今朝の瞑想もどきで

ふわっと浮かんできた言葉。

 

 

すべては

 

「ゆるす」ということだよ

 

 

許せないことって

人によってさまざまだけれど

 

 

 

でも

許せると

 

世界は信じられないほど

穏やかで優しい

 

 

許せないと思っていること

 

そこまでじゃなくても

 

問題だなと思っていることとか

気になっていること

というくらいでもいいかもしれない

 

 

ちょっと

書き出してみるといいかもしれません。

 

そして

声に出してみるといいかもしれない。

 

 

それこそが

過去の後悔と自分

未来の不安と自分とを

 

ガッチリと縛りつける鎖の正体。

 

 

大丈夫だなんて

よく簡単にそんなこと言う

 

感謝なんて、とてもできない

 

 

と思っているかもしれないけれど

 

 

すべて必要なことだと認めます

 

 

人のこととか

起こった

または起こるかもしれない

出来事のこととか

 

 

そして

それより何より

 

怒りも悲しみも苦しみも

 

しょーもないことで

一喜一憂する自分のこと

 

 

がんばれないとか

妬んでしまうとか

 

悪口言わないなんて言いながら

心の中では

人を責めまくったりしている

 

しかも

そのわりには

さっぱりダメダメだとか

 

そんな自分も

ゆるしますって言って

 

 

捨てるとか

水に流すとか

燃やしてしまえばいい

 

 

そんな鎖は

ほんとうは想いがつくった幻

 

 

もうこうなったら

書いたり

いろいろするのも

面倒だからできないとかでもいい

 

 

なんか

そんな難しいことじゃなくて

 

 

小さなことに感じる

喜びとか楽しさを

思いっきり

許したらいいと思うのよね。

 

 

ゴミひとつ拾うこと

 

 

雨上がりの空の美しさに気づくこと

 

 

いやいや

そんな

きれいごとじゃなくても

 

 

テレビ見て

ゲラゲラ笑うとかでも

 

 

世界でいちばん素敵なことをしてるって

思っちゃっていいというか

 

 

本当に

世界でいちばん素敵なことなんだよね

 

 

それをあなたが

 

ゆるす

 

そう

許可さえすれば

 

 

あ、それでね

 

別に

あなたに

そうしなさいと言ってるわけじゃない

 

そのままで

あなたはすばらしいんだから

 

 

誰も分かってくれない

 

なんてよく言うけれど

 

 

それってよく考えたら

 

一人ひとりは唯一無二だということ

 

それほどに尊いということなんだよね。

 

 

だから

それって当たり前のこと

 

 

それも、ゆるす

 

 

それは、認める

ということにもなるのかな

 

 

そして

わたしには

わたしをゆるすことができる

 

 

それこそが自由

 

 

だから

わたしは

わたしのすべて

わたしに見えるすべてを

 

そのまんまで

 

ゆるす

 

 

ゆるすことを許可しようって

 

 

 

そう思うのです。

 

 

 

そうしていれば

おのずから

まわりの景色は変わる

 

唯一無二のあなたが

そのままですばらしいものとして

観えるようになる。

 

 

すると

それぞれのいのちが

いきいきと輝き始めるんです。

 

エネルギーが

あふれてくる。

 

 

そしてね

 

 

わたしが始めたいと思う

 

わたしがわたしに許可する

 

新しい世界、新しい時代というのは

 

新しい地球というのは

 

 

そんな感じなのです。

 

 

ふわっと目を開けたら

 

雨がやんで

空がキラキラ輝いていました。

 

 

そんな11月11日

これを書いているいま

11時11分

 

 

 

一緒にいてくれる

すべての存在に

 

ありがとう

ありがとう

本当にありがとう

 

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

追伸

11月17日の超進化論講座(大阪会場)では
滝沢泰平さんをゲストにお迎えし
いま編集を進めている泰平さんの新刊について

それから
これからご一緒にやっていきたいねと

お話ししていることや
来年の感謝祭のことなどを
それぞれお話しさせていただければと思っています。

 

まだすこしお席のご用意がありますので
ぜひご参加くださいね〜☆

  ↓

なおちゃん流・超進化論講座 第3期

 

追伸その2

2020年2月23日
森井啓二先生と光田秀先生をお迎えしての
超進化論講座スペシャルバージョン
チケット販売開始しています♪

 

前回の森井先生の講座は
キャンセル待ちも受け付けられないくらいだったので
広めの会場に変更しています。

 

とはいえ先生方が告知され始めたら
やっぱりすぐいっぱいになっちゃうと思うので
よろしければお早めにお申し込みくださいませ☆

  ↓

https://kilei.ocnk.net/product/409

 

****************************************

☆楽しみなイベント

 

なおちゃん流・超進化論講座 第3期

 

☆きれい・ねっと新刊

 

・自分の宇宙で豊かに生きる

  遊んで笑って運は自分で開くもの

       (みやがわ みちこ)

 

・聖なる約束 日本よ永遠なれ

           (赤塚 高仁)

 

『はじまりの時

   光を観じ愛に生きる時代へ』

      (長典男・長谷川章子)

 

・光の魂たち 植物編

   人の霊性進化を見守る植物たち

             (森井啓二)

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
             https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

スマホから

おはようございます♡


今日は一人で

あちこちお出かけ。


新快速に乗ってます。


車窓からの景色がすっばらしいよ。



あ、明石海峡大橋見えてきた!



海がキラッキラなんだよね。

写真だと伝わらないなあ。


今朝

ふっとね。


頭の中で

同じことを

クルクル考えるとか


意地を張るとか


そういうの

バカバカしいなあ


もったいないなあって


思ったのです。


でもそれは

神さまの視点、高い視点に

立ちましょうっていう


そういうのとも

ちょっと違うのです。


それはね


それならね


この肉体からさようならすれば


誰だって立てるんですよ。


この148センチの

なおこという身体から見た

いまのこの景色は


もう二度と見れない。


なおこという

この不完全な人として

いま出会っている人たちとは


それなのに

出会ってくれた人たちとは


もう二度と会えない。


そう思ったら

好きだ嫌いだ言ったって


めちゃくちゃ人数少ないんですよ。


よっぽどのご縁ですよ。


この空の下で

この地の上で


そして

きっと

かなりガッツリ約束をして

出会ったに違いない

あなたの横で


この不完全な

わたしの、あなたのままでいいから


っていうか

不完全だからこそ見える

その景色を楽しんで


精いっぱい

生きることを味わおう。


この肉体に

ありがとうを言って

先に還った

みんなとおしゃべりするその時まで


わたしに映る

すべてを大切に

生きていこうと思ったのです。


そうか


それこそが

高いも低いもない


真実の

今ここのの視点なんだね。



あ、そろそろ目的地。



さ、そんなこんなで


行ってまいりまーす♪

今朝の瞑想もどきを

備忘録的に書いてみますね。

 

 

わたしってたぶん

すごく変化の多い人生だと思うんですね。

 

変化というのは

変わって化けるということだから

それくらい

大きめの出来事が多いということ。

 

 

まあ、

小さくても大きくても

出来事自体には良いも悪いもなく

感じ方、捉え方次第だというのは

みんなよくよく

知っていることであり

 

何をどのように

対処していくにしても

 

自分という「いのち」

あるいは「魂」が

望む経験であり選択であれば

誰が何と言おうが

オールオッケーであるということも

みーんな分かっていることであり

 

つまりは

究極何もかもが

なんでもいいということ

 

 

なんだけどね。

 

 

それにしても

いろいろやってきて

しみじみ思うのは

 

 

やーっぱり

いちばんの秘訣であり

かつ

いちばん難しいのは

 

 

出来事に伴う

感情を外すことができるかどうか。

 

 

これができたとき

記憶は邪魔ものではなく

貴重な経験、宝物になります。

 

 

知ってますよね?

 

 

でもねえ。

 

これねえ、奥さん(?!)

 

思っている以上に難しいのよ。

 

 

 

なぜかというと

人が動く最初の最初は

絶対に感情が動くことだから。

 

感情ってセンサーの役割なのです。

 

だから

 

感情が動かないと

人って何にも気づかない、気づけない。

 

(時々、意識下でない

 反射的な反応ですら

 奥の方にある何らかの感情からくるのかなと

 思うことすらある)

 

 

そういう意味では

良くも悪くも

感情が動くことは

人が生きていく上で

絶対に必要で

とても大切なことなのです。

 

 

だから

感情に敏感であることは

すごく大切です。

 

 

感情に鈍感になったり

無視するのは

離れることとは真逆だからね。

 

 

講座などでよくお話しする

「違和感をそのままにしない」

というのも同じことですね。

 

 

 

 

問題はその後

 

感情から離れて

 

その感情も含めて

出来事を客観的に見つめる

 

相手があることなら

相手と自分を

まったく同じように見る

 

 

それができると

自ずと

エゴではなく

自分がどう動くことを

魂が望んでいるのかということは

見えてくるのです。

 

 

あ、だから

エゴっていうのは何かというと

 

感情による快だけを満たす欲望

 

ということにもなるのかな。

 

 

で、必要でなくなると

同じような状況が起こっても

その感情は

起こらなくなってきます。

 

 

でも、なにはともあれ

 

その感情を

あちこちから

もう飽きるくらい

観察してみるというのが

 

 

ほんとにすごく大切です。

 

 

 

で、観察後に

 

その感情が起こることによって

得た経験や気づきに感謝する

 

 

味わいつくす

ということにもなるのでしょうね。

 

 

その時にひとつ注意なんだけど

 

 

感情がきたあと

 

人ってどうしても

 

その感情から離れて見つめる

と言いながら

 

その感情に捕えられたままで

その感情が「正しい」ということを

確認、補強するための

思考を始めることも多いようです。

 

思考によって

感情が増幅されるのね。

 

 

思考はとても大切なのだけれど

感情にからめられた状態では

そもそも

きちんとした思考にはなりえない。

 


で、悪いことに

これを

感情を見つめることと

混同している場合がけっこう多いので

 

気をつけたほうがいいかな。

 

 

 

なにはともあれ

感情から離れるというのは


ちょっとぶっ飛んだ言い方をすると

超越するということなのです。

 

 

これがたぶん

超意識とつながるための

第一歩なんだろうと思います。

 

 

なんじゃそりゃ……。

 

 

もうすぐタイムアップなんだけど

 

 

これで終わると

大ブーイングよね(笑)。

 

 

自分の人生という枠から離れるんです。

 

 

自分を守ろうとするのを止める

とも言えるかな。

 

 

ちゃーんと環境の整った

水槽の外から

泳いでいるお魚さんを見るように

 

自分を眺めるというのかな。

 

 

 

そうやって見つめると

 

感情って美しいものなのです。

 

 

 

感情を手放すって

よく言うけれど

 

 

それって実は

感情そのもの

 

そして

その感情を抱いた自分自身を

 

許されている

愛されている

美しいものとして

 

認めるということなのかもしれませんね。

 

 

あ、ほんとにタイムアップだ……汗

 

 

さ、お仕事に戻ります。

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

 

なおちゃん流・超進化論講座 第3期

 

☆きれい・ねっと新刊

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊その2!!

・聖なる約束 日本よ永遠なれ

           (赤塚 高仁)

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊!!

『はじまりの時

   光を観じ愛に生きる時代へ』

      (長典男・長谷川章子)

 

・光の魂たち 植物編

   人の霊性進化を見守る植物たち

             (森井啓二)

 

・トヨタの脳の使い方

   世界で結果を出せる日本精神の秘密

             (篠浦伸禎)

http://kilei.ocnk.net/product/355

 

『当たり前にありがとう

  心をみがき幸せに生きる70のメッセージ』

             (武田数宏)

http://kilei.ocnk.net/product/354

 

『天皇の国師 賢者三上照夫と日本の使命』

             (宮貞行)
             http://kilei.ocnk.net/product/353

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
            https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

ごめんなさい。

先に言っておきますが

今日は変なブログです。

 

いつもおなじみの

今朝の瞑想もどきで

 

 

ぶわーーーっと

「かたまり」がやってきました。

 

言葉を扱っているというのに

それは言葉ではないのですよね。

 

熱のようなものが

じわーっと身体に入ってくるのです。

 

ま「気のせい」

と言われれば

それまでのものなのだけれど

 

 

で、今回は

最後に

大音声っていうのかな、がやってきて

 

これはイメージなんだけど

 

「信頼しなさい」

 

と。

 

 

それはそれは

ものすごい鐘の音が

同時にグワングワン鳴り響くような

 

 

そんな感じでした。

 

 

……変、ですね。

 

 

「かたまり」の解凍作業はこれからですが

 

 

目の前のひとつずつを信頼して

何ひとつおろそかにすることなく

丁寧に進んでいきたいと思います。

 

 

さ、お仕事に戻ります。

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

追伸

東京では

不思議なくらい共通点の多い

大好きな圭子先生と再会したあと

 

 

ついに、このお二人の先生の

対談が実現したのでした〜♪

 

 

ついに創りはじめます。

どうぞお楽しみになさってくださいね!

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

 

なおちゃん流・超進化論講座 第3期

 

☆きれい・ねっと新刊

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊その2!!

・聖なる約束 日本よ永遠なれ

           (赤塚 高仁)

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊!!

『はじまりの時

   光を観じ愛に生きる時代へ』

      (長典男・長谷川章子)

 

・光の魂たち 植物編

   人の霊性進化を見守る植物たち

             (森井啓二)

 

・トヨタの脳の使い方

   世界で結果を出せる日本精神の秘密

             (篠浦伸禎)

http://kilei.ocnk.net/product/355

 

『当たり前にありがとう

  心をみがき幸せに生きる70のメッセージ』

             (武田数宏)

http://kilei.ocnk.net/product/354

 

『天皇の国師 賢者三上照夫と日本の使命』

             (宮貞行)
            http://kilei.ocnk.net/product/353

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
           https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

7月はお出かけ三昧でしたよ〜と

書きましたが

 

わたしにとって

このお出かけ三昧というのは

 

決して意図して

組んだスケジュールではないのだけれど

 

なんだか

「自分といういのち」が

エゴやしがらみといったものを超えて

本当にやりたいことを

やろうと思っていることを

再確認するために

必要な場所に出向き

必要な人に出会っていったような

そんな時間でした。

 

たくさんの方にお会いしたし

いろんな出来事があって

いろんな決断をしたのだけれど

 

思い返してみると

7日からはじまった

水星逆行にぴったり合わせるかのように

あらためて

そのオールキャストと

順番に意識合わせをした……

そんなふうに言い換えることも

できるかもしれません。

 

 

8月1日には

水星は順行に戻り

同日にしし座の新月を迎えます。

 

しし座の新月のイメージを

わたしなりに表現すると

 

 

堂々と自信を持って

前向きな決断をすること。

 

 

いま、水星は速度がゆーっくりになって

ほぼ留まっているような状況になっています。

 

 

いただいた情報を

しっかりと整理し吟味して

 

新たなるスタートを切りたいなと思います♪

 

 

さて

そんなこんなで

先週の金曜日からのお話

 

 

東京に着いて

最初にお会いしたのは

啓さま、こと森井啓二先生

 

(ナント8キロの減量に成功されたそうです!)

 

お忙しい合間を縫って

お時間創ってくださり

 

いくつか同時進行で進んでいる

新刊について

打合せをさせていただきました。

(もうすぐ全貌をお知らせしますので

 楽しみになさってくださいね〜☆)

 

啓さまとおしゃべりをすると

いつも色々な学びがあります。

 

前にお会いした時から

今日までに

自分なりに学んだこと感じたことを

お話しすると

ニコニコ聞いてくださいます。

 

でも、しばらくすると

またいろんな未熟さに気づくのよね。

 

なんかこう

 

ちょっとした禅問答。

 

啓さまが教えてくださっている

本質的なところにまで

到達できるのはいつになるんだろうと

 

泣きそうになってしまうこともあるのですが

 

自分を信じて

焦ることなく

だからといって

分かったような気になって

奢ることもなく

 

楽しく精進したいなあと

いつも思います。

 

 

で、啓さまとお別れしてから

こんな素敵な皆さまと

いろんな議論をかわした後

楽しいお食事会♪

 

 

余談になりますが

右下、はせくらみゆきさんをお迎えしての

なおちゃん流・超進化論講座は

8月18日(日)、東京での開催になります。

 

実はみゆきさん

今秋以降は外部でのご講演の機会が

かなり減ってしまう

……というか、ほぼなくなってしまうそうです。

 

ばあばになって(これホント!)

よりパワフルなみゆきさんとの時空

 

単発でもご参加いただけますので

この機会にぜひ

楽しくご一緒できましたら幸いです。

 

お申込みはこちらから ↓

なおちゃん流・超進化論講座 第3期

 

 

というわけで

 

 

さ、お仕事に戻ります☆

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

追伸

 

そうそう

旅の最後には

幸せの黄色い新幹線「ドクターイエロー」に

遭遇したりもしました〜♪

 

 

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

 

なおちゃん流・超進化論講座 第3期

 

☆きれい・ねっと新刊

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊その2!!

・聖なる約束 日本よ永遠なれ

           (赤塚 高仁)

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊!!

『はじまりの時

   光を観じ愛に生きる時代へ』

      (長典男・長谷川章子)

 

・光の魂たち 植物編

   人の霊性進化を見守る植物たち

             (森井啓二)

 

・トヨタの脳の使い方

   世界で結果を出せる日本精神の秘密

             (篠浦伸禎)

http://kilei.ocnk.net/product/355

 

『当たり前にありがとう

  心をみがき幸せに生きる70のメッセージ』

             (武田数宏)

http://kilei.ocnk.net/product/354

 

『天皇の国師 賢者三上照夫と日本の使命』

             (宮貞行)
           http://kilei.ocnk.net/product/353

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
          https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

また一週間たってしまいましたねえ。

 

先週は慌ただしく

件の決算作業(まだ続行中)と

新しいご本のあれこれを進めて

(本当はこのことについて書きたいんだけど

 それは次のブログにさせてね)

 

木曜日の早朝から

新幹線に飛び乗り

名古屋で勝仁さん、でみっちゃんと合流

近鉄特急に乗り換えて

赤塚高仁兄の待つ津に向かいました。


いや、それにしても

この人生で

乗り換えまったく迷わなくなるほど何回も

津に行くことになるなんて

思いもしませんでしたわよ、わたし。

 

そして

まさか3年連続で

インドはリシケシから

津のログハウスまで来てくださった

Dr.マウルヤのもとで

大好きなお兄ちゃんたちと

アーユルヴェーダのリトリートを受けるなんて

本当に人生っていうのは

予測不可能なものですね。

 

 

リトリートの3日間は

なるべくパソコンやスマホに

触れないということで

どうしても必要なお仕事以外は

パソコンを開くことなく過ごしました。

 

(みんなで真剣にお勉強もしました)

 

しかも今年はなんと断食!

 

とはいっても

リンゴと水分のみというものでしたので

空腹を感じることは

一度もありませんでした。

 

(みんなで色違いの水筒を使ってました)

 

ただ

3日目になって

ヨガをしている時に

(このヨガがけっこうハード)

ちょっと目眩がしたので

ドクターに聞いたら

お兄ちゃんたちはいくら断食しても

まだまだ大丈夫だけど

なおこさんはミネラルが欠乏しちゃってるね

ということで

上質のお塩をちょっぴり舐めて

透明な野菜スープを一杯いただきました。

 

塩分、というかミネラルって

すごい大切なんだね〜。

ジワジワっと身体に広がっていくのが

しっかりと感じられました。

 

 

そうして3日目の午後

 

 

ドクターのまとめのコンサルテーションで

この3年間で

一番良い状態になりましたね

目がとても澄んでいるし

舌も美しいし

脈も落ち着いています、と

褒めていただきつつも

 

今回の断食で

メンタルはとても強いのだけれど

ボディはまだまだ弱いということが

目に見えるかたちで分かったことは

とても良いことですよ、と言われました。

 

 

途上の瞑想での気づきもさることながら

 

これについては

本当にその通りだなあと思いました。

 

わたしは

ふだんはポケーッとしているのだけれど

何か高いハードルがやって来ると

なんだかんだ言いながら

気力で乗り切り

後でバタッと倒れちゃうところがあって

 

結局のところ

それを繰り返した結果

死にかけたわけですからね。

 

 

その習性から脱却しないと

また同じことになっちゃうし

 

そんなのは

誰ひとり望んでないし

まったく楽しくないもんね。


 

ようやくちょっとずつ

お散歩とか呼吸法、軽いヨガをやってもいい

筋肉をつけるほうに

体力を使ってもいい

というところまで回復した

 

とも言える半面

 

そのくらいまでしか

まだ体力が戻っていないことを

ちゃんと自覚して

いただいたこのボディを大切に

お仕事というか人生を

楽しんでいきたいなあと

あらためて思ったのでした。

 

 

……と、あらためて思ったのですが

土曜日の夜遅くに津から姫路に戻って

翌日はまた朝から大阪へお出かけしました♪

 

なおちゃん流・超進化論講座

大阪での第一回目で

ゲストは長典男さんと長谷川章子さん

 

 

さすが

見えない世界が見えるお二人

まったく別の視点から

ご参加の皆さまにピッタリの内容を

お話しくださいました。

 

毎度ながら

講座後のお茶会でシェアされるお話もすばらしく

本当にこの講座をやろうと

思いついて良かったなあと

ちょっとしみじみしてしまいました。

 

 

講座の後は

長さんとパートナーのかおりさん、章子さん

みけちゃん、ロバちゃん、なおこで

ちょっぴり豪華なお食事を楽しみました。

 

(すみません、食べ終わってます……)

 

これはあまり外向きには

言ってこなかったことなのですが

 

昨年8月の末

父、うちゅうさんが

ステージ4のガンの告知を受けて

わたしに電話をかけてきた時

実は目の前にいらしたのが

長さんと章子さんのお二人だったのです。

 

あまりに突然のことに

まともにインタビューすることが

できずにいるわたしに

インタビューそっちのけで

寄りそい、適切なアドバイスをくださり

 

章子さんは数日後に

ゆの里までわたしたち家族をお連れくださって

重岡社長にお引き合わせくださり

 

その後も

まったく外に状況を漏らすことなく

書籍の発行が遅れていくことも

寛大にお許しくださり

 

そして、そんなサポートの中

うちゅうさんが

天国へと安らかに旅立って

 

 

でも、父が不在となり

印刷ができなくなってしまった

という状況は

やはり致命的なことで

もう本を創ることを

あきらめないといけないかもしれないと

そこまで考えたところから

 

本当に色々あって

 

なんとか

次の一冊として半年以上ぶりに

それも令和のはじまりの日に

本当になんとか

発刊することができたのが

お二人の共著『はじまりの時』なのです。

 

 

その後も

教えてくれる人がいない中での

初めての印刷だったために

不備があったりして

 

その時も機転を利かせて

対応をしてくださったりね

 

もう言いだすとキリがないくらい

本当にいくら感謝してもしきれないのです。

 

 

そんな

あまりにも怒涛の日々を超えて

 

…まあ、まだ怒涛は続いているのだけれど

 

とにかく一度落ち着いて

御礼をお伝えしたくて

お食事にお誘いしたのでした。

 

 

きっと、みけちゃんのお隣あたりで

うちゅうさんも一緒に

御礼をお伝えしていたに違いないと思います。

 

 

 

どんな時もそうなのだけれど

わたしたちって

一人ぼっちじゃないんだね。

 

わたしもそんな人でありたいと

願わずにはいられない

 

そんな人たちと一緒にいられるわたしは

本当に幸せ者だと思います。

 

もちろん、あなたもそのお一人です。

 

本当にほんとうに

ありがとうございます。

 

 

そうして、

とにもかくにも

なんとなく

これでようやく一区切り

 

また、新しいフェーズに入っていくような

そんな「もっと奥深くへの旅」を終えて

 

 

あ、翌日のことは

タイムアップなので明日以降ということで

 

 

さ、お仕事に戻ります☆

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

 

なおちゃん流・超進化論講座 第3期

 

☆きれい・ねっと新刊

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊その2!!

・聖なる約束 日本よ永遠なれ

           (赤塚 高仁)

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊!!

『はじまりの時

   光を観じ愛に生きる時代へ』

      (長典男・長谷川章子)

 

・光の魂たち 植物編

   人の霊性進化を見守る植物たち

             (森井啓二)

 

・トヨタの脳の使い方

   世界で結果を出せる日本精神の秘密

             (篠浦伸禎)

http://kilei.ocnk.net/product/355

 

『当たり前にありがとう

  心をみがき幸せに生きる70のメッセージ』

             (武田数宏)

http://kilei.ocnk.net/product/354

 

『天皇の国師 賢者三上照夫と日本の使命』

             (宮貞行)
           http://kilei.ocnk.net/product/353

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
          https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

 

写真がなかったので

コーヒーがすごーく美味しいカフェの

モーニングで遊んだ図

 

 

……あ、それでね。

 

 

新月を前にした昨日

 

うちゅうさんとはるちゃん

(父と父方の祖母)が

相次いで天国へ旅立ってから

ずーっと続いていた

会社および個人のいろいろな手続きが

ようやくすべて完了しました。

 

何もかもが知らないことだらけで

ほんとに大変だったし

 

いろんな公的な資料も必要だったし

わたしの一存では

どうにもならないことも多く

待たないといけないこともあり

完全に終わるのに

実に半年がかかってしまったのだけれど

 

実務面では

会計事務所さんに司法書士事務所さんに

お役所の担当課の皆さんに

銀行その他いろんな機関の皆さまに

本当に助けていただいて

 

精神面では

もうたっくさんの心の友に

(あなたのことです、ありがとう♡)

助けていただいて

 

仕事を滞りなく前に進めながら

きちんと終えることができました。

 

いや、そんなつもりはなかったのだけれど

 

あ、新月だ!と気づいて

 

またここから始まるんだなあと

思いを新たにしています。

 

 

それからもうひとつ

今日から

とっても大がかりなプロジェクトに

着手しているのだけれど

 

それも

ちょっと止まっていたのが

この新月に合わせるように

動き始めたんだよね。

(詳細は21日の講座で

 お話しできると思います)

 

 

思うに

 

これまでのわたしは

逆境がガソリンだったのだけれど……

 

あ、このタイプの人

けっこう多いんですよ。

 

 

でも

それだと

いつかは疲れちゃうんですよね。

 

 

「お金」という

対価が発生するものだけに限らず

 

良いお仕事をさせていただける喜びが

 

いちばんのエネルギー源

 

 

表面的に

やっていることは同じでも

 

 

原動力を変えることで

 

いわゆるすり減っていくような

ともすれば愚痴っぽくなっちゃうような

疲弊じゃなくて

 

楽しい体験であり

心地良い疲れであり

味のある大人になっていく

成長へとつながるんだよね。

 

 

ある意味

フリーエネルギーで動くような

そんな感じかな。

 

 

で、それって自然に沿っているわけで

 

それこそ本当の進化なのですよね。

 

 

 

で、このエネルギー源で動くと

排ガスとか出さないのも

いいところなんだけど

 

じゃあ排ガスって何かというと……

 

 

……と書いていたら

急ぎのメールが

ピロリンとやってきましたので

 

よかったら考えてみてくださいね。

 

 

さ、お仕事に戻ります☆

 

 

皆さまもステキな新月タイムを

お過ごしくださいますように。

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

 

なおちゃん流・超進化論講座 第3期

 

☆きれい・ねっと新刊

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊その2!!

・聖なる約束 日本よ永遠なれ

           (赤塚 高仁)

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊!!

『はじまりの時

   光を観じ愛に生きる時代へ』

      (長典男・長谷川章子)

 

・光の魂たち 植物編

   人の霊性進化を見守る植物たち

             (森井啓二)

 

・トヨタの脳の使い方

   世界で結果を出せる日本精神の秘密

             (篠浦伸禎)

http://kilei.ocnk.net/product/355

 

『当たり前にありがとう

  心をみがき幸せに生きる70のメッセージ』

             (武田数宏)

http://kilei.ocnk.net/product/354

 

『天皇の国師 賢者三上照夫と日本の使命』

             (宮貞行)
          http://kilei.ocnk.net/product/353

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
         https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

 

昨日の夜中に

無事に姫路に戻ってきました。

 

超進化論講座でご一緒できた

啓さま、そしてお久しぶりの皆さま

はじめましての皆さま

すばらしい時空をご一緒くださり

心よりありがとうございました。

 

 

ロバちゃん、

週明けでやることいっぱい

すごく慌ただしくしているので

お写真、ちょっと待ってくださいね〜。

 

 

高村光太郎の

「あどけない話」を思い出す東京の空

 

「東京には空がない」というのは

よく使われる

都会には空がないという意味とは

ちょっと違う、と

わたしは思うんだよね。

 

という話を始めると長くなるので

やめといて。

 

 

姫路の自宅に着いたのが

夜遅い時間だったので

たつきさん寝ているかもしれないと思い

 

そーっと玄関あけて

荷物を置いたら……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひぃぃぃーーーーっ

 

 

……とはならないよ、まったく。

 

 

おかーさん、怖かったやろ?

な、怖かったやろ?

 

 

と、ご満悦のたつきさん

 

 

……なんかどこか

育て方間違えたのかもしれない。

 

 

という回顧を始めると長くなるので

やめといて。

 

 

 

今日満月なのですけれど

いま木星も入っている射手座なので

 

細かい説明はともかく

 

大きくはこれまでの12年

中くらいには2015年〜2017年くらいのことを

振り返ってみてその総括をする

 

で、ここから始まる

12年の種まきへと進んでいく

ベクトルを確認すると

良い感じだと思います。

 

で、新月に向かっていくエネルギーを味方に

卒業するもの

今の自分に必要ないものを

感謝をもって手放していく。

 

 

わたし個人としては

昨日の啓さまのお言葉の中に

また自分が発した言葉の中に

 

総括もあり、種まきもあったなあと

ちょっと感慨深く思っています。

 

 

 

では、今日書きあげないといけない

原稿があるので

 

わたし自身の総括は

それを終えてからということで

 

 

さ、お仕事に戻りまーす☆

 

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

 

なおちゃん流・超進化論講座 第3期

 

☆きれい・ねっと新刊

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊その2!!

・聖なる約束 日本よ永遠なれ

           (赤塚 高仁)

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊!!

『はじまりの時

   光を観じ愛に生きる時代へ』

      (長典男・長谷川章子)

 

・光の魂たち 植物編

   人の霊性進化を見守る植物たち

             (森井啓二)

 

・トヨタの脳の使い方

   世界で結果を出せる日本精神の秘密

             (篠浦伸禎)

http://kilei.ocnk.net/product/355

 

『当たり前にありがとう

  心をみがき幸せに生きる70のメッセージ』

             (武田数宏)

http://kilei.ocnk.net/product/354

 

『天皇の国師 賢者三上照夫と日本の使命』

             (宮貞行)
          http://kilei.ocnk.net/product/353

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
         https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

今日は午後から東京に向かうので

 

バタバタしつつ

合間にブログを書いてたら

時間切れになってしまって

いろんな話題の下書きが

いくつもできてしまったよ……トホホ。

 

という下書き群の中から

タイトルに惹かれたものを

ひとつ仕上げてご紹介することにします。

 

「満月の光の下で」

 

ちょうど17日が満月だから

いいよねと思ったんだけど

 

なんだかすごい内容になりました。

 

よろしければ

ぜひお付き合いくださいね☆

 

*********************************

 

いまの受験生の親世代くらい……

だから40歳代くらいの

つまり、なおこたちくらいの年代の

生きてきた時代って

 

両親はちょうど

とにかく競争にあけくれた

と、言われる

団塊の世代くらいで

 

 

その子供たちであるわたしたちは

第二次ベビーブーム真っただ中で

数がとにかく多かった。

 

 

これから

病院のベッドの数が足りなくなるけど

(「2025年問題」といいます)

でも、すぐに減少に転じるから

ベッドはそこまで増やさないということを

『いのちの革命』を編集させていただいた時に

http://kilei.ocnk.net/product/215

知ったのだけれど

 

いま思えば同じ理由で

大学に入るのが

かなりすごい競争率になってしまう

とにかく

おっそろしい競争社会だったわけですね。

 

たとえば私だったら

毎週成績順位が貼りだされて

合格点に足りなかった点数分

普通にビンタをされちゃうような塾に

「友達がたくさん行っているから」という理由で

自分から志願して通ってたり

(これが案外性に合って楽しかった)

 

勉強以外のことだって

部活動では

女子校でも

ふつうにぶっ飛ばされてたし

無駄に走り込んだりとか

いっぱいあったように思います。

 

 

私の両親は

ご承知のとおり

大変変わり者ではありますが

そのぶん

良い大学に行きなさいなんていうことは

まったく言われなかったことと

 

塾にしろ部活にしろ

自分で選んだ場所だったせいか

そのあたりに

あんまり嫌悪はなかったのだけれど

 

ただ

 

結果を出さないといけないと

思いこんでいた

大学受験に失敗(?)したことで

 

いや

もともと

保育園あたりからずーっと

どこか何か

なじめない感覚

自分の居場所がない感覚が

あったことで、かな

 

 

なんだかそこまでのすべてが

自分の中で

劣等感あふれる

黒歴史的な感じに

なっちゃっていた気がします。

 

(繰り返しになりますが

 いまとなっては良いネタです)

 

その後

わたしは

簿記や計算実務、秘書検定等々

取れる限りの資格を取って

最終的には

情報処理技術者という

当時の流行りの最先端で

難関の国家資格保持者の肩書を得て

地元の優良企業に就職できたし

 

その後には

早々に結婚して

子宝にも恵まれて

 

その後の後には

なんと起業なんかしちゃったもんだから

 

黒歴史にふたさえすれば

その劣等感は表面化することなく

なんとかなってきたわけですが

 

 

でも

なんだかんだ言っても

特に会社に勤めるとなると

学歴による格差は歴然とあって

 

 

いま以上に男女だったり

その他諸々の格差もあって

 

 

これについては、

大企業とか中小企業とか

もう立場によって

いっろいろそれぞれあるから

そこまで深堀りはしないけど

 

 

親である団塊の世代は

それをもう

どういうポジションにいたとしても

痛いほど感じてきて

 

 

しかも

それなのに

私たちときたら

いざ就職する段になったら

なんとバブルが崩壊して

(関西では阪神淡路大震災もあって)

就職氷河期がやってきたんだよね。

 

 

 

そんなあれこれ

 

なんだかもう

こんがらがっちゃった

複雑な状況の中で

 

 

あの頃

競争とか比較の社会の中で

何を選択し

どのように生きてきたとしても

なんだかどうにもならない

辛さとか苦しみとか理不尽さとかが生まれ

 

 

だからこそ

内に外にいろいろと求め

 

 

それに応じて

解決策のようなものが

そこここにあふれ

 

 

星の動きがなんだ

時代の変化がどうだというものに

期待して

 

 

それでも

そういうものに

自分で認識できないくらい

深いところで

引きずられていて

日常の景色は

変わらない、変えられない

 

かえって苦しいじゃないか

という人が

 

実は

まだかなり多いんじゃないかなと思う。

 

 

学んで、知識を得て

 

 

そのとおりっ!!

 

 

と、その時は思うし言うんだけれど

 

心のどこかで

 

でも

そんなにうまくはいかないんだよね。

 

どうせわたしなんかには

 

お金も才能もなんにもないし

 

家の中はしっちゃかめっちゃかだし

 

努力も続かないし

 

あの人はいいよね

結局は恵まれてるんだよね

 

だからゴキゲンなんだよ

 

と、

ちょっと拗ねたような

比較に戻っちゃう。

 

 

だいたい

そんな時代がもう始まったって

 

そんなこと言われたら

 

何にも変わってない

わたしだけ

取り残されるっていうこと?

 

どうすりゃいいんだーっ!!

 

 

え?

 

なんで?

なおちゃん

わたしのこと書いてるの?

と、思いました?

 

 

違いますよー

 

なんで

こんなに

見てきたように詳しく書けるのかというと

かつての

 

しかも

すごく前じゃなくて

ちょっと前までの

自分のことを書いているからです。

 

 

編集の才能があるなんて

お話がうまいなんて

 

時々言ってもらえるようになった

そんないまでも

 

 

上見ればいくらでも上がいて

ほんと、比較地獄にはキリがありません。

 

 

じゃあ、わたしは

どうやって

引きずることをやめたのかというと

 

 

 

これは前にも書いたと思うんだけど

 

たとえば

 

たつきさんが

マーチングバンドや

少林寺拳法から始まって

高校受験、大学受験

そして、この度めでたく

浪人生という経験までも

楽しむことを選択するというね。

 

とにかく

わたしには思いもつかないような

驚くほど高い目標をもつ度に

 

 

それを応援するにあたり

ずーっと自問自答し続けることで

引きずる想いを断ち切り

クリアしていったんだと思います。

 

 

何を自問自答したかというと

 

子供のためと言いながら

 

まず、

いまの成績とかから考えたら

そんなの無理だよ

なんていうふうに

常識を押しつけていないか

 

傷つかないように

先回りして

あきらめさせる、とかね

 

よく考えたら

結果を気にしたり

それによって

傷つくのは自分なんだよね。

 

 

究極

結果はどっちだって

最善なのです。

 

尊いのは

人生を思いっきり楽しもうとする心。

 

冒険しようとする

彼の魂を

その可能性を

ジャッジしたり否定したりしていないか。

 

 

そして

投影っていうのかな

わたしにできなかった夢を

子供に押しつけるような

 

または

自分の常識を

子供に押しつけるような

 

そんなことをしていないか。

 

っていうのを

ひたすらに自問自答することで

クリアできていったなあと思うのです。

 

 

何もかも

愛から起こる衝動です。

 

それが

長年の感情によって培われた

生存本能に近い思いグセ

 

そして思考によって狂う。

 

 

で、

それを矯正できるのは

 

結局のところ

自分自身に起こる

目の前の出来事と

それを目前にした時の

自問自答でしかないんです。

 

 

っていうか

それをするために

 

目の前の出来事は起こるものなんですよね。

 

 

しかも

ちょっと長くは説明できませんが

いま、この瞬間に

想い(意識)を変えることで

過去(記憶)のすべても変わる。

 

簡単なことなら思い出さなくなるし

心に引っかかりのあることなら

ああ、あれも良い体験だったなと

思い出せたりするようになります。

 

 

そんなことが

わざわざ目の前で

起こってくれるなんて

 

そして行動によって

ちゃんと変化させられるなんて

 


三次元に生きているからこその

とんでもない

ギフトです、チャンスです。

 

 

これは最近

確信として思うのだけれど

 

もしも動けなかったとしても

誰にも何にも

影響ないと

そう思えたとしても

 

言葉一つ

思い一つ

変えることで

実は細胞とかが変わったりします。

 

これがめちゃくちゃ大きいのですよ。

 

 

あなたにとってだけじゃないですよ。

 

 

あなたとつながっている

わたしにとってもだし

 

同じくつながっている

宇宙全体にとってもなんですよ。

 

 

でね。

 

これまでの人生の

わたしにとっての

いちばんの冒険は

 

 

母親になることでした。

 

 

小児ぜんそくにはじまって

身体が弱っちい人生を送ってきて

 

お医者さまにも

子供を産むのは

無理だろうと言われてたんだけど

 

親子3人の無謀な想いがかなって

 

たつきさんがやってきてくれました。

 

 

それは

ハワイのロイさんが言うとおり

彼の第一希望が叶った

というのもあるのだろうけれど

 

きっと

わたしの希望も叶ったのに

違いないと思います。

 

 

 

そして、

今生でのすべての出逢いも同じく

 

わたしの希望が叶ったのに違いない

 

 

そう思えること

 

 

なんのすばらしいことをしなくてもいいから

 

ただ

 

そのように

想いを変えること

 

 

これこそが

 

すなわち

宇宙の流れに乗っていること

 

そのものなのだろうと

わたしは思っています。

 

 

たとえばネット上であったり

すれ違うだけの

ほんの一瞬であったとしても

 

あまたの流れの中から

一筋を選び

 

ご一緒くださるすべての存在に

 

もちろん、あなたにも

 

出逢えてよかった

 

本当によかった

 

わたしは心の底からそう思っています。

 

ありがとうございます。

 

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

 

なおちゃん流・超進化論講座 第3期

 

☆きれい・ねっと新刊

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊その2!!

・聖なる約束 日本よ永遠なれ

           (赤塚 高仁)

 

きれい・ねっと半年ぶりの新刊!!

『はじまりの時

   光を観じ愛に生きる時代へ』

      (長典男・長谷川章子)

 

・光の魂たち 植物編

   人の霊性進化を見守る植物たち

             (森井啓二)

 

・トヨタの脳の使い方

   世界で結果を出せる日本精神の秘密

             (篠浦伸禎)

http://kilei.ocnk.net/product/355

 

『当たり前にありがとう

  心をみがき幸せに生きる70のメッセージ』

             (武田数宏)

http://kilei.ocnk.net/product/354

 

『天皇の国師 賢者三上照夫と日本の使命』

             (宮貞行)
          http://kilei.ocnk.net/product/353

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
         https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************

一歩を踏み出した!と思ったら

もう二週間もたってしまった!!

 

ブログに書きたいなと思うことは

毎日のように起こるのだけれど

 

本当にあっという間に

夜中になっちゃうという感じです。

 

今月はきれい・ねっとの決算月なんだけど

今後どうしていくのかを考えながら

あと、父個人と印刷屋さん

両方の法的な手続き色々もやりながら

進めていかないといけなくて

 

これがなかなか

 

かなり

 

いやもう

 

めっちゃくちゃ

煩雑なのですよ。

 

 

法的な提出書類とかって

なんであんなに分かりにくいのだろうか?

 

そして、なんであんなに

何回も出向いたり郵送したり

しないといけないのだろうか?

 

 

ちょっと叫びたくなる時もありましたが

いろんな応援もいただいて

今月中には

ナントカ目途がつきそうな感じがしてきたので

ちょっとホッとしています。

 

 

で、来週あたりには

ようやく文心くらぶの皆さまに

ご案内が出せそうな雰囲気にもなってきました。

 

 

感謝祭のチラシも

印刷にまわせそうだし

 

 

とにかく、ちゃんと進んでいます。

 

 

でね。

そんな感じなものだから

 

うちゅうさんには

毎日チーンとご挨拶はするのだけれど

時間感覚がほとんどないまま

過ごしていたら

 

あるとき

大好きなゆきこさんからLINEがきて

「常福寺の殿元和尚さまが

 お参りに行きたいとおっしゃっています」

とのこと。

 

 

殿元和尚さまが?

 

 

常福寺って知る人ぞ知るすばらしい場所だし

殿元和尚さまは

啓さまと山に入られたり

水行をともにされる仲良しさんだし

 

だから

とっても嬉しいのだけれど

 

でもたしか

 

広島だよねえ。

 

 

とかナントカ思っている間に

和尚さまご到着

 

(殿元健照和尚さま)

 

ご挨拶もそこそこに

「生もみじまんじゅう」をお供えくださって

お経をあげてくださるのですが

 

(なんかこう、不思議な光景よね……)

 

 

殿「ご命日を教えていただけますか?」

 

尚「1月12日です」

 

殿「では、今日は月命日ですね」

 

 

一同(みけちゃんとなおこを含む)

 「ほんまやーーーーーーっ!!」

 

 

みけちゃんもわたしも

月命日

すーっかり忘れてたのでした。

 

 

っていうか

もう一カ月もたったなんて

信じられないという感じかな。

 

 

和尚さまは

その朝、ふと思い立って

お参りに行こう!と

思ってくださったそうなのですが

 

 

……もしかして

うちゅうさん

 

わたしたちが

あんまりにもボーッとしてるので

 

月命日のご法要のお手配

自分でしてくれたのかしらん?

 

 

真言宗のお経を

しっかりと聞かせていただいたのは

川田先生とはせくらみゆきさんと

三人で高野山に行った時以来なのですが

 

殿元和尚さまは

お声がすばらしいので

ご真言にあわせて

空気が揺れているのが見えるんですよね。

 

 

ああ

お経は大切なものなんだなあということを

あらためて感じました。

 

それにしても

 

天の……

もしかすると空海さまのご采配に

 

それを具現化させてくださった

殿元和尚さまに

感謝ばかりの一日でした。

 

 

で、その数日後には

仲良くしていただいているSさんが

長らくうちゅうさんと一緒にお仕事してくれた

元スタッフのMちゃんと

お参りに来てくださって

 

「UCHU(うちゅう)」っていう

素敵な落雁をお供えしてくださったり

 

さらにその翌日には

京都でAKDN会があったのだけれど

 

 

ちょっと京都っぽい一枚を

とりあえず貼りつけたところで

 

タイムアップなので

また次の機会に書きますね。

 

 

ともかく

なんかこう

いろいろあるんだけれど

 

 

かたちのあるなしにかかわらず

いのちは

ちゃんと宇宙の流れに沿って

生きているんだなあということを

ひしひしと感じつつ

 

 

あ、そうそう

 

 

皆さま

どうぞ素敵な満月タイムを

お過ごしくださいね♪

 

 

今日もお読みくださり

心よりありがとうございます♪

 

愛と感謝をこめて。

山内 尚子 拝

 

 

****************************************

☆楽しみなイベント

 

きれい・ねっと感謝祭2019

 〜 光の魂たち 〜

 

☆きれい・ねっと新刊

 

・光の魂たち 植物編

   人の霊性進化を見守る植物たち

             (森井啓二)

 

・トヨタの脳の使い方

   世界で結果を出せる日本精神の秘密

             (篠浦伸禎)

http://kilei.ocnk.net/product/355

 

『当たり前にありがとう

  心をみがき幸せに生きる70のメッセージ』

             (武田数宏)

http://kilei.ocnk.net/product/354

 

『天皇の国師 賢者三上照夫と日本の使命』

             (宮貞行)
       http://kilei.ocnk.net/product/353

 

・光の魂たち 動物編

    人の霊性進化を助ける動物たち

             (森井啓二)

 

※無料メルマガ、よろしければぜひご登録を♪
      https://kilei.ocnk.net/mail


****************************************


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Recommend

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM