****************************************

一人ひとりのいのちの輝きがつながりあって

今ここに、大きなうずがはじまる……

 

きれい・ねっと感謝祭2017

〜うずのはじまり〜

2017年5月28日(日)

10:00〜18:30(開場9:30)

京都KBSホール ぜひ、ご一緒くださ〜い♪

 

詳細・お申込みはこちらから ↓

http://kilei.net/event/2017-05-28/

****************************************

 

いまってね。

 

想いを表現しにくい

時代になっていると思うんですね。

 

政治的であったり

軍事的であったりの

いろいろがきな臭い

という話がよくされます。

 

それについても

ちゃんとアンテナ張っておかなくちゃと

思ってはいるのですが

 

それよりも

言論が武器になりつつある

一部では

なってしまっていると

言わざるをえないことのほうが

ずっと恐ろしいように感じます。

 

で、こう書くと

政府が言論介入してるとか

そういうことかと思う

向きもあるかもしれませんが

 

私はむしろ

インターネットなどで行われる

匿名の人たちの

心なく、おそらくは目的もない

だからこそ、とてつもなく鋭利な

言葉たちが

もっとも恐ろしいと感じているのです。

 

そして、もっと言えば

それに、ともすれば「反応する」

あるいはもうちょっと過激に

「正しい」ということを盾に

「反撃する」ということでもって

加勢してしまう

言葉もまた恐ろしいものです。

 

それはもう

議論ではなくて攻撃であり

インターネットであれば

その言葉たちに触れる

すべての人を巻き込んだ戦いであり

それが24時間現在進行形で

どんどん行われているのですから。

 

で。

 

じゃあ、巻き込まれるのが

怖いからといって

表現しないというのは

それはちょっと、というか

大いに違うと思うのです。

 

「戦争反対」と戦ってしまった人たちと

怖いから黙って様子を見ていた人たちが

たくさんたくさんいて

 

たぶんそうやって

本当の戦争は始まったのだと思うから。

 

私はね。

 

やっぱり愛のある言葉を使って

 

愛のある真実を伝えていきたい。

 

相手に求めるのではなく

相手を変えるのでもなく

自分自身がいつもそうあるようにと

願います。

 

言葉は不完全なものだけれど

でも、やっぱり

人だけが使うことのできる

パワフルなツールだから。

 

聖なる約束シリーズ第4弾として

『ヤマト人への福音 教育勅語という祈り』

という本を

きれい・ねっとから刊行しました。

 

 

え?

教育勅語!?

 

と思われるかもしれません。

 

だけど

明治神宮、ご存じですよね?

お参りされた方も多いと思います。

 

その明治天皇が

文明開化が進み

立身出世、自分の成功ばかりを追い求め

学のない親をバカにするような

そんな世の中に

なってしまっていることを憂えて

出されたお言葉が教育勅語なのです。

 

しかも、そこには

命令の言葉はなく

私は率先してこれを行うから

大切な国民の皆も、

一緒にやってくれないだろうかと

お願いされている。

 

内容も背景も

なんにも知らなかった。

 

そんなことはない

支配のための洗脳だと

そのようにおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

戦後教育を受けてきた私たちにとっては

そちらのほうがなじみ深いかもしれない。

 

でも、何が真実なのでしょうか。

 

教育勅語にかぎったことではなくて

人からの情報じゃなくて

自分の心で見つめてみること

魂で見つめてみることが

とても大切なのではないかと思うのです。

 

いや、愛に生きるにあたって

まったく興味がなければ

知らなくてもいいのだろうけれど

 

たとえば戦争のことに触れたり

広島、長崎と聞いてズキンとしたり

たとえばいまの教育や

世の中のあり方に

違和感をもっていたりするならば……。

 

そう考えていけば

やっぱり

いま日本という国に

日本人として生まれてきている時点で

それはもう

興味があるのと同義だと

いまの私は思うのです。

 

この本の著者は赤塚高仁さん。

 

 

私の魂のお兄ちゃんです。

 

昨年の感謝祭の時

国を失ったユダヤの民のこと

歴史を失えば国を失う

日本人はやまとこころを思い出さなければ

世界の灯明台とならなければ、と訴えた

赤塚さんのご講演をうけて

 

私は泣きながら

「過去に囚われず

 主義主張を超えて

 みんな、仲良くしましょうよ。

 それが高仁さんが教えてくださった

 やまとの心でしょう、八紘一宇でしょう」

と、言ったのです。

 

赤塚さんはなんと

「ごめんなさい」と謝られました。

 

赤塚高仁という人は

「教育勅語」の本を出すにあたり

そんな出版社を選び

そんな私に編集をまかせて

 

そして、こんなときに

世に出したのです。

 

真実の言葉で

祈りをもって。

 

知ることで見えてくる真実があります。

 

多くの方にこの祈りが

福音として届きますように。

 

そして

いま、ブログやメルマガ

すべての発信をストップされている

赤塚高仁さんが

感謝祭で話してくださる真実の言葉を

どうぞお聞きくださいますようにと

 

心から願います。

 

☆きれい・ねっと感謝祭2017☆

  〜うずのはじまり〜

2017年5月28日(日)

10:00〜18:30(開場9:30)

京都KBSホール

詳細・お申込みはこちらから ↓

http://kilei.net/event/2017-05-28/

 

今日もお読みくださって
ありがとうございます。

 

愛と感謝をこめて。
山内 尚子 拝

 

《感謝祭2017についてのブログ》

・きれい・ねっとのご本づくりについて
初心にかえってご挨拶(うずのはじまりvol.1)

・感謝祭を開催することになった経緯
信頼しなさい(うずのはじまりvol.2)

・出版社イベントにブース出展がたくさんある理由
真実の豊かさ(うずのはじまりvol.3)

・講演者ご紹介その1:旺季志ずかさん
ありのままで(うずのはじまりvol.4)

・全員プレゼント、あります♪

感謝の気持ちのスパイラル(うずのはじまりvol.5)

・講演者ご紹介その2:Sora Keikoさん

引き寄せを遥かに超えて(うずのはじまりvol.6)

 

追伸
「◎月×日のブログをみた」と
ご注文画面の備考欄に書いていただければ
その日にご紹介している書籍の送料を
弊社負担とさせていただいています。
(きれい・ねっとの書籍にかぎります)
皆さまぜひぜひご活用くださいませ〜♪
 


****************************************

☆きれい・ねっと最新刊

 

『超空海伝 宇宙の真理が変わるとき』

      (川田薫・山内尚子共著)

『聖なる約束4 ヤマト人への福音 教育勅語という祈り』

           (赤塚高仁著)

『Dr.三浦直樹 新次元の「ガンの学校」』

           (三浦直樹著)

税込定価1,620円・ただいま送料無料好評発売中!!

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
http://kilei.net/mail_magazine/


****************************************

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://naoblog.kilei.net/trackback/261

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM