以下、先週金曜日に書きかけたブログ

アップできなかったんだけど

がんばって書いたから

今日アップしたいと思います。

 

金曜日の磯さんの講演会のことや

週末の東京出張での出来事は

明日以降書きますね^^

 

******************************

 

今日(8日金曜日)も引き続き

バタバタの事務所です。

 

しかし

いかん!

お昼からお出かけなのです!!

 

大好きな磯正仁さんの講演会なのだ♪

 

今日のツイッターでのご本紹介は21番目

大好きな

SORA・KEIKOさんの

『幸せが追いかけて来る!』でした。

 

とりあえず、3週間続きましたね。

しかし、まだ21冊。

まだまだありますよ、

すごいな、きれい・ねっと。

 

時間を区切って

パッと開いたところから

拾うようにしているのですが

必要な内容が来ますよね。

 

今日の内容 ↓

【21】

潜在意識からの情報を言語化するのは

顕在意識の役割なのですが、

取り違えたり、

自分フィルターで色づけしてしまったり……。

まして、そこに

強い私利私欲や特別意識があったりすると、

低い領域と繋がっているのに、

高い意識と思いこんでしまったりもするから

要注意です。


我ながら、すごいです。

 

もちろん、もっとすごいのは

著者さまです。

 

ほんと、心を静かにして

まだまだ落ち着いて

とらわれずに

広く深い視点でもって

 

何年たっても輝きを失わないご本たちを

丁寧に作り続け

また、大切にご紹介し続けたいと思います。

 

 

で、そんなことを考えていた時に

思い出したお話をひとつ。

 

 

たしか講演会とかでは

話したことがあると思うのだけれど

 

ある時に

すごく有名な

そして、かなりの毒舌家としても知られる

先生のブログに

(念のため、きれい・ねっとからは

 ご本は出されていません)

 

「買った本がタイトルが違うだけで

 前とほとんど同じ内容だった」

 

というクレームめいたコメントがあって

その先生の返信を見た私は

唸ってしまったのです。

 

意訳に意訳を重ねて

私の感じたことも入れた

返信はこのような感じでした。

 

 

そのとおり。

私の言いたいことはずっと同じ。

どんどん変わるようなものは

真実でもなんでもない。

 

私はその真実を多くの人に伝えたい。

命がけで

全世界の人に

 

何十万部売れたって

地球の人口から考えたら

わずか過ぎるくらいだ。

 

しかし、今の出版業界では

数カ月もたてば

どんなにすばらしい本も

店頭から消えてしまう。

 

そして、売れなければ

書店に並ぶことすらなくなってしまう。

 

すると、出版社からは

二度と声がかからなくなってしまう。

 

でも、

私はどうしても伝え続けたいから

売れるように

奇をてらったタイトルを

毎回頭をひねって考えて

出版社を変えてでも

何冊でも出し続けるんだ。


だから、あなたはその一冊で十分

もう買う必要はない。

 

そして

誰もがそのことに気づけば

出版業界だけではなく

いまの社会全体の

こんなおかしな状況も

なくなっていくに違いない。

 

それにしても

 

逆に

あなたが

私が伝えたいと思って書いている真実を

きちんと受け取ってくれたのなら

自己責任で買ったものを

タイトルにだまされて

買ったなんて感じたり

こんなコメントを

わざわざしてくるなんていうことは

ないはずなんだけどね(笑)

 

 

これは

ふだんのその先生のお話から

かなり行間を読んでいるのですが

先生からの返信は

もっと不親切で

言葉づかいも激しくて

かつイヤミ全開だったので

(その人は先生の本読んでるはずだから

 行間読めるはずだもんね)

賛否両論でしたが

 

 

私は

……ああ、すごいなあ

本当にすごい覚悟だなあと思いました。

 

 

同じような内容の本を

タイトルを変えながらドンドン出して

儲け主義だとかなんていう向きもあるし

実際

そういう側面もあるのかもしれません。

 

だけど

その先生のような著者さま

それに

そういう想いで

本の中に真実をちりばめて

気づいてくれますようにと

祈りをもって

本を編まれている編集者さんや

志高い出版社さんも

きっとたくさんなんだろうなあと思うのです。

 

本という表現方法を

愛している人たち。

 

言葉のエネルギーを信じている人たち。

 

 

いまのような状態じゃ

本は本としての本来の役割を果たさず

出版業界は衰退してしまう。

 

これはどの業界にも

もっと言えば

人間社会全体にも

言えることなのでしょう。

 

 

このような事態に際して

私たちはつい

 

 

そんなことは分かってる。

 

 

でも、私なんかじゃ何にもできない。

 

しかも

エゴだっていっぱいあって

感情に左右されることもあって

年がら年中ブレブレだし……。

 


そんなふうに考えてしまいがちです。

 

 

だけど

そのみんなで創っているのが

この、いまの地球であり

宇宙であるということも

紛れもない事実。

 

 

不足のない人なんて

一人もいないんです。

 

 

不足を嘆いて

何もしないでいるのでは

なんのために生きているのか分からない。

 

 

今できることを

いただいている情況と

いただいている身体のすべてを使って

喜んで楽しんで

愛をもってやる。

 

それがいまの微力を

ちょっとでも大きくする

唯一の手段であり

 

いのちを輝かせることであり

魂を磨くことなのだから。

 

 

そしてね。

 

 

考え方が同じ人だって

一人もいないんです。

 

 

自分とは違うやり方で

それをやっている人がいることを

信じられる

 

離れた場所にいる人や

考え方の違う人や

私のことを悪く言う人や

 

一見、真反対に見える中からも

そこにある真実を

その輝きを見出せる自分でありたいと

心から思います。

 

 

あ、仲良くしなければならないって

いうことじゃないよ。

 

そんなのクヨクヨ

気にしてないで

 

そっちはそっちの自由に

任せておいて

(=信頼して)

 

 

本当にすばらしいご本が

必要な時に必要な方のもとへ

届くようになること

 

愛あふれ

みんなの笑顔あふれる

素敵な地球、宇宙を意図して

 

私は私のエネルギー

すべてを注いで

私自身を輝かせ

大好きな皆さまとご一緒に

今日もすばらしいご本創りを

喜んでさせていただきます!

 

ということです♪

 

さ、お仕事に戻ります。

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

2018年3月21日(祝)

きれい・ねっと感謝祭2018

   ― 響きあういのち ―

京都KBSホール

すばらしい時空、必ずやご一緒できますように…

http://kilei.net/event/2018-03-21/

 

「なおちゃん流・超進化論講座」

http://kilei.net/event/shinkaron/

東京会場・大阪会場にて開講中

途中から、単発のご参加も大歓迎です♪

 

2018年1月6日(土)

篠浦伸禎出版記念講演会in姫路

脳外科医として第一線でご活躍だからこそ分かる

統合医療のお話、とても楽しみです!

きれい・ねっとの地元、姫路での開催ですので

私もお話しさせていただきます♪

http://kilei.net/event/2018-01-06/

 

☆きれい・ねっと新刊

・☆予約受付中☆

 現場から始まる医療革命 統合医療の真実

           (篠浦伸禎著)

君が代から神が代へ

     上下巻(森井啓二著)

いざ高次元世界へ−精神文明の夜明けに−

           (周藤丞治著)

『超空海伝 宇宙の真理が変わるとき』

      (川田薫・山内尚子共著)

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
          https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

この記事のトラックバックURL : http://naoblog.kilei.net/trackback/421

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM