東京に行っている間も

最終校正のやりとりをして

 

お休みの日にスタッフさん出てきてくれて

印刷・製本

カバーもキラキラ美しく

無事に仕上がり……

 

 

なんとか

明日の講演会に間に合いました〜。

 

よかった〜♪

 

明日1月16日は平日ですが

月のテンポ「116」のエネルギーが

強く発動する日なんだそうです。

 

新月前夜でもあるしね。

 

片岡航也さんからのご講演は

その日だからこそ

聞くことのできるお話が満載だと思うし

 

あと、後半の私とのトークセッションも

なかなか聞くことのできない

裏話がたくさんできるんじゃないかなと

私自身とても楽しみにしています。

 

今からでも大丈夫

ぜひぜひお運びくださいませ。

 

片岡航也出版記念講演会in東京

トータルヘルスデザイン東京元気アップショップ

13:00〜16:00

「お月さまからのメッセージ

 〜いま伝えたい魂を輝かせる月のテンポの秘密〜」

http://seminar.thd-web.jp/e24079.html

 

 

で、ここからがタイトルのお話。

 

超進化論講座を

楽しみに受講してくださっているMさんが

 

なおちゃんがしてくれる

たつきさんのお話は

(たとえば難関進学校に行ってるとか

 小さい頃天国のお父さんとしゃべってたとか

 その他いろいろ)

普通なら

ただの自慢に聴こえてもおかしくないのに

まったくそう聞こえないから

とっても不思議。

 

と、おっしゃってくださったんですね。

 

 

これね、理由は簡単で

 

ほんっとに自慢じゃないから

(自慢することが目的じゃないから)

自慢に聴こえないんだと思います。

 

たつきさんのあれこれから

心からみんなに

シェアしたいと感じる学びがあるから

だからシェアしてる。

 

あと、ここ大切だと思うんだけれど

 

そもそも

たつきさんは

私の成果物じゃないからね。

 

多くのご縁の中でも

深いつながりと約束によって

私がちょいと先に生まれて

そして、衣食住的な部分においては

お預かりしている尊いいのちです。

 

子育てしている間

何かの度に

たつきのためと言いながら

私の願望の投影に

私の都合の押しつけに

なっていないだろうかと

自問自答を繰り返してきました。


分からなくなったら

たつきを観察し

場合によっては話し合って

一緒に決めてきました。

 

ごめんねと

謝ったことも何度もあります。

 

そうして

もう、成長して

お預かりしている時間も終了間近

 

でも、いま思えば

っていうか現在進行形で

その拘束されていると感じる時間の中で

一番学ばせてもらっているのは

私のほうだとつくづく感じます。

 

 

……いかんっ

 

 

しんみりしすぎたっ!

 

 

それからね。

 

これは、そうおっしゃってくださる

Mさんが

自慢だと受け取らずに

お聞きくださる素直なお心を

持ち合わせていらっしゃるから

だとも言えます。

 

私がどう思っていても

自慢だと受け取る人は

そのように受け取るもの。

 

まあ、逆に言うと

もし、自慢だったとしても

自慢だと受け取らずに

一緒に心から喜んでしまえば

いいかもしれないね。

 

 

あと、可愛いエピソードがあって

たつきさんが進学校に合格した時

 

みけちゃんが

おばあちゃん的には

嬉しくてうれしくて

でも、町内とかでは自慢できない。

 

でもでも

ちょっと遠くに行くと

その高校をみんな知らない。

 

だから、地元の行きつけの

喫茶店の奥さんに

(もう娘さんたちは大人)

 

「一回だけやから、自慢させて!

 うちの孫、○○高校に合格したんやで!

 ほんまによく頑張ったんやで〜」

 

って、言った時

 

もうね。

みんな喜んで

ニコニコ祝福してくれてた。

 

だからね。

 

自慢したい心って

絶対悪じゃないと思うのです。

 

大切なのはやっぱり、

授受両方の心が

健やかで清らかで

表裏がないことなんだろうなあ。

 

 

もうひとつ

 

自慢といえば

不幸自慢というのがありますよね。

 

そこから

どう乗り切ったかの

波乱万丈成功自慢というのもある。

 

 

だけど

これも結局構造は同じで

実話だからこそ伝わる

実話じゃないと伝わらないことも

大いにあると思う。

 

 

もちろん自慢したいだけの人も

いらっしゃるかもしれないけれどね。

 

まあ、それもいいやん(笑)。

 

 

最近、講演させていただいていて

しみじみ感じるのは

10年くらい前は

まだ乗り越えきれてなかったなあということ。

 

だから

自慢……というのとは違うかもしれないけど

私が話したいことを話す

聞いてほしい!っていうのが

主体だったと思うんですね。

 

でも、いま話している内容は

そういう聞いてほしいでもなく

こういうこと言ったら

営業的に効果があるというのでもなく

 

カッコつけて言うなら

ただ、聞いてくださる方の

お役に立つように

 

ぶっちゃけるなら

みんなが喜んでくれると嬉しい

 

ただ、それだけが目的で

私の持っているもの

すべてを総動員して

かつ、知識だけに頼らないで

いいかっこうもしないで

 

それから

聞いてくださるみんなを

心から信頼して

言葉を発している

 

 

明日お持ちする片岡航也さんの本も

いま編集させていただいている

近藤真澄ちゃんの本も

 

真正面から

自分と向き合ってこられた

そのことをまっすぐに

伝えてくださっています。

 

これはね。

 

ちょっとの覚悟でできる話ではない

ほんとにすごいことなのです。

 

 

さあ、

それをどう受け止め

何を感じるのか

 

 

やっぱり

結局は受け取り手である

あなたにかかっているんだと思います。

 

 

さ、明日は早朝からまた東京。

 

お仕事に戻ります☆

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

2018年3月21日(祝)

きれい・ねっと感謝祭2018

     ― 響きあういのち ―

京都KBSホール

すばらしい時空、必ずやご一緒できますように…

http://kilei.net/event/2018-03-21/

 

「なおちゃん流・超進化論講座」

http://kilei.net/event/shinkaron/

東京会場・大阪会場にて開講中

途中から、単発のご参加も大歓迎です♪

 

2018年1月16日(火)

片岡航也出版記念講演会in東京

トータルヘルスデザイン東京元気アップショップ

13:00〜16:00

「お月さまからのメッセージ

 〜いま伝えたい魂を輝かせる月のテンポの秘密〜」

私もすこしお話しさせていただきます♪

http://seminar.thd-web.jp/e24079.html

 

☆きれい・ねっと新刊

現場から始まる医療革命 統合医療の真実

           (篠浦伸禎著)

君が代から神が代へ

     上下巻(森井啓二著)

いざ高次元世界へ−精神文明の夜明けに−

           (周藤丞治著)

『超空海伝 宇宙の真理が変わるとき』

      (川田薫・山内尚子共著)

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
           https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

この記事のトラックバックURL : http://naoblog.kilei.net/trackback/435

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM