てもしながらのお仕事で

 

たとえばメルマガや通信などが

なかなか出せなかったり

お約束の時に

書籍の発刊が間に合わなかったり

ご連絡が滞って

ご迷惑をおかけしたりといったことが

まだまだ

あったりはするのです。

 

ムリはしないで

とにかく

自分なりの優先順位を持ちながら

元気でいられる範囲を保ちながら

コツコツと

ご本を創らせていただいたり

お話しさせていただいたりしています。

 

 

そのようなわけで

けっこうパツパツで

日々を過ごしているため

他意なく失礼を働いているかもしれません。

 

その場合は本当にごめんなさい。

 

でも、それと同時に

そこには

本当にまったく悪意はないのです。

 

なんかこう

本を創っているとかいうと

「しっかり者」に違いないという

誤解が生まれるんですよね。

 

でも、言ってもらえないと

気づかない可能性もありますので

(つまり、実はぼーっとしている)

そんな時には

決して見捨てることなく

 

いや、せめて見捨てる前に

なんとか一度くらいは

 

お知らせくださいましたら幸いです。

 

ご希望通りかどうかは

分かりませんが

それでも

全力で

なにがしかのお返事はしますので

 

ぜひご遠慮なく、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

……って、別に

どこからそんな話が来たわけでも

ないんやけどね。

 

 

なんか

話が

変な方向に行ってしまったなあ。

 

 

まあそんな日もあるよね。

 

というわけで

お仕事に戻ります♪

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

・なおちゃん流・超進化論講座 第2期

大阪・東京各4回 5月より第一日曜開催

総勢8名超の豪華ゲストを迎えて

パワーアップした講座です!

・東京会場・第3回(2018.10.07)

  講師:丸山クリニック院長 丸山修寛

・大阪会場・第4回(2018.11.04)

  講師:ミラクルアーティスト はせくらみゆき

 

2018年10月21日(日)

なおちゃん流・超進化論講座 出張編第3弾

 神戸六甲・健康道場サラ・シャンティ

http://kilei.net/event/2018-10-21/

 

☆きれい・ねっと新刊

・『トヨタの脳の使い方

   世界で結果を出せる日本精神の秘密』

             (篠浦伸禎)

http://kilei.ocnk.net/product/355

 

『当たり前にありがとう

  心をみがき幸せに生きる70のメッセージ』

             (武田数宏)

http://kilei.ocnk.net/product/354

 

『天皇の国師 賢者三上照夫と日本の使命』

             (宮貞行)
   http://kilei.ocnk.net/product/353

 

『聖なる約束5 ホロコースト生存者短編集

      SCORCHED ―焦がされた世代―』

 (イリット・アミエル著

  監修・解説:赤塚高仁・舩井勝仁)

 

・光の魂たち 動物編 人の霊性進化を助ける動物たち

           (森井啓二著)

・イヤーコーニング ゆらぐ炎の傍らで

           (近藤真澄著)

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
  https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

この記事のトラックバックURL : http://naoblog.kilei.net/trackback/688

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM