朝事務所に入ろうとしたところで

 

あ。

 

 

分かりますか?

写真の真ん中あたり。

 

 

可愛い……。

 

さて。

 

手帳を見ると

スケジュールがですね。

 

ゆったりしているはずが

まったくしていないことに

気づきました。

 

明日は高知だし。

 

でも、

倒れた時のような

焦りみたいなものはなくて

心はゆったりしています。

 

まとまったお休みはなくても

 

朝、東の窓を開けて

ストレッチ

それから太陽礼拝をして

 

食事は腹八分目を心がけ

 

夜はお風呂につかって

身体をいたわる。

 

大切なのは

そんな日常を

丁寧に扱うことなんだろうなと感じます。

 

それでね。

 

ここ数日

同じ日のお誘いがくるということが

何件か連続であったのです。

 

あれって不思議で

えてして

後からのお誘いのほうが

とっても魅力的に感じられたりする。

 

原稿もイベントも

先着順と決めてから

迷いはほとんどなくなったのだけれど。

 

この時にコツがあってね。

 

頼まれごとは

「はいかイエスしかない」というのは

頼まれたその事柄に対してではなくて

私の魂に対してだということを

しっかり心に留めておくということ。

 

私の魂が

誘われたり頼まれたりしたことは

好き嫌いとか感情抜きで

すべてに対して先着順で

「はいかイエス」だと

決めているならそれでいいけど

 

そうじゃなくて

その物事とか人に軸を置いていると

比べちゃうし

揺れちゃうわけです。

 

私の場合は

イベント等のお誘いがきたら

手帳を見て

もし空いていたとしても

そこで決めないで

ゆーっくり

自分の中の奥の方に尋ねてみて

決めるようにしています。

 

そうすれば

次のお誘いがどんなに魅力的でも

迷いが生じることはない。

 

もちろん

軌道修正等が必要な時には

臨機応変に柔軟にということも

忘れないことが大切だけれどね。

 

でも、たとえば

頼んできてくれたり

誘ってきてくれたりした人が
存外ヘンテコリンだったり

自分の意に沿わないことがあったりしても

自分の魂が決めたわけだから

どこを責めるのも

おかしいとなるわけです。

 

お買い物でもなんでもそう。

 

あ、明日は七夕だけど

短冊に書く

お願いごとにしたってそうなんだよね。

 

いまは選択肢が多いから

そのあたり

クリアにしておいたほうがいいよねと

なんだか思ったので

シェアしてみました♪

 

今日もお読みくださって

ありがとうございます。

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

****************************************

☆きれい・ねっと最新刊

 

『超空海伝 宇宙の真理が変わるとき』

      (川田薫・山内尚子共著)

『聖なる約束4 ヤマト人への福音 教育勅語という祈り』

           (赤塚高仁著)

『Dr.三浦直樹 新次元の「ガンの学校」』

           (三浦直樹著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
  http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://naoblog.kilei.net/trackback/299

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM